なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の力


クリニックの診察時間が終了間際に
駆け込んで来る患者さんが時折おられます。

先日も最後の患者さんが出られて、
入口の扉を閉めたとたんに
扉をガタガタさせる人がいたので、
一旦開けて、もう診察時間が終了したことを伝えたら、
むかっとした顔をしただけでしたが
大声で「死ね!殺すぞ!」と怒鳴りながら一旦は帰りました。

怒りが収まらないらしく、まだ扉付近に戻ってきたので
先生が応対し、今日の診察はもう終わっていると言うと
帰ったようでした。

ところが、私たちスタッフが着替え終わって
帰ろうとしたところをクリニックのそばで待ち伏せされていて、
言いがかりをつけられたので、
もうひとりのスタッフが診察室に戻って
先生を呼びに行きました。

その間、その患者さん(男子高校生)に
診察券を見せてもらおうとしたら
「名前がバレたらやばいからいいわ」と言い、
またもや「殺すぞ、死ね。もう二度と来るか!」と
怒鳴って、帰っていきました。

2週間前に診察に来て、その日にまたもう一度
来るように言われたので、部活を休んで来たそうです。
それなのに、ぎりぎりの時間で断られたから
頭にきたのでしょう。

さすがに、今回のことでは、先生も
これからぎりぎりの時間に来る患者さんへの
対応マニュアルを作ったりしていました。

緊急の症状なら診てあげないといけないし、
でも、きりがなくなることもあり、
(実際終了時間が1時間以上遅くなることもあり、
私自身も家に帰ったのが21時前ということもありました)
なかなか線引きが難しいと言われています。

自分の仕事が終わって、症状が気になって駆け込んでくる
患者さんの気持ちもわかるんですけどね。

私自身も、もっと他に対応の仕方がなかったかなとか
いろいろ考えてしまいました。

これが一個人としてなら、なんとでも言えたのですが、
クリニックのスタッフとして答える以上は、
無謀なことはできないし。

次の日、出勤したら、他のスタッフから「聞きましたよ~!
なおみさんがすごく落ち着いて対応したから帰って行ったんですって?」
とかいう話にどういうわけかなってて、どこがやねん!おたおたしてたわ!
って、思ったけど。

しかし・・・しかし、です。

面と向かって人から、「死ね」とか「殺すぞ」って言われたのは、
初めてのことで、これがかなり応えました。
予想外のダメージを受けたようです。

その日の夜は何度も目が覚めては、その言葉が
繰り返し思い出され・・・。

今の若い子に多いことで、抗議する言葉を知らず、
「死ね」「殺すぞ」しか言えなかったんでしょう。
私のような年になって、そんな若い子の言葉にうろたえているのが情けないという気もあるし、
あの子に私が殺される可能性は限りなく0%に近いこともわかってる。
頭ではわかっていることばかりなのに、
それでも何とも言えない恐怖心からしばらく抜け出せませんでした。

そして、体調不良に陥ってしまった。
身体に力が入らず。

言葉の暴力とはいかなる力を持つのか、身にしみました。

私が一晩でこんなになってしまって、
ストーカーやDVの被害者は、どんなにつらい思いをしているんでしょう。


私は今は気持ちを切り替えて、出勤できています。

Comment

No title

おねえちゃん、こんばんは。
ちょっとご無沙汰しております。

私は今までそんなひどい言葉を面と向かって言われたことがありません。
私はお客さんと電話で接する仕事ですし、
かけてくる人の年齢が50代以上の人が多めなので、そこまで人を傷つける言葉を言われることはありません。
ま、フリーコールというのもあって、きれて粘りまくる方はいますが・・・

おねえちゃんはベストの対応をされたと思います。
でも、小さな一言でも傷つくことがあるのに、
どうしてそんな言葉を人に言えるのでしょうね。
時間をかけて、どうにかダメージをだんだん癒してください。

前の職場で「パワハラの高級百貨店」みたいな人がいましたが、
ずっと遠くから見ていると、子供のころからパワハラにさらされてきたのだろうと推測できました。
おねえちゃんにひどい言葉を言った子も、どうかそんな環境でないように、
それは人に言ってはいけない、自分に返ってくることに気づきますように。

2017.06.26(Mon) 19:00       じゅんこ@神奈川 さん   #D6KB2JrY  URL       

じゅんこちゃんへ

こちらこそご無沙汰しているのに、
優しいお心遣いのコメントをありがとう。

私の性格だろうと思いますが、
気にしないでおこうと思えば思うほど、
思い出されて、腹が立つというより、気が滅入ります。


普通の暮らしをしていたら、出会うことのない言葉ですものね。

私も以前の職場にいた「パワハラデパートの上司」は
やはり幼い頃から親に見捨てられたような育ち方をした人のようだと
聞きました。

今回の若い彼も取り返しのつかないことにならないうちに
気付いてくれたらいいなと思います。

2017.06.26(Mon) 20:35       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。