なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生の価値」を読んで


今の職場半年以上になりましたが、
それでももはや私より後に入った人が3人もいます。

その中の一人Mちゃんは、最初から私と合う人だなと思ってたら
かなりの読書家だし、B型で、やっぱり感覚が似ているようです。
誠実でまっすぐすぎるくらいまっすぐな、信用できる人です。

かたや信用ならないK・・・・。


シフト勤務のため、基本的に休むときは、
誰かと交代してもらうのですが、
たまたまKの代わりに私が出勤となると・・・。

「すみませーーん!あの、私、本当は火曜日の午後は
子どもの送り迎えがあって、出勤できないんですけど、
なおみさんが通し(午前勤務と午後勤務が重なること)になるなら
私、火曜日の夜、出るようにします!」

そんなにもったいつけられてまで、
交代してほしいと思わないので、
「私もこれから代わってもらうことあると思うからいいよ~」
と言いました。

また別の日。

子どもさんの市内の運動会があったので、
Kの代わりに出勤したら
当日が雨で、運動会が中止になったらしい。

その日の朝、私の出勤時間15分前にメールしてきて
「雨で中止になったので、私が出勤できます」って
言ってきた。

前日にKが私の代わりに出勤していたし
「運動会残念でしたね。
でも、もう交代した後だし、今日は私が出ます」って
出勤途中のバスの中で返事したら・・・・。


後日、他の人に「なおみさん、怒ってますよね~!」
「メールしたのにすぐに返事が来なかったんです、
きっと怒ってるんですよね~」って言い回っていたらしい。

聞いた人が「なおみさんはそんなことで怒らないよ~」と
言ってくれて、
そばにいたMちゃんも「出る準備してる朝にメールもらっても
見る間もないかもだし、逆に困りますよ」って言ってくれたらしいけど。

自分は全然悪くなくて、まるで私が意地悪でもしてるように
仕立て上げるなんて・・・・かなりの曲者やな。

次に会ったときも
「結局、雨で次の日になったんですよ~!」って何度も言う。
いつになるか、そんなん知らん!
運動会がどうなるかまで、私は責任持てませんって!

にこやかに、遠慮がちな風で物言うけど、
内容はかなり厚かましいことも平気で言う。
上の人におべんちゃらはとてもお上手。
でも、面倒なことなどは、かわいくうまく逃げる。
こういう人っているんだなあ。。。

これで、若い男性社員でもいて、
その人たちが彼女の方をよく言ったりすると
女性同士でもめたりするんでしょうね~(笑)
そういう火種を作る人だろうな。
ま、うちの職場はそういうのは、ないけど。



それでもかなり不愉快な思いを何度もしています。

そこで、私が考えたことは、

むかつくヤツやな!
一度はっきり言ってやろうか!

言って通じる相手ではないな

また、なおみさんって怖い人ですよ~とか
言いふらされて、余計に不愉快の種が増えるだけだ

でも、私のことを理解してくれる人はいるから
それでいいではないか

私はこんな人と関わりたくないけど、
仕事だから仕方ない。
仕事に集中しよう。

世間の人はみんな多かれ少なかれそういう思いを
我慢しながら生活しているのだ

でも、私が望んだことではないのに、
どうしてこういうことが起きるんだろう?
私はただ平穏に日々を過ごしたいと思っているのに。

そんなことを考えていたら。

飯田史彦さんの本から答えをもらいました。

「思い通りになればなるほど価値がある」という前提で生きていると
思い通りにならないこと(不運、失敗、挫折・トラブル・病気など)に
出会わないようにして、逃げ回り、それらに見舞われることに
ビクビクしながら生きることになってしまいます。

しかも、どうすれば思い通りになるかということばかりに
労力を使い果たし、いざ思い通りにならないと、がっかり落胆し、
復活する余力が残らないことにもなりかねません。

なぜなら「思い通りになればなるほど価値がある」という生き方の場合には
「思い通りにならないことは無価値」であるため
「ああ、また無価値なことに時間、労力、お金を費やしてしまった」という
喪失感・疲労感におそわれることになります。

人生では思い通りにならないことが起きるのが当たり前であり、
それらが人生に価値を与えてくれると考えると
どのような「思い通りにならないこと」が起きたとしても
「よし、予定通りに順調に、試験問題が現れてきたぞ。
どのように対処して、高得点で解き終えてやろうかな」と
余裕を持って受け入れることができるようになります。


と、書いてありました。

いつも「困難は自分が成長するチャンス」と考えていたはずなのに、
いざ目の前に「むかつくこと」が起きると
ふと我を忘れて、いかに相手にわからせてやろうか、
などど不遜なことまで考えてしまったことを反省しました。

そういう人がいることも受け入れて
でも、自分は振り回されないように、
穏やかに対処していこうと思った出来事でした。

いろんな本に出会うこと、いろんな人と接することは、
様々な考え方を学ぶよい機会になります。

Comment

おはようございます

朝からいい言葉を聞いたわー!ありがとうございます。
思い通りにならないことが人生に価値を与えてくれるとは!

思い通りになることが価値があると思ってた派なので
目から鱗です。
今朝二度寝して、寝坊してびっくりした・・というトラブルも
人生に価値を与えてくれるんですね(*^_^*)

2016.11.21(Mon) 08:27       のりこ さん   #-  URL       

のりちゃんへ

誰でも人生思い通りにしたいって願うよね~。

二度寝するときは、めざましをかけてから寝るとか(笑)
そこから学ぶことが大切なのです!
学んでも忘れていくのもよくあることですが(笑)

飯田さんの本では、その様々な試練も
本当は自分で求めている課題なんだそうです。
だから必ず乗り越えることができるんですって。

2016.11.21(Mon) 14:52       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。