なおみ庵

私なりのアンガーマネジメント


私は今、13階建てマンションの9階に住んでいます。

先日、1基しかないエレベーターで降りようとしたら
先に乗っていたおばあさんに
入口をふさがれ、乗れませんでした。

以前にも何度かそのおばあさんに
同じ目に遭ったことがあるので、
無理にでも乗り込もうとしたら
老人とは思えない力で押し戻されるのです。
(見た目70歳以上)

もうめちゃくちゃ腹が立って
「エレベーターは共用ですよ!」と言っても
「急いでいるんです」ってわけのわからない返事。

「私も急いでいるんです!」と言っても
ボタンを押して扉を閉めようとするので、
こちらも外から何度もボタンを押して開け
押し問答になりましたが、遮断されました。

ぽつーーんと9階に残された私。
怒りはマックス。

そのおばあさんの急いでいる用事というのも
昼日中のあの時間にゴミを出すということなんです。

これだけルールを守れない人が
どうしてマンションの上の階に住むねん!

やっと上がってきたエレベーターで降りると
ゴミを捨てて戻ってきたおばあさんが1階にいたので
もう一度、「あなたが間違ってる!」っていうことを言ったら
「迷惑してるんです」やと!
「迷惑してるのはこっち!!!」と言ったら
なんだか捨て台詞を残して行きましたわ。

むしゃくしゃするので、家族と友達にLINEで愚痴ってから
カーブスに行って、汗かいて怒りを流してきました。

汗とか涙というのは、身体を浄化するためにあるんだなと
つくづく感じました。

それにカーブスの前で「なおみちゃ~~ん!」と声を掛けられので
ふと見たらやすこおばちゃん♪
会うとほっとする人に会えるなんて、
いつまでも怒ってたらダメよ、と言われてるようでした。

LINEでぐちった友達も
我が事のように一緒に怒ってくれたりして、
私の怒りはいつの間にか、どこへやら。

いや、今こうして書いていると、またおばあさんの顔が
思い浮かんでふつふつと湧き上がる感情があるけど、
いつまでもそんなことにこだわって怒っている自分も嫌だし、
怒りを収める練習をさせてもらった、ということにします。



しかし、よく聞く騒音おばさんとかゴミ屋敷の住人とかって
どこにでもいるもんだ、とあきらめるしかないのでしょうか。
訴訟になっても有罪で刑務所から戻ってきても
また繰り返しているでしょう?

今回のおばあさんもこのまだ寒い時期に
夏服のような格好をしてるので、
どこか病気の人じゃないかと思うけど、
あれだけ屁理屈を言えるとなると、
病気で済ましてほしくないとも
思ってしまいますわ。
(やっぱりまだ怒ってるか?笑)


Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント