なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ、ヒナちゃん


先々週あたり、あやが体調を崩して、午前休を取り、
近くのクリニックに行って、帰宅してひとこと。

「おかーーさん!大変やってん!!!」

何事かと聞いたら
マンションの入り口、それも駐車場へ入る道の真ん中に
何かいると思って見たら、スズメのヒナ。

巣から落ちたばかりのような小ささで、
あやはどうしたらいいかパニクってしまったんだけど、
このままここにいたら絶対車に轢かれる!と思ってたら
案の定、すぐ後ろからコープのトラックが来たんですって。
あやが真ん中に立ってるから止まってくれたらしいです。

「どうしよう、どうしよう」と思いながらも
ヒナを拾い上げ、どこに返したらいいか、
巣も見つからず、おろおろしていたら、
近くにいたおじさんが「植え込みに置いといてやり」って
言ったので、そっと置いたらしいです。

近くでは、親鳥らしいのが、にぎやかにいたらしいので、
餌運んでくれてたらいいけどなあ。。。
猫もカラスもいるから、どうなったかその後のことは
わかりませんが、とりあえず、車に轢かれそうなのを
一度だけは助けたことで、あやも少しは救われた気持ちに
なれたようです。



そして、今日の私。
自転車で細い歩道を走っていたら、何かしら地面に茶色い小さなものが。
よく見たら、スズメのヒナでした。
あやが見たのは、まだ尾羽の先っぽしか広がってない
小さいのだったらしいのですが、
私が見つけたのは、一応羽は生えそろってるくらいだけど、
巣材を身体の周りにつけてて、ちっちゃい、ちっちゃいの。
動けないみたいだったので、近くで様子を見ていたのですが、
自転車で走ってくる女性が来たので、
思わず、踏まれる!と思って、そばに駆け寄りました。

その方は「なにごと?」と少し怪訝な表情だったけど、
スズメには気付かず、でも、私がそばにいたので、
避けて走り去りました。

とりあえず、ほっとしたけど・・でも、この子、全然飛ばないんだけど。
親鳥も見えないし・・・・。
でも、この場所は絶対危ないと思って、そっと手を出したら
すっぽりとおさまりまして。おとなしいの。逃げないし。

人生で初めての経験です、スズメを手に乗せるの。
iPhone6のCMで、スズメが手から餌をついばむスローモーション映像を
いいなーと思って見てたけど、それよりドキドキしたよーー。

近くの植え込みに下ろしたら、
親鳥らしきスズメがどこからか2羽飛んできました。
電信柱の上や電線からにぎやかに声を掛けているように
見えたのですが、スマホで写真を撮ろうしているうちに
ヒナの姿も見えなくなりました。
4羽ほどのスズメが元気そうに飛び回っていたのを
見上げたのだけど、あの中にあのちっちゃい子、いたのかな?
親と一緒に飛んで行ってくれたことを信じたいなーと思います。


ヒナが落ちやすいこの時期とはいえ、
あやの追体験をしたような今日の出来事でした。


でも、思い返したら、このAさんの方がすごいな~。
スズメの方から手に乗ってきたんだもんね。

スズメのお礼の記事

懐かしく思い出しました。

Comment

こんにちは
今、巣立ちの時期ですもんね
それにしても本当にビックリしましたよ
うそ臭くなりそうだから
書くの止めようかと思ったのですが・・・

実は私も先月の父の日にスズメのヒナを
初めて手に乗せました
1mくらい脇にずらしただけなので
手に乗せたというより掴んだというのが正解かな
でもあまりの小ささ・・・というか儚さに
こちらもとろけそうになりましたよ

なおみさんもなぜこの時期に同じ体験をするかな~
ちょっとね、ゾっとしました

2015.07.02(Thu) 15:16       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

うっは~~っ!ayameさん!私もびっくりですよ!
いくら巣立ちの時期とはいえ、
そうそうヒナが落ちてるわけでもないでしょうに。

あやがヒナを拾ったときも、
普段なら通らない時間帯にたまたま通りがかるなんて、
どういう引き合わせなのかなあなんて
ぼんやり思ってたのですが、
すぐに私も見つけてしまい、
こりゃどういうことでしょう、と思ってたのですが
ayameさんもだなんて!

ヒナのあの柔らかさというか、儚さの手の感触、
もう忘れられません。
こちらもとろけそう、っていうの、ぴったりです(*´◡`*)

2015.07.02(Thu) 22:23       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。