なおみ庵

東洋陶磁美術館

秋晴れの昨日、
大阪市立東洋陶磁美術館に行ってきました。

美術館や博物館には、ほとんどヒロシが行きたいと言うのですが
今回は私は行きたい!って思った催しをしていたので、
ひとりでも行こうかなとチラシを眺めていたら
連れて行ってくれました。
(駅から歩く道順が不安だったから助かった)

梅田の地下街から上がると、何やら甘い匂い・・・。

IMG_1966.jpg

7月にオープンしたというポップコーンのお店でした。

IMG_1965.jpg

かわいいけどなあ。見てるだけでいいや(笑)

IMG_1971.jpg

堂島川を渡り、歩くんだけど、日差しがきつくて、暑い!
この日は大阪マラソンがあったのですが、
ランナーには最高気温24度は酷だったでしょうね。

IMG_1973.jpg

日陰は心地よかった~~。
右手の建物が中之島図書館(じゃなくて、市役所でした。11月3日訂正)
私はまだ入ったこともないです。

IMG_1988.jpg

こちらは、中央公会堂
その向かいに、目的地の東洋陶磁美術館がありました。

IMG_1990.jpg

特別展「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器」を
見てきました。

IMG_2006.jpg

レッドカーペットを歩きましたよ(笑)

IMG_2005.jpg

これは、写真撮影をしてもいいよっていう展示物だったのですが、
撮影だめよっていう壺は、それはもう絢爛豪華でございました。
高さも90㎝くらいある大きな壺が多かったです。
17世紀に作られた壺が、割れもせず、色あせもせず、
残っていることにも感動でした。
どれだけのお金持ちの間を流れてきたのかなあ。
「マッサン」の鴨居商店にもありそうな雰囲気だった(笑)

IMG_2003.jpg

これは記念撮影コーナーですが、美輪明宏さんか、
假屋崎さんのお部屋のようでした。

伊万里の絵柄は、花や遊女、獅子などが多く描かれているのですが、
やっぱりつい鳥が描かれていると目が行きます(笑)
中でも、柿右衛門が多く描いたのは、鶉だったそうです。
なんか意外だったなあ。地味な感じがする鳥なので。
でも、それをマイセンや景徳鎮が模倣していました。

この繊細さは、日本人が古くから持っている器用さと感性の賜物だと思うと、
なんだか誇らしい気分にさえなりました。

安易に作られた安物ばかりに囲まれていると、
気持ちまで荒んできそうなので、たまにはこういう「本物」を見て、
しゃんとせなアカンなあ、と思いました(o^-')b

その後は、お決まりのスイーツタイムでして。

IMG_1111.jpg

あまりの暑さに、中之島倶楽部で、アイスを食べました。
その後、店員さんが「ウェハースを付け忘れてました」と持ってきてくれたのは
ご愛嬌ということにしておきましょう。

普段、まともに動いていない私は、この日1万歩歩いただけで
へとへとになりましたが、この秋はまだまだ行きたいところがたくさんあるのです。
くたばってる場合じゃないのだぞ・・・と言いつつ、また家にこもっています(笑)

Comment

こんにちは
前もなおみさん、伊万里焼の話をされてましたよね?
実は前世、中世ヨーロッパのどこぞの婦人だったとか?(笑)
あちら向けに作られた磁器はド派手で
余白がなくみっちりですが
精巧な技術のかたまりみたいですよね
地震大国日本だけど、壷とかってそのまま置いてあるのかしら?

ところでスイーツタイムの
飲み物の氷を見てギョッとしました
顔が・・・!
しかも、テルマエロマエの濃い顔族の人のような・・・
暑かったから、銭湯じゃなくて、
冷たい飲み物からこんにちはしちゃったのかしら?

2014.10.30(Thu) 15:47       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

なんと!?テルマエロマエ!
・・・・私、わからないんですけどぉ~~(≧∇≦)
心霊写真とかいうのも、いつもわからないんだよなあ。
って、でも写ってるの、阿部寛じゃなくて私のはずだよね(笑)

伊万里焼と九谷焼の話、しましたよね~。
今回の展示は見ごたえがあり、キンキラキンも
堪能しました。
私、前世も日本人で溺死したんではないかと自分では思ってるんだけど、
ヨーロッパのご婦人の場合も、ちょっと想像してみようっと(笑)

2014.10.30(Thu) 21:33       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント