なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コン・・コンフィチュール!?


職場のお友達がたくさん本を貸してくれました。
私の知らない作家さんが多くて、
新鮮な気分で、読書を楽しんでいます。


同じく職場の別のお友達から
「ネーブルオレンジはお好きですか?」と尋ねられたので、
「朝食によくいただきまーす!」と答えたら
「コンフィチュールを作ったので、お持ちします」って。

初めて聞く言葉で、
ましてやオレンジとコンフィチュールがつながらず。

「あの、コン・・コンフィチュールってなんですか?」
とお聞きしながらもネット検索・・・・。
英語ではジャム、フランス語でコンフィチュールって
いうそうです。

そのお友達はとてもお上品なマダムなので、
ジャムって言わないのかとも思ったけど、
少し作り方も違うようです。
フランス菓子を習っておられる方なので、
得意なんだそうです。

いただいたコンフィチュールは手作りならではの
甘さと酸味で、毎朝楽しみにいただいてます。


お借りした本を読むとき、
手作りの品をいただいたとき、
伯母と母に作ってもらった洋服を着るとき・・・
その方々の顔が思い浮かんで、
そして、その好意もありがたく、
ほんわかと温かい気持ちになりますね。

でも、それも受け取る私が
疲れ切っていたり、忙しすぎたりしたら、
気付けないこともあります。

以前は、なにかもらったらお返ししなきゃって
焦ることもあったのですが、
お返しを期待している人なんて、
少なくとも今の私の周りにはいないこともわかったし、
それはまた別の人へのバトンにしてもいいんだなと、
考えるようにもなりました。


私は人に差し上げられるようなものを作ることもできず、
得意なことって特にないなあ、と思いつつ、
せめて、人からの好意は素直に受け取れる
心持ちでいたいな、と感じた
最近の出来事でした。


Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。