なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の京都満喫

このお盆9連休のあやと京都に行ってきました。

お昼は、あやがチョイスしたお店「百足屋」さんで。
なんちゅう名前やと思ったのですが、
お店の場所が百足屋町にあるのでした。

写真 5

「ようこそ、おこしやす~」という声に迎えられると
京都に来たなあ・・・と思いますね。
写真左側に飾られているお道具は・・・。

写真 4

よくできてます!
ドールハウスのようになってました。

写真 3

座った席から入口の小物が並んでいる場所を撮ったのですが、
手前のガラス戸の錠が、懐かしい!!
昔の家には、こういうのがついてたなあ・・・。
今の防犯を考えたらなんとも頼りないですが(笑)

おばんざい店

お昼のお弁当、おいしくいただきました!

そこから歩いて、錦市場へ。
私は初めて行ったのですが、意外に狭い通りなのね!
でも、こんなににぎわっている市場は、今、ほかに知らないので、
嬉しい気持ちになりました。

錦市場

漬物屋さん、こんなにたくさん樽が並んでるのとか、
魚屋さんの威勢のいい声とか、活気があって、懐かしくて
予想してた以上に楽しかったです。

ほうじ茶アイス

あやがおすすめのほうじ茶アイスを初めて食べました。
抹茶アイスより甘くなくて、後味もすっきり、おいしかった!


台風一過の京都、曇りがちだったので、
覚悟していたほどの暑さではなかったのですが、
バスに乗りながらも歩き続けて、香木屋さんとか寄って・・・。
疲れたところで、通りすがりのカフェに入りました。

栞栞カフェ2

「栞栞カフェ」
2階建の町屋を全部カフェにしていたので、広々としていて、
本やマンガも置いてあって、時間をつぶさないといけなかったので、
ちょうどよかった(笑)

栞栞カフェ1

私がいただいたのは、「おからんころん」と名付けられたケーキ?ですが、
材料は、国産おから、有機豆乳、国産大豆、バイエッグで、
小麦粉は使われていないというもの。
紫いも味を注文したので、ほんのりした甘さがあり、
珍しさも手伝っておいしく感じました。

女性のオーナーさんが、初めての私に
ケーキやマンガの説明などをしてくれました。
人懐っこく、でも、なれなれしくない適度な感じが
私には好印象だったのですが、
あやは、食べ物はおいしかったけど、あんまり好きな
感じじゃなかったと言ってました。

メニューが豊富で、どれもこだわりの材料を使って
自信をもってお客様にお出ししてるの、と
自負してる感じが見え過ぎた、
もしくは、閉店時間ぎりぎりに入ってくるお客さんが多いことを
愚痴っていたように聞こえたのが
あやはちょっと引いたのかな、とも思います。
本人には聞いてないから知らないけど。

同じ時間に行って、同じようなメニューを食べていたのに、
当然だけど感じるのは、人それぞれ。親子でも。
味覚も十人十色だし、飲食業、接客業というのは、
本当に難しいものですね。

そして、夜、堀川で最終日を迎えた「京の七夕」を見に行きました。

京の七夕1

これが今回の京都のメインだったんですが~

京の七夕2

う~~ん、いまいち(笑)
前日2日間、台風で中止になってたので、
展示品を撤去したまま最終日を迎えたようなんです。
なので、なんだか変にスペースがあいてて、さびしいの。

京の七夕3

でも、一日、遊んで食べて、楽しかったです。
仕事を辞めて、すっかり体力もなくなったと感じてたけど、
夏にこれだけ歩けたのは、ちょっと自信になりました。

あやとふたりで出かけることも減りましたが、
たまにはええなあ、と思えた一日でした。

旅行にしても、本にしても、情報番組にしても
自分が楽しみや知識を得たいと期待したものを
100%満足させてくれるものには出会えないから
せめて7割・・いえ半分でも良かったと思えたらいいなと
考えるようにしています。
何にでも、そう多くを期待しないで、
ゆる~~く関わるようにすると
わりといいように感じています。

今回残ったのは、
楽しかった(美味しかった)思い出と足の筋肉痛・・・。
しばらく味わいます。いてて・・・。

Comment

こんにちは
お嬢さんと京都の町歩き、楽しそう^^
一日彩さんをお借りして
私も京都を歩いてみたいなぁ!
ところで、栞栞カフェってどう読むのですか?
しおりの訓読みってあったっけ?とか
しおしおカフェ?とか(笑)
頭んなかぐーるぐるです
百足屋もほんと、いくら町並みがそうでも
飲食店の名前としてはちょっと引きますね^^;

>せめて7割・・いえ半分

武田信玄公訓書ですね
五分をもって上となしっていうあれ。
父が大事にしてて額に入れて飾ってあるの^^;
結局なんでもそうだなぁって私も感じます。
相手が人なら近すぎるといやなところもみえて
喧嘩することもありますしね。
中庸っていうんでしょうか・・・
バランスの取れたほどほどのところで
満足するのが一番なのかな。案外難しいけど。
まぁ時々は、わー♪って思えるものにも出会いたいけど・・・
どっちなんだ(´艸`)ぷぷ
でも多くを期待しないというのは
楽に生きるコツでもあるかもしれませんね。

2014.08.14(Thu) 14:34       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

栞栞カフェね、私も??だったのですが、
勝手に「しおりしおり」で
いいのではないかなあ?と思ってます。
呼びにくいけど(笑)

武田信玄の公訓書って初めて知りました!
さすがayameさん♪

相手を許せないとか、怒りがおさまらないとか
評価してもらえないとか、
結局は人に期待しすぎてるからそう感じるのかな、
って思っちゃうんですよね。
でも、いつもそういう冷静な目を心掛けると
気持ちの高ぶりとは縁がなくなっていくようにも
思います。
久田恵さんが、亡くなったお父様と穏やかに暮らした時期より、
にぎやかに口喧嘩した日々の方が
生き生きと懐かしく思い出されると書いていましたが、
心を大きく揺さ振られることも大切なんですね。

渡辺シスターは「信頼は98%、あとの2%は
相手が間違った時の許しのために取っておく」と
言われているそうですね。

何事も100%でなく、ayameさんの言うとおり、
バランスが大事なんだなあと思います。

2014.08.15(Fri) 22:06       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。