なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレない老人を目指して!?


長く生きるということは、
許容量が増えることだろうと思ってました。

以前にも書きましたが
若い頃は「許せない」ことが多くて
「こうでないとだめだ」と断定し、
窮屈に物事をとらえがちだったように
思うのです。

今は多少のことは
「私もこういうこと言ってたな」とか
「前はそう思ってたな」と思えるので、
許せることが増えたなーと。

しかし、最近、キレる高齢者というのが
問題になっているではありませんか。

街中に出れば、音の洪水だし、
世の中は思いもよらないスピードで変化するし、
きっと体調だってそういいことはないだろうから
イライラする環境は確かにあるな~とは思うけど。

私も多くの人と同じようにそうなるんだろうか
なんて思って省みると
画面に嫌いなタレントとかが出てきたら
さっとチャンネル変えてたりするのよ(笑)

CMもうるさく感じて、
チャンネル変えるのよ(笑)

これがキレる高齢者の芽ではないのかと
思い始めました。とほほ。


画面で見たくない人の中に
清原も入ってたので、
「寂しい虚勢の人だったんだなー」と思うだけで、
逮捕はどうでもいいのですが、
桑田が出てきて
きれいごとのように
ぺらぺらしゃべっている様子に、
どうもイヤ~な感じがしていました。

すると、作家の吉川潮さんが

「事が起きてからいろいろ言ったって意味はない。
清原から関わらないでくれと
言われたとしても
恩師や他の友人などの力も借りて
なんとかするのが本当の友達ってもんでしょう。
放っておいてくれ、そうか、わかったと
手を引いたんじゃ何もやってないのと同じ。
要するにふたりは
友達でもなんでもなかったというのが
図らずもこれでよくわかった。

桑田が『みんなで彼を支えることが必要』と
清原の更生に力を貸すようなことを
言ってたが、そういうものは
報道陣の前で公言するものではなく
陰から見守り、人知れず手を貸すもの。
桑田の言葉からは、
自分を良い人に見せようとする思惑が
透けて見えて残念だった」

と書いていて、
あ~~その通り!と
私の言葉に表せない違和感をすっきり
解決してくれました。



プロのライターには及ばずとも
歳を重ねたなら、このくらいの言葉と
表現力を身につけたいなあと思いました。

そうなれば、キレることも
なくなるのでは。。。と
ほのかな期待を寄せています。


Comment

No title

チャンネルを変えるどころか
最初からテレビを見なくなっちゃったワタシは
もう切れてしまってる老人かも(笑)

NHKの朝ドラと、決まった番組だけは、録画して見てますが
すっかりラジオ派になりました(*^_^*)
(画面が見にくいのよね、目が大人だから・・・w)

2016.02.08(Mon) 23:35       のりこ さん   #-  URL       

No title

のりちゃんへ

私も朝ドラ終わったらだいたいラジオなんですが、
ラジオショッピングとか始まると
変えたくなるねん 笑

好きな曲ばかり聞くCDより
いろんな情報が流れるラジオの方が
脳の刺激の点ではいいって聞いたんだけど、
ラジオでもこんな調子なのよ~。

目が大人になると、
近くも遠くも見えにくいよね~。
私は遠近両用メガネが手放せません。


2016.02.09(Tue) 11:07       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。