なおみ庵

TSUBASAシンポジウム

昨日の日曜日、「第10回 TSUBASAシンポジウムin大阪」という
集いがあり、ひとりで出掛けてきました。

私の備忘録のような文になりますので、
興味のない方は、スルーしてね。

3人の講師の話を聞いたのだけど、
ひとりめが松井淳さん。

オーストラリアでバードウォッチングのツアーガイドを
されている方で、現地の鳥たちの写真を
たくさん見せてもらった。

色鮮やかなインコたちって、目立ってしょうがないはずと
思ってたけど、緑の木々や草むらの中では
意外に見つけにくいというのが、今回の写真で初めて感じた。

世界のオウム・インコの6分の1が
このオーストラリアで見られるらしい。

松井さんはケアンズに住んでいるらしいけど、
このケアンズという街は、
どれだけたくさんの種類の鳥を見つけられるか、という
バードウォッチング大会で、
24時間で276種類が見られたという世界記録があるくらい
たくさんの鳥が見られるって!

ヒロシの「世界遺産をたずねる旅・海外編」
(宝くじが当たったら行く予定)
のリストにオーストラリアは入ってないらしいが、
私は急にオーストラリアに行きたくなった。

でも、この国は気候の変動が大きいっていうのが
ちょっと及び腰になるなあ。
一応四季はあるが、今年の冬は去年の夏より暑い、
なんてことがざらにあるので、
ツアー料金も季節によって大差が生まれるとのこと。
バードウォッチングには9月から11月が最適。

だいたいが乾燥地帯だけど、雨雲が来ると
湖ができるくらいまとまって降るので、
そこに鳥が集まる。

セキセイインコの繁殖は、季節じゃなくて、雨次第。
セキセイは30日で雛が巣立ち、60日経てば次の繁殖に
入れるので、雨がよいサイクルで降ると、セキセイの大繁殖、
ということが起こるらしい。

はぁ~~最近のうちのいろはちゃん、
おもちゃを外してからはしたことのなかった
吐き戻し(繁殖行動のひとつ)をケージで始めちゃって・・・。
やっぱりこれって、梅雨のせいなのねー(涙)


次はフォーゲル動物病院の上田亜希子先生。

私はフォーゲルに何度か連れて行ったけど、
いつも旦那さまの先生に診てもらってばかりで、
奥様先生にお会いするのは、初めて。

主に鳥の身体と病気について、かわいい声で
ゆるやかにお話ししてくださった。


最後が磯崎哲也さん。インコに関する本をたくさん
出版されている方で、
今回はほとんどエンリッチメントについての話だった。

「エンリッチメント」というのは、
飼育下の動物の幸せについて考えるということで、
動物本来の姿を求め、豊かな暮らしを実現させようということで、
成功例として、旭山動物園の動物展示方法が言われている。

人間もだけど、飼われている鳥だって、
生き生きと、ワクワク楽しく生きてほしいと思う。

ケージの中でただ長生きするのは、
野生の元で暮らす鳥とは正反対の生活である。

飼い鳥にとっては、人と同じ行動をするのが喜びなんだそうで、
人の指示で動くことを覚えさせるのが大事。
「おりて」「乗って」「ダメ!」毎日同じ行動をするのでも
声を掛けることが、大事なコミュニケーションで、
あっちに飛んでるから知らん顔っていうのは、ダメ。

一緒に冷蔵庫を開けて話しかける、冷蔵庫の中のものを
話しかけながら見せることだって、
鳥にとっては初めての経験なら興味を持って
人間と同じ行動を取れるのは喜びとなる。

人がご飯を食べ始めると、鳥も同じように
餌をついばむのは、人と同じことをしたいから。

一般的に噛みグセがない、攻撃性が低い、人の言うことをきくなどの
「良い子」は、行動範囲が広い。
確かにケージに入れられたままの大型インコなんて、
機嫌悪そうだもんなあ。

にしきのあきらさんが飼ってるオカメインコに会ったという、
磯崎さん、その人懐っこさに驚いたら、
奥様が「この仔は日本中を旅してるので、たくさんの人に
かわいがって貰ってるからですよ」って言われたらしい。

スターにしきののように、日本中には行けなくても
家に人を呼ぶのでも鳥にとってはいい刺激になるということだった。

磯崎さんの好きな言葉が、「Busy bird is Happy bird 」
忙しい鳥は、幸せな鳥。
ほどよいストレスをかけるのは、本当に難しい。
いろはは、暇で暇で、吐き戻ししちゃってるんだなあ。


最後に、主催者の松本さんから。

「世の中が好景気だと、犬を飼う人が増える。
不景気だと、猫を飼う人が増える。
(今、東京は猫を飼う人が多いらしい)
では、鳥を飼う人が増えると世の中はどうなるのでしょう?
答えは『平和になる』です」



鳥を飼うのは、思ってた以上に難しい。
でも、とっても奥深い世界を見せてもらってるし、
たくさん癒されてる。

いろはが、これからも元気で、楽しい生活を一緒に
送れるようにしたいな~。

Comment

No title

うぎゃ~~! 
ついさっき、今度のブログ記事で、
メイと冷蔵庫の話をちょっと書いたんですね。
で、こちらに来てみたら冷蔵庫の話~!
またまたゾゾーっとしました・・・。
こんだけしょっちゅうシンクロするってナンだろう??
考えちゃうわ^^;

って、そんな話はおいといて、
シンポジウムの話を記事にしてくださってありがとうございます。
オーストラリアには是非鳥を見に行ってください♪
緑のセキセイは木に紛れると全然分からないんですってね^^;
朝集団でお出かけするのと、夜巣に戻ってくる時しか
目に留まらないとも。いっぱいいるのに会うのは難しそう。
でも私も行ってみたいな~~
一等前後賞当たったら私もお味噌で連れてってください^^

いろはちゃんもゲロゲロしてますか(>_<)
思うんですけど、
家の中の湿度を常に40%くらいにしてたら
発情しないんじゃないかなって。
病院にあるインキュベーターで
常に一定になる暮らしをさせてたら
吐き戻しも、卵もナッシング?とか考えてたりします^^;
あまり現実的ではないけれど。

人と同じことをしたい。うんうん。
一緒に食べたりお喋りしたり、同じことして安心したい?
でも、忙しい鳥は幸せな鳥というのは耳が痛い・・・。
全然出来てません(>_<)
いろはちゃん、昼間はマンションの玄関で
看板鳥になるというのは如何ですか?
色んな人が可愛がってくれてモテモテかも♪

2011.06.13(Mon) 17:51       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

ん~~もう、またシンクロ?(*'∀`*)
冷蔵庫のどんなお話しか、楽しみにしてます。
もうひとつ加えますと、メイちゃんの団子屋さんの
記事を読んだ日から、いろはが吐き戻しを始めたんですよ。
ほんとに。
いろはも読んで、メイちゃんのマネし始めたのかと
思ったくらいでした。
こんなにシンクロするなら、オーストラリアには
是非ご一緒しましょう。宝くじ、当たりますように。

私も湿度管理は考えちゃいます。
でも、うちね、海の前でしょ?
この時期、どの部屋も湿度65%~80%が普通なんです(泣)
でも、今までは大丈夫だったのになあ。
ゲロゲロの掃除は困りますね・・・。

看板鳥はいいですね~。
どこかのお店にでもバイトに行ってくれないかしら?

人と同じことをして、対等な関係を築きたいという鳥さんは
やっぱり親しみがあって、賢くて、かわいいですね。
でも、ゲロゲロは頭痛い・・・。

2011.06.13(Mon) 18:48       なおみ さん   #-  URL       

No title

シンポジウムのお話、とてもおもしろかったし
勉強になりました!
発情が季節ではな雨と関連が深いのも目からウロコです。
ぴこもちょっと調子が良くなると直ぐにダンナにおしりを向けて(><。
これ以上体に負担をかけたくないので対策を考えていたんですが
あまりに毎日楽しそうなので、つい情が・・・
ケージにシリカゲルでも撒いておこうかな(^^;

「飼い鳥の幸せ」はぴこが病気になってからは私の永遠のテーマです。
今思えば最初の頃の私は本当にバカだった・・
磯崎さんの話は胸に沁みます。
今から急には変えられないけどぴこも少しずつ外に出して
良い刺激を与えていこうという気になりました。
我が家に来て幸せって思ってもらえるように頑張ります^^

2011.06.14(Tue) 15:38       ぴこmama さん   #-  URL       

ぴこmamaさんへ

覚え書きのような文ですみません。
うち自体が湿度が高くて、人間も調子が狂っちゃうので、
湿度計はいつも気にして見てるんです。
やっぱり、ayameさんも言われてましたが、
湿度が高い日は、繁殖行動がみられるような
気がします。
人間も雨に日に性犯罪が多いって聞いたことも
ありますし ^^;;;

最初の頃の・・って書かれてましたけど、
私もたくさん知らないままやってきたことって
あります~~
わかっていてもできてないこともあります。

でも、今、ぴこmamaさんがぴこちゃんのことを思ってること、
よい治療を探して悩んでいることなど、
すべてぴこちゃんに通じていると思います。
私もいろはが幸せになってほしいっていう気持ちを大事にして、
できることからやっていきたいです(*'∀`*)

2011.06.14(Tue) 16:14       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント