なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前あれこれ


多くの人の名前に触れる仕事をしています。

最近の難解な子どもの名前には
だいぶん慣れだけど、
どうもただ画数を増やしただけの
昔の暴走族のようなイメージしか持てない
当て字に見えてしょうがない・・・。

それにひきかえ、名字は変えようがありませんが、
難しい人がおられます~。

肘谷(ひじたに)さん、吉良(きら)さん、藤古(ふじふる)さんは
読めるけど、珍しいよね。

読めなかったのが、
祷さん、神部さん、興梠さん、酒造さん、
綛谷さん、疇地さん、則包さん・・・・・。

いのりさん、じんぶさん、こおろぎさん、みきさん、
くすたにさん、あぜちさん、のりかねさん、って読むんです。

いのりさんは、右側が本当は旧字体だし
(私が今回その漢字を出せなかった)
みきさんなんて想像もつかなかったです。
意外にものりかねさんは、そのまま変換できるんです。

この方々は名乗る度に、聞き直されるだろうと思うと
名字も名前も素直に呼んでもらえる私はラッキーだったなと
思います。

ってことを考えてたら、たまたま名字に関する番組を
見ました。

日本で多い「鈴木」さんですが、
「鱸」と書くすずきさんが出演されていて、
大学の同じサークルに他に鈴木さんがふたりおられたので、
自分は「魚」と呼ばれていた、と言われてました。
気の毒だけど、笑っちゃった。

その番組で出てきた珍しい名前で、
「小鳥遊」さん、たかなしさんと読むそうですが、
これはちょっといいな~♪って思いました(笑)

Comment

漢字にまつわる話と言えば、昔、同級生に真紀ちゃんという子がいて「私、原君とは結婚でけへんわぁ」って言うから「何でなん?」って訊くと「だって腹巻になるやん💦」って笑ってたことがあったけど、特に女性の場合は結婚すると名字が変わるので、結婚を諦める事もあるかも知れませんが、愛が勝ったと思われるケースをお2人紹介します。
緑 緑さんと青井葵さんです。
作り話ではありません本当です。

2016.08.29(Mon) 13:25       美以子 さん   #-  URL       

美以子さんへ

ちょっとちょっと~~!
本文の私の記事よりおもしろいやん!
美以ちゃんのコメント(笑)

さすが世界をまたにかけて見てきた
美以子さん!
いろんなこと知ってはるわあ。
あ、でもこれは日本のお話だったね(*´◡`*)

ご近所に夫婦で同じ「薫」さんって方もおられますが、
郵便物とかどっち宛かわかるのかなあ?って
思います。

2016.08.29(Mon) 14:05       なおみ さん   #-  URL       

No title

とても平凡な苗字のワタシですが
先日電話口で、どんな漢字が言わなくちゃいけなくて
とっさに何も出てこなくて慌てました(笑)

えーっと、ふつ~のムラに・・「あ、市町村の村ですね」
さんずいの・・「瀬戸内海の瀬ですね」

今度から覚えておきます(笑)

2016.08.29(Mon) 20:43       のりこ さん   #-  URL       

のりちゃんへ

わっかるぅ~~!
とっさに言葉が出ないってシーンが
増えましたわ、私も(笑)

私は名字の上の字が、
「上が長い方ですか?下が長い方ですか?」
って聞かれたことがあり、
下が長かったら違う字やん!って思いました。
吉田さんの「吉」ならわかるけどさー。

名前もね~
「美しいです」っていうの、困りますわ。
ユーミンみたいに果実の「実」が
良かったな~!

2016.08.29(Mon) 21:10       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。