なおみ庵

琳派 京を彩る


先日の文化の日に、
京都国立博物館の琳派の展覧会に行ってきました。

朝一に行こうと言ってたら、混雑状況ツイッターで
週末は300分待ちとかも出ているではありませんか!
朝7時ごろに行っても、3時間くらい待たないといけないなら
いっそ、夕方に行くしかないね、ということになりました。

なので、少し遅い目に出掛けて、
昼前に、清水寺の前の茶碗坂に行ってみました。

IMG_5064.jpg

十数年ぶりに行ったのですが、随分と様変わりしてました。
清水焼や扇子のお店がたくさん並んでるイメージだったので、
楽しみにしてたのですが、今は、外国人観光客向けのお土産や
レンタル着物のお店がずらりと。
陶器も売れなくなってるのでしょうね。寂しくなりました。
って、私もひやかしだけだったのですが。

京都御所が5日間だけ予約なしで見られる一般開放をしていて、
行く予定にしていたのですが、駐車場を探すのに1時間かかり、
たぶん、御所も大勢の人と思われたので、今回はあきらめました。



IMG_5069.jpg


3時に博物館に行ってみたら、
混雑状況ツイッターは「60分待ち」だったのですが、
入口がすんなりと入れたので、これはいけるのでは?と
期待したのですが・・・・。

IMG_2274.jpg

入ってからこんなに広いとは!
こんなに人が並んでいるとは!
やっぱり1時間は覚悟しないといけないのねー。

IMG_5078.jpg


IMG_5077.jpg


春頃から宣伝していたので、この催しだけは行きたいと思っていたのに、
こういう人気の展覧会は、最後の方になればなるほど
混むんですね。
今度は気になるのは、開催したらすぐ行くぞ!と心に刻んだ人ごみでした。

でも、結果は45分くらい並んで入れたので、ラッキーな方だったのかな。

当然ですが、中もかなりの混雑で・・・。
人の背中越しに覗き込むしかなくて、最前列で見るならずっと
並ばないといけないんです。
私にその根気はなく、ずっと遠くから見るという感じ。

それでも、ヒロシは俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一の
風神雷神を並べて見られただけでも、良かった!と言ってました。

あやも「あの竹の画、墨の濃淡で遠近を出していてよかった」とか
「構図がよかった」とか言ってて、たくさんのことを吸収したのではないかと
思いました。

そして、こういう絵にはたくさん描かれている様々な鳥も
あやはたくさん見つけてました。

私は年々、人混み苦手になっています。
ほんと、もう少しじっくり、ゆっくり見たかった。

久し振りに3人でこういう場所に出掛けましたが、
芸術に触れて、感じることも大事だけど、
そのあと、ああだ、こうだと話し合えるのも大事なことだな~と
思いました。

ヒロシと家で映画を週に1~2本見ますが、
あんまり感想を話し合うとかないんですよね。
あのシーンはよかったね~くらいで(笑)
話したくなるくらいいい作品に出会わないといえばそれまでになっちゃうけど
インプットと同じくらいアウトプットも大切に
家族との会話も丁寧に、と感じた1日でした。

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント