なおみ庵

雨の日曜日のランチ

昨日、2年ぶりくらいに友達に会って、一緒にご飯を食べた。

前に会ったときは、旦那さんに振り回されてるひどい状況で、
何を話しても涙、涙でぼろぼろだったのだけど、
昨日会ったらとっても元気に復活していた。

メールでは「元気にしてるよ!」っていう返事がいつも
返ってきてたけど、本当は会うまでわからないな・・・って
思っていた私の心配を充分はね返すくらいの元気さでほっとした。

結局は旦那さんとは別れたのだけど、その後一度も
「パパがいてくれたら・・・」って思ったことがないらしい。
とてもすがすがしい笑顔だった(笑)

離婚って結婚よりずっとエネルギーがいることだっていうけど、
彼女を見ていたら、本当に苦しんで、もがいて自分で出した結論だから
後悔せずに納得できるものになったんだろうなっていうことをひしひしと感じた。

「私は普通に生活していただけなのに、どうしてこういうことが
降りかかってきたのかわからない」って言ってたけど、
これも神様が与えてくださった「彼女には乗り越えられる試練」だったのでしょう。

話を聞いていて思ったのは、まっとうに一生懸命生きている人には、
どんな困難が立ちふさがっても、必ず助けてくれる人が現れるんだなあということ。
彼女が悪いことをしたわけじゃないから、当然といえばそれまでだけど、
それでもなかなかそういうことしてくれる人いないよね・・・っていうくらい
たくさんの人が味方してくれたように思う。
聞いている私まで勇気づけられた。私もまじめに一生懸命生きるぞ。

「夢にも思っていなかったことが次々と起きて、人生、先には
何があるかわからないってことが身にしみた。
だから、あまり先のことは考えずに、今を大事に生きようと思う」って
経験した人からのおもーい言葉だった。
私もないものねだりせず、足るを知り、今の目の前を幸せを大事にしよう。


彼女を送っていく道すがら、ラーメン屋さんが眼に入る。
「ここ、美味しくて、結構流行ってるんだけどね・・・」
「あっ!?ここが前に言ってたお店?」

どうもオウム真理教の残党がやっているラーメン屋さんらしい。
彼女のお友達がパートに応募して働き始めたところ、
裏のロッカー室には麻原彰晃のポスターが貼ってあったので、
気持ち悪くなってすぐに辞めちゃったって話を聞いたことがあった。

見た目はまったく普通の、比較的ラーメン屋さんにしたら大きなお店だった。

オウムは絶対に許せない集団だし、人の命をなんとも思っていないような
教祖を信奉する人たちが作る食べ物なんて食べたくない!・・・って
思う一方、まともに営業しているお店の収益がきちんと被害者の救済、賠償金に
当てられているなら、続けてほしいとも思ってしまった。
ポスターの話を聞いたのも数年前だから、それ以来お店はずっと利益を上げている・・
ってことなんだろうし。

でも、聞いた限りは、その店に入る勇気は私にはまだないので、
そういうことを知らない人たちが、ラーメンを美味しく食べて
代金を支払ってくれたらいいなあって思う私は身勝手ですね・・・・。


しかしまあ、昨日はよく雨が降りました。
会った友達が雨女らしい・・・。
次に会うときまでに雨女卒業しとく!って言ってたけど、
彼女の胸のうちが晴れ晴れとしていたので、私はそれで充分嬉しかったです。

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント