なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニーチェの言葉から

将棋の世界では、「長考に好手なし」というそうですが、
私もあまり長く物事を考えたりしない性格だと思う。

なので、哲学なんて、縁のない話だと思っていた。

それでも、今年売れた本「超訳 ニーチェの言葉」を読んだら、
ほとんど思い当たることばかりだった。


読んでいない方のために少しだけ・・・。

「毎日の小さな習慣の繰り返しが慢性的な病気をつくる。
それと同じように、毎日の心の小さな習慣的な繰り返しが、
魂を病気にしたり、健康にしたりする」

これは、毎日が忙しくなると実感します。
私は今、できるだけ「バランスよくしよう」と決めていて
食事はもちろんだけど、立ち仕事なので、ずっと立っている間、
重心の位置を気にしておこうとか考えています。

太極拳で、身体の中心を走る線(正中線)を意識することを
習ったので、少し思い出しながら。

精神的にも「もう勝手にしたらええやん!」とか、
「もうどうなってもいいや」とか考えているときって、
バランス悪くかなり極端な思考に走っていると思うので、
できるだけ穏やかな心境で過ごせるように・・って、考えてるけど、
これはかなり難しいです。
あまり極端な考えをくせにしないようにはしたいと思う。



「ここに希望があったとしても、自分の中に光や灼熱を体験していないならば
それが希望だとはわからない。
希望の何をも見ることも聞くこともできない」

希望がなにかさえわからない、知らない人生って、
あまりにさびしすぎるけど、世界にはそういう子どもたちが
たくさんいるんだろうな。


「いつも敏感である必要はない。特に人との交わりにおいては、
相手のなんらかの行為や考えの動機を見抜いていても知らぬふうでいるような
一種の偽りの鈍さが必要だ。・・・・・相手よりも鈍い感じでいる。
これは社交のコツであるし、人へのいたわりになる。」

今まではとかく鈍感なのはダメだと思ってきたので、
自分が気がついたことはすべてやるんだ、と思ってきたけど、
人との関係においては、それはかなり窮屈に思えることがあるなあと
感じ始めていました。



たくさんの言葉が胸に染み込んだり、突き刺さったりしました。
どのページを開いてもうなづいてしまう。

ニーチェが語るような人生を私も体験できているならば、
私の今までも悪いもんじゃないな、と思えました。

あやも目を輝かせて「読みたい!」と言ってたので、
あやの感想もまた楽しみのひとつです。

って、私もまだ読み終えてないのだった。。。
相変わらず、読み始めたら睡魔が・・・。


できてないことばかりの年末。
筆頭に年賀状でございます。


今年、予想以上に忙しい日々・・・は言い訳になりませんが、
ここに来てくださっているだろうと思われる方々には、
年賀状欠礼させていただくことになるかも知れません。

ここからの近況報告をもって、一年のご挨拶にさせてください。
ごめんなさい。


Comment

こんばんは。
ニーチェに痛いところを突かれてるよう^^;
勉強になります。
渡辺淳一氏も鈍感力が大事だと言ってましたね。
ニーチェもですか。
この歳になると、すぐ気づいてしまうことが
増えてきてしまいましたが、
知らぬ振りをするのが
和を保つ結果につながるのも分かります。

実は先週だったかな?
雑貨屋の一部が本屋になってるお店に入ったら、
すごい端っこの方なんだけど、
ニーチェの格言集が私を呼んでいたので、
少しだけ立ち読みしたんですよ。
だから今回、すごーーーくびっくりしました。
これは私に読めってことなのかも。
あ~きっとグサグサ来ちゃうんだろうな(笑)

お忙しそうですが、よいお年をお迎えくださいね!

2010.12.26(Sun) 18:08       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

ayameさんへ♪

こんばんは~。

ayameさん、やっぱり縁があるよね、不思議なとこで。
やっぱ、それは読みなさいってことよね?(笑)

実は私も・・・この本、何がそんなにウケてるんだろう?と気になって
本屋で立ち読みしたら、もう胸を鷲掴みにされた気分で、
でも私にしたら高い本なので、どうしようかなって考えてたら、
ヒロシも同じ本屋さんの別のコーナーで同じ本を
立ち読みしてたんです。
なので、これは「買え」ってことだな、と(笑)

家に帰って読んでたら、あやが飛び上がらんばかりに
「これ、買ったん!?読みたかってん!」って喜んだので、
やっぱり買ってよかったなって思いました。

人との出会い、本との出合い、不思議な巡り会わせがありますね。

ayameさんも感じること、一緒ですね。
母がよく「すべてを両目でしっかり見るばかりじゃなくて、
片目をつむって見るくらいがちょうどいいこともある」って言ってたことが
この年になってわかるようになりました。


2010.12.26(Sun) 19:44       なおみ・庵主 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。