なおみ庵

糸井さん、ありがとう

あやの受験について行って、新幹線に乗って
出かけてきました。

久し振りの新幹線だ、やっほ~~ぃ!って気分で、ヒロシに
「ピンポンパンポ~~ン♪ただいま、のぞみ、発車しま~~す!」って
メールしたら「お母さん、落ち着きなさい」って言われた。

あやにも「お母さんはええな、試験受けなくていいんだから
すっかり観光気分やな」と言い当てられた。ほほほ。

試験当日、泊まったホテルから大学までバスが出たのだけれど、
あれ?ご父兄の方々はお見送り?
バスに子どもと一緒に乗って、大学まで行く人は、
ほんの3人ほど。
皆さん、どうされるんだろう?先に帰るのかしら?

私はもちろん一緒に行きました。
キャンパスライフを楽しまなくちゃ(!?)

午前中2時間、午後2時間の試験の間、
待つことになるので、本を用意してました。

前に読んだ湊かなえさんの本は、もうジェットコースターに
乗ったような感覚で、止まらずに一気に読めたので、
こういうのがいいなと思って、「少女」を持っていきました。
重たいハードカバーをわざわざ。

だけど、久々におもしろくない本に出会ってしまった。
途中でギブアップ。
時間を忘れて読書したかったのに。

でも、考えたら、あやのことも気になるし、
そんなに集中して読める状況じゃないんだから、
エッセイみたいな軽いのを持ってきたらよかったんだと
あとになって気づきました。

なので、仕方なく大学内の書店に入り、
せっかく新刊を買うんだから、ブックオフにないような本を・・と
選んだのが、糸井重里さんの「経験を盗め」

もうこれ、大正解!

時間を忘れて、笑いをかみ殺しながら読んだ。
いや、結構笑ってたかも、ひとりで。

「経験を盗め」はいろいろシリーズで出てるようですが、
私が読んだのは、「心と身体の不思議編」

各界の専門家や様々な経験者との対談形式だけど、
中味も濃くて、笑えるの。

「ゲイに生きる」のところなんて、サイコー!
友達にひとりくらいゲイがいてもいいのにと思うけど、
いないなあ・・・って、私が知らないだけで、
実は私、ゲイなのよっていう人、是非知らせてください。

昔、勤めてた職場(某放送局)には数人いたけど、お友達になるには、
年上過ぎた。

糸井さんって、知識が豊富で、おもしろい人だと思ってたけど、
笑いの中にも奥深い、内容の濃いこの本を選んでよかったぁ。
ほぼ日を毎日チェックするのは無理なんだけど、
たまには本を買って読みたいなあと思いました。


Comment

それで、あやさんの受験の手応えは
如何だったのでしょう?
とちょっと突っ込んでみました(笑)
いいんです、お嬢さんはお嬢さん、
なおみさんはなおみさん。
その時その時を楽しむなおみさんが好き(笑)

本は手放せないですね、どこへ行くにも。
糸井さんの本、是非読まなくては~~!!
ということで、今図書館に予約しました~
楽しみです。

ゲイのお友達はいませんが、
上司が昔、新宿三丁目のゲイ・・というより
オカマちゃんと言った方が似合う人のスナックに
連れてってくれて、
その方、実際オカマちゃんなんですけど、
ごっつい彼氏もそばにいて、
本格的ー!ってわくわくしたことがあります。
そのゲイに生きる、早く読みたいです~

2010.02.28(Sun) 19:30       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

もう予約!はやっ!(笑)

ayameさん、綾子ちゃんが大変なときに
ここまできてくれてコメントありがとう。
でも、卵は・・なさげですね?
とにかく無事を祈っています。

本って期待しすぎるとコケちゃうこともあるけど、
何でも読まれるayameさんなら楽しんでもらえるような
気がしてます。

私が知ってるゲイの人も、丸坊主頭で、ごつい身体のおじさまでしたが、
若い男の子と暮らしてました(ひゅ~)

2010.02.28(Sun) 21:52       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント