なおみ庵

新年度に思う

新しい年度になりましたが、ここのところ、
錆び付いた気持ちのまま仕事しておりました。

毎日遅刻してきて平気、自分は悪くないという子、
それを許してる会社、
いびつな出勤体制、甘んじてる人たち、それを許してる会社、
もうほんま、やる気なくなることばかり。

あーもうやんぴっ!って言いたかったけど、
次の仕事が決まらないのに、辞めるわけにもいかず。


そういうもやもやした気持ちのときは、
家族に目を向けると、リフレッシュできていいのだけど、
なんせうちの人たち、夜、遅すぎるねん!
11時ごろからコーヒータイムなんてできひん。

そういえば、この前、夢に江原啓之さんが出てきて、
「あなたの家のリビングには、とても楽しそうな笑顔が
見えます。その家庭を大事にしなさい」って言われたんだ。
忘れないでおこう。


そんな中、忙しい仕事中にだけど、今日ひとりの人と
いろんな話をしたら、なんだか胸がすーーっとした。
感じとることが、まったく一緒だった。

人って、どんな家庭環境で育ったかっていうのが
どれだけ大事かということ、
そう思ったら、自分がしてる子育ては大きな責任が
あるよね・・・っていうような話とか、いろいろだったんだけど。

今日の占いはたしか「友達に救われる」だったのは
当たってたなあ。


奥さんが熱を出して寝込んだりしたら、
旦那さんが「飯はどうすんねん」と言って、
奥さんの怒りをかったって話がよくあるよね。

それは、男性は問題が起きたら、まずそれを
どうやって解決するかっていうことを考える
「解決脳」が働くから、
奥さんが寝込んだ→夕食を作る人がいない→
「飯はどうすんねん」という発言に結びつくらしいけど、
女性は「共感脳」で、まずこの状態に共感してほしいらしい。

せめて一言、「どうしたんや?気分悪いんか?」
くらいは聞いてほしいと思うのは、私も女性なので、
わかります(笑)
だけど、そういう脳の違いかららしいので、
男性の方にはまったく悪気などないのですね。


そういう意味でも今日私が話できた内容は、
共感脳に響き渡った感じでした。

こういう話ができる人と一緒に仕事ができることは
やっぱり捨てがたい。
もうしばらく頑張ってみようと思えました。
かわいくて、よく気の利く若い子もいることだし。
(ISHIIちゃんだけやけど、若いのは・爆)

まだまだ学ぶことはたくさんあるんだろうな。

Comment

なるほど!

共感してほしくて女性はおしゃべりするのね~(笑)
大変なことも「大変ねー」って言ってもらえたら
それでいいのよね(爆)

2010.04.02(Fri) 05:53       のりこ さん   #-  URL       

そうらしいよ

女性のおしゃべりの大半は共感を求めている・・・
って感じがしないでもないよね?

ただ共感しあってるだけでは、前に進まないこともあるけど、
それだけで気が済む場合も多いですな(笑)

2010.04.02(Fri) 08:04       なおみ さん   #-  URL       

その脳の違い、この前ガッテンでやってました~
でもいくら脳のタイプが違っても、
寝込むことがご飯に直結するのは
どうも理解しがたいことですよね^^;
会社でのことも分かります~
ちょっと常識がずれてる人たちがいると
真面目な人間が損をしてしまう・・・。
そういう状況になると私は
自分に与えられた試練かー?って
あれこれ考えちゃいますよ。
これをちゃんと自力で越えないと
また同じことが巡ってくるのか?とかも(笑)
でも同じ社内に、感じることが同じで、
話せば理解し合える方がいらして
本当によかったですね!
他人に理解してもらうことは大事大事!!
その人に出会うための状況だったのかも?
それにしても仕事場というのはどうしてこう、
仕事そのものより、
人間関係で悩むことが多いのでしょうね。
いかに人それぞれかってことを思い知らされます・・・。

あ、糸井さんの本、読みました。
桶専、看取り専とか大笑いしちゃいましたよ。
だったらうちの綾子はじーちゃん好きなので桶専か~って。
お相撲さんの話も、花粉症の話も、面白かったです!!
また良い本があったらご紹介ください。

2010.04.02(Fri) 20:12       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

そうなんです、試練ですよね

同じです、私も困難な局面にあったら、
これは乗り越えないといけないテストをされてるんだな、
って思います。
そうわかってても、真面目に会社に尽くすことなんてないわ!
みんなそこまで考えてないし!とか思っちゃうんですよね。

でも、本当にいろんなことを理解しあえる人が
少数でもいてくれるので、
ありがたい職場だ、とも思います。
そういう人たちに出会って6年過ぎたので、
縁の深い人たちだろうと思って、感謝してます。

糸井さんの本、楽しんでもらえたようでv-344
良かったです。
あの細かく分かれてるゲイの好みの話、
笑っちゃいけないのかもだけど、笑えましたよねー。
ayameさんもまたおもしろかった本、教えてね。

2010.04.02(Fri) 20:35       なおみ さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント