FC2ブログ

父の日に


先週の父の日に、松山の義父が亡くなりました。

1ヶ月前にがんが見つかり、手術したのですが、
退院後に急に弱ってしまったようです。

その急激な変化はそばで見ていた
義母も義姉も想像していなかったようで、
ヒロシも「ちょっと顔を見に帰る」と言う
程度の気持ちで帰ったのが、
結果、最期を看取ることになりました。

義母が「なおみさんが来てくれたよ~」と耳元で声を掛けたら
義父は懸命に目を開けてくれて
最期はヒロシの手を握って旅立ちました。

私たちが松山に着いて30分も経たない間のことでした。

あまりにあっけない最期でしたが、
ひ孫達がにぎやかに騒いでいるそばで逝ったのも、
子ども好きだった義父らしいと今は思っています。


外国航路の船長さんだった人で、
豪気で、それでいて優しい昭和の父でした。

船を降りてからは、社交ダンスに通って
食欲も旺盛、本当に元気な人だったので、
きっと90歳までは生きるだろうとみんな思ってたんですが、
人の寿命とはわからないものですね。
享年86歳でした。


なんでもとりあえず一番よいものを買う人で、
家には受信できるアンテナもチューナーもないのに、
衛星放送がついているテレビがあったり、
扇風機は7段階の調節ができるのだったり、
「こんなん、いらんやーん!」と突っ込みどころが多くて
よく笑わせてもらいました。

ヒロシには松山にいる姉と東京に住む弟がいます。
普段、マメに連絡を取ることもなく
会ってもそう楽しげに話すでもなく
あっさりとした関係でしたが、
今回、義父を見送った後の話し合いは
とても気持ちが通じ合っているように見えました。

姉弟で、昔話にも花が咲いて
よく泣いたけど、それ以上によく笑いました。
これは、お義父さんがそれなりの年齢まで
長生きしてくれたからできたことだと思います。

きっと心の中では後悔や懺悔があったと思うし、
平常心を見失いがちな状況の中でも
落ち着いていろんな話し合いができてよかったなあ、
姉弟っていいもんだなと思いました。
性格も、考え方も違うところはあるんだろうけど、
根底には共通するものを持ち合わせているようで
それを育てたのは、やはり両親なのでしょうね。

あやも従姉弟達とお通夜、葬儀と
長い時間を一緒に過ごして、
初めていろんな話ができたようでした。

これもすべて、お義父さんが引き合わせてくれたんだなと
思います。

先週2回ほど松山を車で往復したのですが、
かつて経験したことのない雷雨の中を長時間走りました。
義父らしく、天からお別れの挨拶をしてくれているような、
ふとそんな気持ちになりました。



セレブなランチにて


クリニックの友人とランチに行きました。

情報通のマダムで、次から次へと
美味しいお店などを教えてくれて
ランチはミシュラン一つ星のお店に
高級外車で連れて行ってくれました。

セレブツアーに参加させてもらって、
優雅な気分に浸れたのですが
家に帰ると現実に戻り、
夕食の餃子の具を練ったりしました。
これが私だ(笑)


友人のセレブな暮らしにあこがれるけれど
彼女には彼女なりの悩みがあることも
少しは聞いているので、
何もかもが満たされてる人なんていないんだな、
やはり幸せは自分の胸の中で見つけるものだと
思ったのでありました。



リビングから開放的な景色が望めるのも
私の小さな幸せの一つだったのに、
対岸の工事が進んでいます。

IMG_2603_20160612124155772.jpg

六甲アイランドのキリンさんのようなクレーンは
全く見えなくなりそうです。

コン・・コンフィチュール!?


職場のお友達がたくさん本を貸してくれました。
私の知らない作家さんが多くて、
新鮮な気分で、読書を楽しんでいます。


同じく職場の別のお友達から
「ネーブルオレンジはお好きですか?」と尋ねられたので、
「朝食によくいただきまーす!」と答えたら
「コンフィチュールを作ったので、お持ちします」って。

初めて聞く言葉で、
ましてやオレンジとコンフィチュールがつながらず。

「あの、コン・・コンフィチュールってなんですか?」
とお聞きしながらもネット検索・・・・。
英語ではジャム、フランス語でコンフィチュールって
いうそうです。

そのお友達はとてもお上品なマダムなので、
ジャムって言わないのかとも思ったけど、
少し作り方も違うようです。
フランス菓子を習っておられる方なので、
得意なんだそうです。

いただいたコンフィチュールは手作りならではの
甘さと酸味で、毎朝楽しみにいただいてます。


お借りした本を読むとき、
手作りの品をいただいたとき、
伯母と母に作ってもらった洋服を着るとき・・・
その方々の顔が思い浮かんで、
そして、その好意もありがたく、
ほんわかと温かい気持ちになりますね。

でも、それも受け取る私が
疲れ切っていたり、忙しすぎたりしたら、
気付けないこともあります。

以前は、なにかもらったらお返ししなきゃって
焦ることもあったのですが、
お返しを期待している人なんて、
少なくとも今の私の周りにはいないこともわかったし、
それはまた別の人へのバトンにしてもいいんだなと、
考えるようにもなりました。


私は人に差し上げられるようなものを作ることもできず、
得意なことって特にないなあ、と思いつつ、
せめて、人からの好意は素直に受け取れる
心持ちでいたいな、と感じた
最近の出来事でした。


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: