なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ屋さん盛況なり

 
住んでいるマンションの管理組合の理事に
今年当たってしまったヒロシ。
その管理組合主催の夏祭りが昨日開かれたのだけど、
ヒロシは仕事で出席できず。
皆さん汗を流しておられるので、私が代理とまではいかなくても
少しでもと思い、お手伝いボランティアで参加してきました。

10数年前、焼きそばを手伝って、汗みどろになった記憶があり、
心ひそかに「台風来て、中止にならないかな~」なんて
罰当たりなことを考えてたら、本当に罰が当たり、
前日から産後以来の膀胱炎となってしまいました。

どうなることかと思いきや、薬が効いて、回復し、
「お母さんだけでは、たよんないっ!」と、あやも手伝ってくれて、
無事、晴天の日曜日を迎えました。

担当は「パチンコ屋さん」

パチンコ

こういう手作りの、いわばスマートボールです。

チケットを受け取る、ビー玉5個渡す、
ラッキー穴に入った数を確認して、応じたお菓子を渡す、
ビー玉を回収する、だけなんですが、
やっぱり黙って見てられないから、
やんややんやと応援するわけです 笑

「うわ~っ!すごい!」「ナイス!」「うまいやーん!」

小さい子は、ビー玉をはじくことができなくて、引っ張らずに押し込む子がいたり、
おとなしく始めた子どももこちらが喜ぶと、にんまりしたり。
中学生近くの男の子たちになると、仲間内で盛り上がってくれるので、
見ているだけでおもしろかったり。

あやも私も特に子ども好きなわけではないので、
せっかくのお祭りといえども、
憎たらしいガキンチョが来たら、叱り飛ばす心配があったのですが(笑)
素直でかわいい子ばかりが来てくれて、
私たちも楽しませてもらいました。

それに、飲食店で働いた経験がうずいて、私もあやも
「お客さん(=子ども達)を待たせずに、早くさばいていかないと」
っていう気持ちになりがちだったのですが、
最初に理事の方に「ゆっくりでいいんですよ、並んで他の子どもたちが
やっているのを見るのもいいし、行列ができてるくらいでいいんです」と
教えていただいて、よかったです。
小さい手からチケットを出されると、「早くさせてやりたいな」って
思ってしまうんですけどね。

私が膀胱炎で唸ってたのを心配して、みわちゃんも娘さんと
様子を見にがてら来てくれました♪
パチンコして帰ってくれて、「最高齢のお客さんかも」って思っててんけど(笑)
あとで、もっと年配の方も来てくれたので、最高齢記録ならず!

座る間もなく、ひっきりなしに子どもたちが来てくれた結果、
2時間半で景品切れで、一番早く閉店(たぶん)。

2種類の景品を用意して、
1回ビー玉5個のうち、1~3個で小さいお菓子、
4~5個で大きなお菓子となっていたのですが、
やってみると、なかなか4個以上入らないんですね。
それで、小さいお菓子がどんどんなくなって。

途中から3個以上で大きなお菓子に変更したのですが、
それでも小さい方がなくなって、終了となりました。
こういう細かな設定ひとつでも大切なんだなと思いました。

子ども達は無邪気に、ラッキー穴に入れば喜び、入らなければ残念がって、
お菓子をもらっては、また喜びという感じで、
私も単純にかわいいなあと見ていたのですが、
だんだん複雑な心境になってきました。
というのも、残念な結果になると、すぐにチケットを出して
「もう1回っ!」って言う子も出てきたんですね。

それに、気に入ったのか、一回りしてきては
また何度も来てくれる子もいるのです。

1枚50円のチケットで、これは景品代やその他管理組合の収入に組み込まれ、
地域のためにもなる、決して無駄にはならない代金だし、
景品も小さなもので、レアアイテムが当たるとかそういうものではないのですが、
「子供たちの射幸心を煽っている」ような、
大切なお小遣いをたくさん使わせているような、
少し後ろめたい気もしなくはありませんでした。
子ども達が無邪気であればあるほど、チクチクした痛みを感じました。
単純に、楽しんでくれた代金をもらったって思えば、
それでいいのだろうと思うのですけど。

そういう意味でいえば、焼きそばやホットドック、かき氷などを
作って売る方が、気持ちとしては楽でいられたかなとも思ったけど、
この炎天下(テントの下ですが)食べ物係の方々は、半端ない汗をかいておられました。
ビールを飲みながらだから?かもしれないけど(笑)
いずれにしてもお疲れ様だったと思います。

早くに終わった私たちでしたが、夕方家に戻ると
もう立ち上がれず(笑)
シャワーしたいのに、動けず(笑)
いつもにない、テンションを上げたので、声も出ず(笑)

心地よい疲れとともに終わった夏祭りでした。


Comment

こんにちは〜^^

何だか読んでいてワクワクしちゃいました!!
お祭りって行く側はもちろん楽しいけど、
店側も違う気合いが入ってまた新鮮ですね!
以前フリマを出店した時ガチガチで、終わったあとに
充実感と楽しさに浸りました。笑
そして子供たちへの後ろめたい気持ちも、共感...
無邪気に並ぶ顔を想像すると何だか切ない気持ちに。
なんでしょうね、中毒性のあるものにお金を使わせてる、
そんなところからでしょうか。
でも子供時代のお祭りのゲーム、サイコーに楽しかったですよね!
祭りといえば...関西の大きな祭り行けてません。泣
ボケ〜っとしていて、いつの間にか7月も終わるんですね。
夏祭り、お疲れさまでした^^

2015.07.27(Mon) 12:19       kao さん   #-  URL       

kaoさんへ

こんにちは~!暑いけど、お元気ですか?
kaoさん、フリマの経験があるのですね!
あれも、お店屋さんごっこのような部分もあり、楽しそうですね。
子どもたちへの気持ち、共感してもらって、うれしいです。
そうですね、中毒性を連想しちゃうからかな~。
子ども自身は、「おもしろかった」とか「お小遣い使いすぎた」とか
すべてよい経験になっていると思うのですが。

京都の祇園さんも、大阪の天神さんも終わりましたね~。
あとは、花火大会があるくらいかしら?
私はねぶた祭りを見に行くのが夢です。

2015.07.27(Mon) 12:47       なおみ さん   #-  URL       

お疲れ様でした!

うわー!なおみちゃんがお店屋さんしてたんやね!!
お疲れ様でした~~~!!
あの日ちょっと遠くまで出かけてたので
ダンナとヒロシさん頑張ってるかなあ~って言うてたのに(笑)

ワタシも同じく、焼きそばを思いだしてました。
若かったんやねー。今出来る気がしない・・・・(^^ゞ

けど、最近子供と触れあうこともないから
お祭りのお手伝いするのも楽しいかもなあ~
(2時間くらいなら・・・)

2015.07.28(Tue) 08:39       のりこ さん   #-  URL       

のりちゃんへ

一瞬、のりちゃんも一緒にやらへん?って声掛けようかと
思ってんけど、あの焼きそば地獄を思い出して、止めました(笑)
あのとき、すごく日が当たる場所でやった気がするねんなー。
若かったねぇ~。
それより、今回はずっとマシでした。火は使わないし。
子ども達もね、あやの頃とそう変わらないもんだな~って
思いました。
あんな喧騒の中で子育てしたんだなって
ちょっと懐かしくも思いました。

2015.07.28(Tue) 11:44       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。