なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみは出し切った?

江原さんが年のはじめに、「今年はいろんなものの膿を出し切る年です」って
話してたような気がするんだけど。

私にとっては、本当にそんな年になりました。

足のかかとの痛み、父のこと、母のこと、職場の人間関係について、
花粉症、苦手な暑さ、水への恐怖心・・・身体や心にあった不調やとらわれていたことから
開放されて、ついでに言えば、肩こりもしなくなって、めっちゃ元気になった。

あやを生んでからでも、今年が一番元気に過ごせてる気がする。
思えば、結婚してからも主婦湿疹や、じんましんもあって、ぎっくり腰はするし、
かかとも痛くて注射したり・・いつもどこかが調子悪くて、
いつもしんどくて、何かにつけ腹が立って、いやいややってたことが多かった。

でも、今年は違います。
ヒロシにも「今年はぐたっとしてることが少ない」って言われました(笑)

まあ、去年働きすぎて、今年はかなり控えめに働いているから
自由な時間もかなり持てたんだけど、そのおかげで、自分と向き合える時間が
持てたし、元気になれたのは、そうなりなさいと導かれたような感じがする。

そして、今は私の周りの人にも私くらい楽に、元気になってほしいとさえ思うようになり、
そのためのお手伝いを少しするようになった。

あそこが痛い、ここが痛いと言ってる人を見てると
何とかしてあげたくなっちゃうけど、まずは自分で治したいって思わないとなあ。

私は本当に、心の底から「治したい」と思ったから、いろんな手段をめぐったけど、
あちこちでお金も使ったけど、ようやく治すことができたんだろうと思う。

今から治療家になろうともヒーラーになろうとも思わないけど、
(今やってる仕事と職場の人が好きなので、まだ続けたいねん)
せめて私の近くにいる人を少しでも救いたいと思う。

そう強く思えば思うほど、おもしろいことが起きたりして、
よい方向に向かっているようなわくわくした気分になります。

不思議なことに、人が喜んでくれたら自分がすごく活性化される気がする。
今までは、人に肩もみしてあげたりすると、今度は自分の肩が凝ってきたりしてたのに
今は家族の足裏をマッサージしても全然平気・・・どころか、自分も
元気になっちゃう感じ。どうしてかよくわからないけど。

今までは、自分の体調が悪いと、なんだかもうっ!って腹が立ったり、
大事な用事があるときに熱を出したりして、情けなくなったりしてたんだけど、
今は自分の身体が愛おしいくらいです(笑)
心臓だって休むことなく働いて、目に見えない身体の中でもずっとみんな動いてくれていて
擦り傷だってちゃんと治るし、寝たら疲れも取れる。
頑張ってくれてるよなあ。

私は今、健康で、それはすごくありがたいことだけれども
だからと言って、病気やケガは不幸の始まりではない・・・ということも
教えてもらいました。

病気を通して学ぶこともたくさんありますね。
私の腰も実はまだ完治はしてない。時々痛む。でも治すぞぉ。

私が少しでも誰かの役に立てたらいいなあと思って、これからも
毎日を過ごしていきます。


Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。