FC2ブログ

献血ルームにて


献血に行ってきました~♪

すると、なんだか次から次へと
係りの人が席に持ってきてくれて。

こんなにもらっちゃった。

FullSizeRender_2016022714422973e.jpg


お米2合、紅茶、お砂糖、歯磨き粉。

そして、10回目の献血だったらしく
記念品のガラスの器。
だけど、こんなのいらんでー。

袋に何が入っているかわからず、
渡されたものをいただいてきたのですが、
これからは、記念品はいらないので、
その費用は他に回していただきたいです。


最近の献血ルームでは
さまざまなイベントをしていて、
ハンドマッサージにしようか、
ネイルにしようかと迷いながら
姓名判断をしてもらえる日を選んで
行ってきました。

記念品とかもらわなくても
このイベントだけで、私は充分楽しめました。
でも、いろいろやらないと人が集まらないのでしょうね。

献血したあと、
姓名判断をしてくれる人が別室にいて
15分くらいいろいろお話を聞きました。


私の名前から言われたのは・・・・

「家族に縁が薄いのだけれども、
その家族に振り回されるところがある。

順調に行ってるところで、
邪魔が入ったり、中断させられたりということが
よく起きるのだけど、
元々が前向きな性格なので、
乗り越えてきている。

家族の世話などは自分から関わって
やっていく方が、邪魔が入ったり中断という
マイナス面を消していくことにもなる。」

だそうです。

困難にあったとき、なんで私が・・・!って思うより、
そういう名前なんだな、って思う方が
自分でも納得というかあきらめというか
受け入れる気持ちになれるのではないか、
というようなことも言われました。

そういう星の元・・じゃなくて名前の元に
生まれたと思うと、
しゃあないなとも思えるときもあるでしょうね。

私は自分で、おとめ座の気質を持ってるなあと
思うこともあるし、
そのときどきのバイオリズムもあるし、
血液型もあると思うし、
人の性格なんてひと言で表せるものでも
ありませんが、
あの日、名前について教えてもらえたことには
(私から授かりに行ったのですが)
きっと意味があるのだろうと、
少し自分のことを考えるきっかけになりました。

ようやく回復へ


昨年春ごろから、急に右肩が痛みはじめ、
すぐに治るだろうと思っていたら
ひどくなる一方となりました。

これが五十肩の始まりだったんですね~。

いろんな体操もあるけど、
自分ではなかなか続けられず。

女性限定で、サーキットトレーニングをする
カーブスに通い始めました。

運動なんて絶対続かないと
それまで自分では思っていたのですが、
これが意外に、気軽で楽しい。

若いインストラクターがサポートしてくれますが、
なかなかテンションの高い人たちで
最初はひいてしまったのですが、
慣れると、それさえ楽しくなりました。

たった30分の運動ですが、
(たった30分だから続けられるという面もあり)
身体を動かして汗をかいたあとは
気分的にすごくすっきりするのを実感します。

嫌な思いやイライラすることなども
すべて汗で流れる感じがします。
良い脳内ホルモンが出るらしいです。

でも、肩を治したくて通い始めたのに
こちらはなかなか効果はなく。

着替えも「痛い、痛い」の連発で、
夜中も痛くて目が覚めて、
ずっと治らないんだろうかと
思ったこともありました。

先月、腕がほとんど動かせなくなったので、
整形外科で注射してもらい、
それから体操もして、
ようやく最近、腕が上がるようになってきました!

嬉しいな~♪

春の兆し・・・というのは
大げさにしても、
やはり痛みを抱えていると
毎日が楽しくないものです。

こつこつと長く続けることは
苦手な方だと自分では思っていたのですが、
気が付けば、カーブスも通い始めて
半年が過ぎました。

普通のジムだったら
続いてなかったと思います。
カーブスは予約もいらないし、女性ばかりだし、
自分の好きな時間にふらっと行って
運動して帰るというのも
私には合っていたようです。

以前、姉に「五十代は一番自分らしく生きられるときよ」
と言われて、
そうかなぁ?とよくわからなかったのですが
周りの評判とかだけで判断するのではなく
自分に合うものを見つけることができる、
というのも、自分らしく生きる手助けに
なっているような気がします。


ごちそう♪フグ


今年に入って、ほとんど休みが取れず、
たまに取れてもマンションの理事会の仕事があり、
忙しかったヒロシ。

特にここ半月は、日付が替わる頃の帰宅が
続きました。

あやの方が遅くて、帰宅できない日もあったけど、
やっぱり年取ってる方が、身体は心配(笑)

昨日のバレンタインデーは
夕方までに帰れるということだったので
奮発して、ふたりでフグを食べに行きました~♪



この時期のごちそうと言えば、
カニとか牡蠣とかですが、
うちはどちらも苦手で、
一番好きなのが、フグなのです(*´◡`*)

大阪人は特にフグが好きで
全国の6割を大阪が消費しているらしいですね。
阪神の金本監督もフグ好きらしい。

金本さんも私らも
大阪人じゃないけど(笑)

IMG_2419.jpg


ヒロシの慰労が一番、だったのですが、
内心は、毎日夜中にご飯を作る私の
慰労も兼ねていたのであります。
(ほとんど温めるだけ、であっても・笑)

IMG_2421.jpg

このてっちりは、
身がぴくぴく動いてました~(((o(*゚▽゚*)o)))

美味しかった~!


ヒロシが会社を始めて2年が過ぎました。
なんとか持ちこたえて、
今までのつながりから
お仕事もいただいています。

今が働き盛り、
やりがいも感じているところだろうと思いますが
同じ年代の方々が
病に倒れたり、ケガをしたりということも聞きます。

元々が健康で丈夫な人ですが、
好事魔多し、
気を引き締めて、よい仕事をしてほしいと
願っているところです。


キレない老人を目指して!?


長く生きるということは、
許容量が増えることだろうと思ってました。

以前にも書きましたが
若い頃は「許せない」ことが多くて
「こうでないとだめだ」と断定し、
窮屈に物事をとらえがちだったように
思うのです。

今は多少のことは
「私もこういうこと言ってたな」とか
「前はそう思ってたな」と思えるので、
許せることが増えたなーと。

しかし、最近、キレる高齢者というのが
問題になっているではありませんか。

街中に出れば、音の洪水だし、
世の中は思いもよらないスピードで変化するし、
きっと体調だってそういいことはないだろうから
イライラする環境は確かにあるな~とは思うけど。

私も多くの人と同じようにそうなるんだろうか
なんて思って省みると
画面に嫌いなタレントとかが出てきたら
さっとチャンネル変えてたりするのよ(笑)

CMもうるさく感じて、
チャンネル変えるのよ(笑)

これがキレる高齢者の芽ではないのかと
思い始めました。とほほ。


画面で見たくない人の中に
清原も入ってたので、
「寂しい虚勢の人だったんだなー」と思うだけで、
逮捕はどうでもいいのですが、
桑田が出てきて
きれいごとのように
ぺらぺらしゃべっている様子に、
どうもイヤ~な感じがしていました。

すると、作家の吉川潮さんが

「事が起きてからいろいろ言ったって意味はない。
清原から関わらないでくれと
言われたとしても
恩師や他の友人などの力も借りて
なんとかするのが本当の友達ってもんでしょう。
放っておいてくれ、そうか、わかったと
手を引いたんじゃ何もやってないのと同じ。
要するにふたりは
友達でもなんでもなかったというのが
図らずもこれでよくわかった。

桑田が『みんなで彼を支えることが必要』と
清原の更生に力を貸すようなことを
言ってたが、そういうものは
報道陣の前で公言するものではなく
陰から見守り、人知れず手を貸すもの。
桑田の言葉からは、
自分を良い人に見せようとする思惑が
透けて見えて残念だった」

と書いていて、
あ~~その通り!と
私の言葉に表せない違和感をすっきり
解決してくれました。



プロのライターには及ばずとも
歳を重ねたなら、このくらいの言葉と
表現力を身につけたいなあと思いました。

そうなれば、キレることも
なくなるのでは。。。と
ほのかな期待を寄せています。


ネコと釣り


元々家にいるのが好きで、
ましてや先日のような寒波などがやってくると
家から出ない方法ばかり考えてしまいます。

なんとか家にある材料でできる献立を絞り出し、
用事も先送り・・・。

でも、家にずっといると、ますます
出ることが億劫になるようです。

運動不足にもなるしね、
怠けたらアカン、と自転車こいで出て・・・。



魚が釣れるのを待ってるネコ?

こんな光景に出会えたら
ほっこり、にやにやしてしまいます。
 

さてさて、今日も雨が降らないことを祈りつつ
出掛けましょうか。

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: