なおみ庵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事の選び方

小さい頃になりたかった職業って誰にでもあるよね。

私は小学校の頃、新聞記者か、NHKのアナウンサーに
なりたかったのです。

その後、そんなことはすっかり忘れてしまって、
普通のOLになりたい、しか思わなくなってしまったのだけれど。

新聞記者と言っても、自分で記事を書くんじゃなくて、
校正の方をやりたかった。

漢字とか、校正には関係ないけど、書き順とか部首とか
自信あったんだな、当時は。

いまはクイズ番組見てても、ことごとく間違えます。
しまいには、「私が習った頃と書き順が変更になってる!」とまで
叫んでいます。
こんなにも脳みそって壊れるものなんだなー。
それとも小学校の頃から進んでないのか・・・。


しゃべるのは得意じゃないけど、書いてある通りに読むっていうのは
得意だった。
一字一句間違わずに本を読むのは、私にとってそう難しいことじゃ
なかったんだな、当時は。

それがいまは、2~3行すっ飛ばして読んででも気がつかないね、きっと。

でも、やっぱり「言葉」には一番興味があって、
もっとたくさんの言葉を知って、操れるなら俳句とか
短歌とか作りたいなあ。

ずっと疑問に思ってたことがあって。
「こども」って漢字では、どう書きますか?
私はずっと「子ども」って書いてきたのです。

「子供」って、なんか親の「お供」みたいに感じるので、
そうじゃないでしょ?っていう意味で「子ども」って
書いてたのです。
が、先日の新聞記事で「子ども」は「野郎ども」などの
「ども」に通じるように読めるので、「子供」と表記すると
書いていた記者の方がおられて。

はっは~なるほどなあ。「野郎ども」→「子ども」は
連想したことがなかったので、驚きました。
ただ、祝日は「こどもの日」と書くらしいですが。

こういう話を聞くと、わくわくする。楽しいなあ。
言葉って、日本語っておもしろいなあって思います。

昔、NHKのドラマ制作部で、バイトしてたことがあって。
その頃に、ずっと忘れていた「憧れのNHK」に
いま、私はいるんだ、あの憧れてたアナウンサーの人と並んで
同じ食堂でご飯食べてるんだ、って思うと、すごーーく
嬉しかったことも思い出しました。

そんなこんなを思い返して言えることはですねぇ。

やっぱり自分の得意なことを生かした仕事を選ぶべきだなあと
いうことです。

私は、「普通のOLになりたい」と熱望してましたので、
その通りに「普通のOL」になって、デスクワークをしてた
わけですが。
別に得意なことをやっていたわけではなく。
仕事の内容には、5年で飽き飽きしまったんですね。

そして、今の仕事も、特に手先が器用なわけでもない私が
ずいぶんと苦戦しました。
「得意ではない」ことを仕事に選んでしまったかなあという
気はしています。
だからって、後悔はまったくしてないですけど。


昔、得意なはずだったこと。
それはきっといまも好きなことだろうな。

いつの日か、朗読ボランティアとかできるようになるかしら??
いろは相手に練習してみるかな?

Comment

そう言う意味では

ずっと自分が得意(だと思ってる)ことを
続けることが出来て幸せなのね、私。

ただ、それが仕事になってないところが
なんとも言えず微妙な感じだけど(爆)

2010.01.08(Fri) 23:10       のりこ さん   #-  URL       

こんにちは。
文字を扱うお仕事をされたかったのですね~
すらすら読めるなんてすごーい。まさにアナウンサー向き♪
私は国語の時間、朗読させられるのが嫌いでした(ーー;)
朗読ボランティア、これから需要がありそう。
介護の世界でも、保育の世界でも。
それに音読することは脳の活性にもいいらしいので
一石二鳥じゃないですか。
あ、子供は子供って書いてました。
その記事、私も読みましたがまさか野郎どもに通じるなんて
びっくりですよね。気にもしてませんでした。

私が小さい頃なりたかった職業って本当に無いです。
学校の作文で困ったものです。
家が自営業で大変だったから、ただただ、
サラリーマンの奥さんになりたいって思ってただけで(笑)
その頃に13歳のハローワークがあったらば、
何を考えたかな私は。。。
大学生の時も何がしたいという考えもなく
コンピュータ会社に就職しましたが、
エンジニアという職業は私にぴったりでした。
人付き合いせず、モクモクとコンピュータ相手に仕事して。
でも自分の得意なことを生かした仕事をしても、
一生それを続けられるか?というのは
難しいかもしれませんね。
好きなことが続けられるのは幸福だけど、
自分の好きなことを知っているだけでも、
もしかしたら幸福かもしれませんね。

2010.01.09(Sat) 18:21       ayame さん   #QHwcdr9.  URL       

そうですね・・・

>のりちゃん

のりちゃんがずっと得意に思ってることって
何だろう?って考えてしまった(笑)
ガーデニング?お料理?パソコン?

趣味で得意なことができるなら、
それに越したことはありませんぞよ(笑)

2010.01.09(Sat) 19:14       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

なるほど~

>ayameさん

うちも自営業だったので、私もぜひともサラリーマンの奥さんが
いいって思ってました!
13歳のハローワークは、本当に画期的な本でしたね。
あやに思わず買いました。

ayameさんはエンジニアなのですね。
かっこえーっ!
自分の得意なものでも仕事として続けるのは
確かに別問題ですね。
仕事って世の中と繋がってるわけですから
他の事情がからんできますものね。

おっしゃるとおり、自分の好きなこと、
得意なことを知るっていうのは、
簡単なことではないのかも知れませんね。
私も最近知ったしなあ(こんなんばっかり)

朗読ボランティアは、腰の重い私には
いつ取り掛かれるかわからないけど、
夢として温めておきます。

2010.01.09(Sat) 19:24       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

ほのぼのするな~

寒い日が続くね・・・・
なおみの「すずめちゃん」の画像を見て「ほんわか」した気分になったよ~
いつもなおみ「は文章表現が上手だな~」って思い読んでるの。
今からでも作家になれるよ~
センター試験も始まりどきどきだろうけど頑張ってね~

2010.01.12(Tue) 19:30       yukiyo さん   #-  URL       

ありがとう

>Yukiちゃん

ほんわかしてもらって、嬉しいです。
文章はちっとも上達しないよー。

私のことを知ってる人は、たぶん私が
話しているように、いろいろ想像しながら、
読み取ってくれるのだろうと思います。
だから下手な文章でも私の気持ちが
少しでも通じるのかなと思うわ。
それだけでも、とても嬉しくて、
細々とブログを続けているというわけです。

センター試験って、受験方法だけでも
いろいろあって、難しいねぇ。

2010.01.12(Tue) 21:07       なおみ@庵主 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。