なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26歳に教わる

ここ数日間、人の気持ちとか、身体とか、どうしたら人が元気になれるかとか
こういう場合はどういうことを考えるかとか、気功とか、ヒーリングとか
人の方向感覚についてとか、寝てるとき以外はずっとそういうことばかり考えて過ごした。

晩ご飯やお弁当のおかずのことを考えてるのは一瞬で、またもとの思考に
戻っていくんだけど、明確な答えはなかなか見つからないんだな~。

そんななか、北京五輪で金メダルをとった女子ソフトボールの上野由岐子選手の
インタビュー記事を読んだ。

「調子が悪いときに調子がいいときのイメージを持って練習しても
絶対いいことなんてない。イメージと身体が一致していなければ
納得いくボールがいくはずがないんです。
でも、調子がわるい日でも、自分の身体のことさえ把握していれば、
それなりに抑えられるボールが投げられるはず。
いいときのボールばかりを求めるのではなく、今日の自分の身体に合わせた
ピッチングが全力でできれば結果はついてくる」

周りからの期待をプレッシャーに感じないか?という質問に
「誰よりも自分が自分に期待しているからプレッシャーはまったく感じない」と
答えていました。

すごいっ!さすがっ!かっこええーーーっ!
26歳でこんなこと考えてるなんて!っていう言葉が満載の記事でした。
だから金メダリストになれるんだな。
私が26歳の頃は、彼女の数倍バカだったと言い切れる。

ここのところ、私にもっと力を与えてくださいって祈る日々を過ごしてたけど、
実は私もちょっと自分に期待できることが増えたんだ♪
自分の力、信じてみよう。
きっとできるって信じて、続けてみよう。

最近、私の周りで起きることはすべて起きるべくしておきたことだと
受け止められるようになってきたので、これもきっと自然の流れだ。
この前の誕生日に授かったのも何か意味があるかもしれない。
自分に期待してみようっと。


ただ今、ひとつの不安は、明日5日ぶりに出勤ってこと。
ここ数日の思考回路をいったんお休みさせて、目の前の仕事に
集中できるように、頑張ってみよう。




Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。