なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心地よい読書とは?

東野圭吾さんの小説って確か前にのりちゃんに借りて、何か読んだことが
あるんだよなあ。。。
おもしろかった記憶があるんだけど、タイトルも何も思い出せない(涙)

今回の「探偵ガリレオ」は、福山雅治を思い浮かべながら、
前に放送したドラマを思い出しながらでないと、実は内容的には私は
あまりおもしろくないなあ。
コウちゃんの役も小説には出てこないし。

あの原作からあんなドラマに仕上がるのねぇ~っていう驚きの方が大きいかも。

で、1冊目の「ガリレオ」を読み終わると、最後に解説を俳優の佐野史郎さんが書いてて。
なんで佐野さんが?って思ったら、どうも作者の東野さんは主役の湯川先生を
佐野史郎のイメージで書いていたらしい。
なっとく~~!絶対佐野史郎の方が原作ではイメージに近いもん。

ところで、このシリーズ3冊は、あやの友達が新刊で買ったのを貸してくれたものなのです。
福山ファンの私にも是非読んでくださいって貸してくれたのです。
今までもあやの友達によくマンガを借りたり、本を借りてるけど。

そこで、あやに厳重注意を受けまして。

「お母さんね、いっつも本読んだまま寝てしまうから本がぐちゃぐちゃになってるねん!
借りてる新刊だからね!折り曲げたり、汚したりしたらアカンよ!」

毎晩、寝る前に本を読むんだけど、たいがいそのまま寝ちゃうのね。
なので、枕元のスタンドの電気はつけっぱなし、本には指を挟んでるので、
ヒロシかあやが灯りを消してくれて、指の代わりにしおりを挟んでくれるのです。

もしくは、本をベッドの下に落としてることもあるので、本はかなり傷んでしまうの。

悪いなあとは思うけど、いつもヒロシが買ってくる文庫の古本だし、
あまり気にしてないけど、今回は借りてる新刊なので、それはできないよって
あやに釘を刺されたわけです。

「お母さん、いっつも電気つけっぱなし!」って時々怒られてたけど、
「これだけはお願いします」って、家族に電気としおりを頼んでます。
自分でもしおり挟めるときもあるけど、なかなかできないのよね~。
ベッドシーツを替えるのにマットレスを上げたら、ベッドの下からいつも山のように
たくさんのしおりが出てくるねん。へへへ。

あやが英語の長文問題で読んだけど・・・って、眠る前の読書って
どんなのがいいかって言うと、あまり簡単すぎるのもよくないし、
あまり難解でわからないのもよくない、
自分が物語に心地よく入り込んで、そのまま夢に移れそうな感じで
本を落とすように眠りにつけるようなのがいいらしい。
その点でいくと、お母さんっていっつもそのパターンで読んでるよねって
言われました(笑)

本当にあの寝る前の読書が一日の中で、私にとっては至福の時間なのです。

しばらくは自分でしおりを挟まないといけない読書期間が続くけど、
今、2冊目の「予知夢」を読んでいて、最後の長編「容疑者Xの献身」は
直木賞取ってるから内容はちょっと期待してるんだ~♪



Comment

なんやったかなあ~

双子が出てくる話でしょ?漢字二文字で
なんで思い出せないんだろう?
『分身』だ!(調べた・笑)

ガリレオはドラマ見てなかったけど東野圭吾さん原作なのね~
今度読んでみようかな~

2008.10.06(Mon) 09:07       のりこ さん   #-  URL       

思い出せない・・・

>のりちゃん

あの・・・「分身」ってタイトルですか?双子が出てくるんですか?
まったくもって思い出せないんですけど・・・(涙)

のりちゃんは、双子が出てくるってことと、タイトルが漢字2文字っていうのは
思い出せたんだよね?
ここに若干の年齢差を感じたなあ。。。がっくし。

2008.10.06(Mon) 18:31       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

だって

比較的最近、2回目を読んだんですもん(笑)
ミステリを何回も読めるって、それはそれですごいと思う。
全然どんな話か覚えてなかった・・
(あ、でも双子が出てくるのは覚えてたよ?)

2008.10.07(Tue) 05:07       のりこ さん   #-  URL       

そうかい、そうかい♪

最近読んでたのね!
全然どんな話が覚えてなくて、最後まで読めたのね?

若干、年の差を埋めれた気がした♪ありがとう(笑)

2008.10.07(Tue) 08:59       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。