なおみ庵

病から得る


神社などにお参りに行っても、「家族みんなが健康に過ごせますように」と
祈ります。
子どもに対しては、「健やかに育ちますように」と願います。

でも、最近、健康ってなんだろう?って考えることが
多くなりました。

職場のクリニックにも「毎晩かゆくて全然眠れないんです」
「歩くたびに痛くて痛くてたまりません」と訴える患者さんが
たくさん来られます。

きっとつらいだろうなあ、私だったらもっと叫んでるなあと
思うこともしばしばあります。

世の中にはもっと深刻な病や障害を抱えながらも
毎日を生きている人がおられますよね。

また、そんな人を支えて介護されている方もおられます。

でも、病気を通して初めてわかることも、学ぶこともたくさんあるな、
そうして初めて人の気持ちや痛みに寄り添えるようになるんだなと
思います。
そういう経験をしている人のまごころって、より優しく磨かれていくんだなって
いうこともわかりました。




いろはが精巣腫瘍の診断を受けました。
お腹に大きな腫物ができています。

この子自身が病気から学ぶことはないかもしれない。
でも、この小さな子が懸命に生きる姿から私は
教えられることがたくさんありそうです。

Comment

No title

健康って、心と体のバランスがとっても大切だと痛感した経験からかいわゆる私は健康オタク。
でも振り返ると、あの時の辛い痛みの特効薬は日にち薬だっただなぁ。。
誰にでも何にでも効く万能薬なんてないよね。人それぞれ病も違うから…。

いろは君の特効薬はお母さんかな〜やっぱり。
お大事に。

2017.04.17(Mon) 11:59       美衣子 さん   #-  URL       

美衣子さんへ

いつになくマジメなコメントありがとう(笑)
確かに「万能薬」なんてないんだよね。
後から病気の意味がわかることが
日にち薬といえるかもしれませんね。

いろはは、私の完全庇護のもと生きているので
責任が重大なんですが、
毎日楽しく過ごすことが目標です(*´◡`*)

2017.04.17(Mon) 17:49       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント