なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウル・デュフィ展

大阪に出たついでに、あべのハルカス美術館で、
デュフィ展をやってたので、足を延ばしてきました。

ハルカス1

ハルカス3

ハルカス2

デュフィといえば、パステルカラーの絵画のイメージしかなくて
よく知らなかったのですが、初期のころは重厚な油絵も多く、
デザインした模様を木綿の生地にプリントしたもの、
シルクで織った織物、それらファブリックを使った椅子、
陶器の壺なども展示されていて、予想以上に見ごたえがありました。

こういうのは、大きな期待をせずに、
ふらっと見に行くっていうのが、いいような気がします(笑)

明るい色彩は、見ている私まで楽しい気分になるような
作品が多かったです。

それにしても・・・小説でも、絵画にしても、楽曲にしても、
作風っていうのは、作者のどこから生まれるのかしらん。

技術面で好きな手法を多用するとかいうのも
あるんだろうけど、それだけなんでしょうか。
作者の意図することは、読み取れなくても
作風というのは、なんとなく私にもわかるときがあります。

星野富弘さんが筆を口に咥えて書く文字は、
手で書いていた頃の筆跡にとても似ていると言われて
不思議な気がしている、と書いていました。

なんかそういう、自分では意識していない部分も
作品には表現されちゃうのかなあ。


ハルカスの展望台は、相変わらず行列ができていて、
私たちはスルーしたのですが、
美術館のある16階からでも充分遠くまで見渡せました。
高層マンションが多いのにもびっくり。

ハルカス4

快晴で、高いはずの空がとても近くに見えた、いい休日となりました。

Comment

窓から眺める雲が
これまた絵画のようですね
夏の空って感じがいいなぁ
青空の色が違うんだわ
展望台まで行っちゃうと
下ばかり見てしまいそうですが
こうやって美しい青空を見上げるのもいいですね
遠くを見てれば目も休まるし?(笑)
よく考えたら私はあまり空を見上げてなかったかも。
今日、外に出たら見てみようと思います

2014.09.17(Wed) 09:33       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

ほんと、この日はきれいな青空でした~♪
確かに!展望台に行ってたら、
空は見上げなかったかも知れないわ。
それに、空を見上げるってこと、
つい日焼けを気にするお年頃なんで(笑)
お日様を避けちゃうから、見ませんよね~。
先日の十五夜とスーパームーンは
日焼けを気にせず見られたけど(笑)

宇江佐さんが「人間が空を見上げるのは、
途方に暮れたとき、つらくてたまらないときだ」
というようなことを書いていたのを最近読みました。
ayameさんが、つらい時ではなく、
楽しく健やかな気持ちで大空を見上げられますように(o^-')b グッ!

2014.09.17(Wed) 14:30       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。