なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤植ってあるのね


テレビ放送のテロップは
しょっちゅう間違えてるけど、
私は今まで読んだ本で、
誤植だと思ったのは1回しかありません。
半ページくらい同じ内容が繰り返してあって、
私が寝ぼけてるのかなと思ったことがあるだけで。

あとは、こんな漢字書くの?って思って調べたら
100%いつも私が間違ってました。


この前、読んだ有川浩さんの「ストーリーテラー」で
誤植の話がでてきました。

彼は「○○~~~~だよ。」と彼が言った。

というような、間違いが結構あるんだって
話がでてきてました。

校正のプロが3人入っていても誤植はある、と
書いてありました。

これは小説の中の話だから
事実かどうかはわからないけれども、
読者が気付かない誤植ってあるのかも知れないなあ、
なんて思いながら次に読んだ
「神様の御用人」で、見つけてしまいました!
明らかな誤植を。

プロでもミスはあるんだなー。

私も仕事ミスしないように
気をつけよう、って思うけど、
でも、もっとダメなのは
偽造とか、ねつ造とか隠ぺいですよね。

そういう悪事をするときって、
ミスが見つかった時より、ずっと心痛むものだと
思うんだけどなー。
なのに、繰り返されますね。
組織ってコワイな。



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。