FC2ブログ

今年最後のご挨拶


今年、近くの神社に3度お詣りして、引いたおみくじ。

そのうちの2回が「凶」でした。
確か、番号も同じ16番だった気がします。

「凶」なんて、初めて引いたんじゃなかろうか?
それを2回も引くなんて~。もしかしてすごい強運!?(笑)

各地の神社では、最近「凶」を入れないところも
あるとか聞くのに、きっちり入ってるんだなあ、と
感心したりもしましたが。

それでも、この神社には、何度も救われました。
神社は、穢れではなく「気枯れ」を清めるところなんだそうです。
何度か通って、弱っていた私を救ってもらいました。

おみくじに書かれていたことは、私への注意と思って、心して、
また、新しい年を、新たな気持ちで迎えたいと思います。


恒例にしていた今年の本と映画ですが、
ほとんど映画を観た記憶もなく、本もあまり読めませんでした。
(ジグソーしてたから~♪)

あえて挙げるとすれば、映画は「私を離さないで」
カズオ・イシグロ原作ということで、見たのですが・・・・・。
絶望しかありませんでした。
だけど、評価されているんですよねぇ・・・?
あの映画のどこがよかったのか、私にはよくわかりませんでした。
やっぱりどこかに希望がないとやりきれない。
よい意味ではないけど、とても印象に残りました。

本もほとんど読めてませんが、姉が送ってくれた
桝野俊明さんの「禅が教える人生の答え」は、
これからも何度も読み返す本になりそうです。

葉室麟さんの訃報は、ショックです。。。
まだ66歳とお若いのに。
宇江佐さんといい、まだまだ読みたい作家さんが
亡くなるのは、ほんとにさびしい。。。。


ブログを休んで、ずいぶん心配していただきました。
今年一年、皆様に助けていただきました。
ちょっとした言葉、小さな思いやり、1枚のカード、1通のメール・・・
そういうことが心にしみた一年でした。
心より、感謝申し上げます。
ありがとうございました。

皆様どうぞお元気で、よいお年をお迎えください。

夢中になったのは・・・


バンジージャンプとジグソーパズルは
私の生涯においてやることはない、と
思っていたのですが。

ヒロシの会社で、台湾のジグソーパズルのお店の
お仕事をさせてもらったので、
開店したとき、見に行きました。

ま、お付き合いで(笑)購入して
買った限りは、とやってみたのですが、
これが~~楽しい~~~♪

ぴたっとはまるのが、気持ちよくて。
でも、思った通りにとんとんとは進まなくて。

絶対ここやん!って思ったピースは
全然違うところで、固定観念が打ち砕かれました。

いろはもお手伝い。

IMG_3593.jpg

「どこかな~」

IMG_3594.jpg

「これ違う?」

なんてね、見つけたらすごいけど(笑)
それは、無理だけど、やっぱり私たちが
楽しそうに触っているものには、
興味深げに近寄ってきます。

300ピースから始めたのですが、
最後には、2000ピースを仕上げました。

IMG_0520.jpg

無駄な思考をせず、ただ夢中でできる作業に、
ずいぶんと救われました。

IMG_0530.jpg


残るは、バンジー?
いやいや、それは、本当に一生ご縁はありませぬ。


通院の日々


うちのいろはは、もう9歳です。
9年って、長く一緒に暮らしてるなあ。。。

そのいろはなんですが。
今年の夏、夜おやすみカバーの中から
「ぎゃっ」といういつもと違う鳴き声が聞こえたので、
中を見ると、下に落ちて動けなくなっていました。

あやを呼んで、手で捕まえたら
今度は方向がわからなくなったように飛んで
壁やドアに激突して落ち、動けなくなりました。

痙攣あり、目もうつろで、息も荒く、
私たちは必死で名前を呼びました。

その間、何分経ったのか。。。
しばらくしたら落ち着いたので、
(救急病院とかも考えたけど、実際は連れて行けず)
寝かせて、次の日、朝一番で、病院に連れて行きました。

こんなとき、交代してもらえない仕事はつらかった。
あやにタクシーで連れて行ってもらいました。

鳥を診てくれる病院は近くにないのですが、
いろはがかかっている先生はとても親切で、
予約優先だけど、診察時間前に診てくれました。

元々腫れているお腹の腫瘍が内出血していること、
左羽を痛めていることなどを聞いて、お薬をもらってきました。

次の日から少し食欲はもどってきて、その後は
みるみる元気になりました。

一週間後に診てもらったときは、
「内出血も治まってるし、便にいた菌もいなくなってる、
羽も治ってる」と先生も驚きの回復力を見せてくれました。

それからは、腫瘍は大きくなっているものの、
食欲もあり、元気に飛んでいたのですが。

先週、いつもなら回れ右して避けるはずのドアに
ぶつかり、落ちて、また同じような症状に陥りました。

今回は息も荒くて(人間でいうと、肩で息をしてる感じ)
ほとんど食べなくなり、
「今度ばかりは・・・」と半分覚悟を決めました。

翌日、またいつもの病院に電話すると
すぐに連れてきてくださいとのこと。

急いで連れて行って、いろははすぐに酸素室に
入れられました。

先生は、お腹が紫色で内出血がひどく、そのせいか体重激増、
左羽も痛めている、息が荒いのも心配。。。と、
しばらく悩んでおられましたが、結局ステロイドの注射をしてくれました。

それからお薬の調合の間も酸素室に入れてもらってから
帰宅。

酸素室から出てきたときは、わりと穏やかなのに、
家に着くころには、ずっと息が荒くて、目が離せませんでした。

それでも少しずつ食欲も出てきて、
息も穏やかになり、
3日後にはケージから出せ出せとアピールするまでに。

先週の土曜日、診察を受けたら先生まで笑顔!

前回の悪いとき、診察が終わったいろはを
優しく手で包んで、祈るように目をつむってくれた美香先生。

私はまるで、手術後のドクターXの大門先生かと思いました。

いつも予約でいっぱいの病院なんです。
なかなか思う時間に予約もとれないし。
でも、こういう緊急時にはきちんと対応してくれて、
本当にありがたかったです。
先生に心から感謝しています。

それに、いろはの生命力にも感謝です。

「病気になってもね、こうやって元気になるのさ!」って
私たちに教えてくれているようです。
実際、お薬の入ったお水も嫌がって飲まないことはなく、
いつもちゃんと飲んでくれるし。
よく頑張ってくれました。

まだしばらくは注意して様子を見ていかないと
心配ではありますが、とりあえずは一安心。。。かな。

IMG_0616.jpg

ご褒美の無農薬、日本産のきびの穂。

ペットというのは、飼い主が選んで、家族に迎えるのだけど、
本当は、神様からの使者として、私たちにいろんなことを
教えるために来てくれたのではないか、
と最近つくづくそう感じます。

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: