なおみ庵

世界遺産をたずねて~その2~

一の橋の近くに、3年ほど前に建てられたという
司馬遼太郎文学碑があった。

高野山

司馬遼太郎さんのファンって圧倒的に男性が多いよね。
ヒロシもよく読んでるけど。
私も家にあるのを読んだことがあるけど、
最後まで読んだこと、ないかもしれない。
私には難しいのかも。

でもこの碑文は、初めて訪れた私でさえ感じる
高野山の空気のようなものが
さすがにうまく表現されているなあと思った。

それから、高野山真言宗の総本山「金剛峰寺」へ。

高野山

「蟠龍庭」(ばんりゅうてい)

石庭としては、我が国最大の庭(2,340㎡)だそう。
龍に見立てられた石が奥殿を守っているように
表現されている。

大広間のようなところで、お菓子とお茶をいただき、
お説教を聞くことができた。

明治初期まで女人禁制の山だったので、
今でも尼さんは少ないらしいが、その珍しい
尼さんのお話が聞けた。

真言宗のことは、ほとんど知らなかったのだけれど、
弘法大師さまが持って帰られたという曼荼羅の意味を
くだけた口調で、おもしろく聞かせてくれた。

お大師さまは、人が悟りをひらいたり
あるいは亡くなって仏になるのではなく、
人は皆そのままで仏である、
人だけでなくすべて、犬も蛇もみんな仏なのだと、
それを描いたのが曼荼羅だと言われたらしい。

小柄で坊主頭の尼さんは、「私のような器量の悪いものでも、
そのままで仏なのだよと言ってもらえる、
こんな嬉しい教えはなかったので、毎朝鏡を見て
きれいだね、と自分に言っています。
皆さんも仏なのですから、自分のことを認めてあげてください」
と、笑わせてくれた。

他の仏さまはパンチパーマだけど、真言宗の仏さまは
みんな帽子をかぶってる、とか、
ちょっと軽すぎるような話もあったが、
「そのままで仏なのだよ」という教えは、胸が温まった。


その後、私がやってみたかった写経に初挑戦。
約1時間、無心に筆を走らせる・・・・とまではいかなかったけど、
いい経験ができた。
また、これからも機会があれば、何度もやってみたいな。

高野山

最後に西の端にある、大門へ。
立派な門で、見ごたえあったけど、遠かった・・・・。

一日で10kmくらい歩いたぞ!って思ったけど、
たぶん7~8kmくらいしか歩いてないかな。


帰りもまた、バスに乗って高野山駅、
そこからケーブルで極楽橋駅、
そして、南海特急に乗る予定。

ところが、バスに人が乗りきれなくて積み残しがあったり、
(臨時便は出てたのだけど、それでも人が多かった)
渋滞したりで、ケーブルの時間ぎりぎりになった。
そのケーブルに乗れなかったら、
指定券を取ってる特急に間に合わない!
あ~~コーヒー飲んでる場合じゃなかった!と悔やんでも
バスはのろのろ運転。

思わず弘法大師様に「間に合いますように!」って
お願いした。

よく考えたら特急券が無駄になるだけで、
乗り遅れもひとつの思い出になるのに、
そのときはもう無我夢中で心の中でお願いしていたら、
ぎっりぎり!間に合った!

ケーブルは260人定員で、ヒロシの後ろの人で、
ロープを張られ、「ここまで~!」って駅員さんが叫び、
私たちは「ひやぁ~~!」と冷や汗をかいた。

満席で売り切れだったはずの特急には、
ちらほら空席があったから、乗り遅れた人
結構いたんだろうなあ。

ああ、弘法大師様、ありがとうございました。
小さなことをお願いして、すみませんでした。
でも、聞き入れてくださって嬉しかったです。
安心して、帰りの特急では、揺り起こされるまで
眠ることができました。


高野山編は、これで終了です。

次回は、京都・天竜寺、仁和寺編。

Comment

No title

小3のなおみさん、こんばんは(^o^)

お寺好きの私としては
とてもよいものを見せていただきました!
桜も満開でお出迎えしてくれたんですね。
お天気もよかったようで何よりでしたね。
実は二十歳の時に高野山へ行ったのですよ。
四国巡りの総仕上げに・・・。
でもね、あの時は周りが眼に入ってなくて、
霊場を回ることだけに捕らわれていたので、
お寺に行っても納経してご朱印貰って終わりでした。
だからなおみさんのこの記事を読むまで、
三途の川があったり、お庭があったりなんて、
知らなかったな~。へぇぇ~~!って感じ!
いーないーな。ケーブルは使わず
車でガーって上がっちゃったから余計かな。
阿闍梨さまに頭をなでてもらった思い出しかない(T_T)
いいなー、もう一度ちゃんと見に行きたい!!
お説法はいいですよね~。
昔のお説法は結構厳しかったりもしましたが、
今は一般受けするように話す人も多くなってきましたね。
尼さんがいるのは知らなかったな~

同じ三途の川がある恐山はね、
死の世界に近くて怖いの。うすら寒いところ。
西の人は死んだら高野山へ、東の人は恐山へって
いうじゃないですか?
私は恐山より高野山へ行きたいです~^^;

随分歩いた様子ですが、小3には辛いわ~(笑)
電車に間に合ってよかった。
足は痛くなりませんでしたか?

2011.05.11(Wed) 17:55       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ

四国霊場に行かれたayameさんは
きっと一度来られてるだろうな・・・って思いながら
書いてました。
当日もお遍路さんの姿、たくさん見ましたよ。

お寺とかお説教って私も大好きなんです。
あの日の尼さんが言われたのは
「お説教は一に声、二に容姿、三に内容」だそうで、
マイクもなしで通る澄んだ大きな声で話してもらうと
聞いてる方も心地よかったです。
「お菓子食べて、足は崩して聞いてください」って
言われたりして、気が楽でした。

恐山って怖いんだ!名前からして怖いもんね。
でも、ちょっと行ってみたいな。
私たち、次は夏場に三大霊場のもうひとつ、
比叡山に行こうとしてます(笑)

小3のなおみは、夜、お風呂で「いてててて・・・」って
言いながら足をもんでました(≧▽≦ノノ゙

2011.05.11(Wed) 18:26       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント