FC2ブログ

小さな額から思うこと

先日、ふとしたきっかけで思い出したのですが、
昔、住んでいた家に、父が書いた半紙が小さな額に入って
ありました。

壁の片隅に掛けてあったその額には
「正しく、素直に、美しく」と、端正な文字で書いてありました。
父のペン字はかなりの癖字でしたが、筆は上手だったように思います。
小さい頃見た記憶だからかも知れませんが。

小学校3年生まで暮らした実父には、
何かをして一緒に遊んだとかいう記憶はありません。
口数も少なかったですし。
私の方がもっと口数少なかったけど(ホンマやで)。
ただよく車に乗せてもらったということぐらいしか。。。
休みの日はよく油絵を描いていて、絵の具のにおいが
強烈だったことは、よく覚えています。

そんな父でしたが、その額を書いたということは
子どもに少しは託す思いがあったのかなとは想像できます。

兄の名前に「正」がついていたのと、
私の名前はそのまま「直」と「美」ですから。

「正しく」というのは、基本、そうありたいとは思っています。
今のところ、過ちはいろいろ犯してるけど、犯罪は犯してないはず。
でも、正しさはすべてではないし、ごまかしもまやかしも
あやかしだって、あるのではないかと思います。
逆もまた真なりということもあり、正しいってなんだんだ?と
迷うことも多々ありますが。

「素直に」ですが、私はずっと「素直とは無縁の、
あまのじゃくの性格だなあ」と思いながら生きてきました。
人に名前の漢字を聞かれて、
「素直の直です。」と答えるのが恥ずかしくて、
「直線の直です。」なんて、わかりにくいたとえを言ったりしてました。
この時点であまのじゃくですが(笑)

それでもここ数年、マッサージや鍼を受けたりしたとき、
「すごく反応が素直だ」と言われたりします。
ほぉ、性格は素直でなくても、身体は素直だったりするんだ
と、妙に嬉しかったりしました。
だからこの頃は、聞かれたら「素直の直です。」と答えています。

「美しく」はね、これまた、流行りのアンチエイジングとは
無縁の生活でございます。
まあ、負け惜しみに言いますと、心の中だけは
自然に、美しくありたいってところですね。
胸のうちは、少しでも清らかな水が流れるように
自分に嘘はつかないように心掛けているこの頃です。

そんな私が、まだ信じられませんが!50歳を迎えました。
大きな病気もけがも経験したことのない、
健康に恵まれた半生でした。
これからは、自分のことも大切にしながら、
家族に、周りの方々に、困っている人々に
少しでも恩返しができるような道を歩みたいです。


今、気が付いたけど、ヒロシの本名にも
「正」がついてますぞ!
ヒロシくん、「正しく」生きてるか~~ぃ!?

正しくは・・?

お店で夕食を食べて、レジで支払しようとしたら
代金を入れるトレーに

「5000円札が不足しています。
お客様のご協力をお願いします。」

って手書きで書いてあった。
おせっかいなおばちゃん(=私)は、思わずレジの若い女の子に
「これ、字、間違ってるよ。」って言ってしまった。
だって、みんなが目にする場所だし、
見てたら私まで恥ずかしくなったから。

車に戻って、ヒロシに
「レジのトレーに、お客様のご協力をお願いたおします
って書いてあってん!」と言うと、
「お願いたおされたん!にんべんがついてたんや。」って
大笑いされて、ふと考えた。

ありゃ?すって字じゃなかったな。

私「あ、倒すと違うわ、にんべんがなくて、りっとうがある方。」
ヒロシ「??・・・ああ、そっちか・・・。」

そして、だんだん自信がなくなってくる私。
今回、字は確かに間違ってたからよかったものの
もう余計なおせっかいは慎みましょう。
あとで、どきまぎすることになるわ(笑)

夏の京都満喫

このお盆9連休のあやと京都に行ってきました。

お昼は、あやがチョイスしたお店「百足屋」さんで。
なんちゅう名前やと思ったのですが、
お店の場所が百足屋町にあるのでした。

写真 5

「ようこそ、おこしやす~」という声に迎えられると
京都に来たなあ・・・と思いますね。
写真左側に飾られているお道具は・・・。

写真 4

よくできてます!
ドールハウスのようになってました。

写真 3

座った席から入口の小物が並んでいる場所を撮ったのですが、
手前のガラス戸の錠が、懐かしい!!
昔の家には、こういうのがついてたなあ・・・。
今の防犯を考えたらなんとも頼りないですが(笑)

おばんざい店

お昼のお弁当、おいしくいただきました!

そこから歩いて、錦市場へ。
私は初めて行ったのですが、意外に狭い通りなのね!
でも、こんなににぎわっている市場は、今、ほかに知らないので、
嬉しい気持ちになりました。

錦市場

漬物屋さん、こんなにたくさん樽が並んでるのとか、
魚屋さんの威勢のいい声とか、活気があって、懐かしくて
予想してた以上に楽しかったです。

ほうじ茶アイス

あやがおすすめのほうじ茶アイスを初めて食べました。
抹茶アイスより甘くなくて、後味もすっきり、おいしかった!


台風一過の京都、曇りがちだったので、
覚悟していたほどの暑さではなかったのですが、
バスに乗りながらも歩き続けて、香木屋さんとか寄って・・・。
疲れたところで、通りすがりのカフェに入りました。

栞栞カフェ2

「栞栞カフェ」
2階建の町屋を全部カフェにしていたので、広々としていて、
本やマンガも置いてあって、時間をつぶさないといけなかったので、
ちょうどよかった(笑)

栞栞カフェ1

私がいただいたのは、「おからんころん」と名付けられたケーキ?ですが、
材料は、国産おから、有機豆乳、国産大豆、バイエッグで、
小麦粉は使われていないというもの。
紫いも味を注文したので、ほんのりした甘さがあり、
珍しさも手伝っておいしく感じました。

女性のオーナーさんが、初めての私に
ケーキやマンガの説明などをしてくれました。
人懐っこく、でも、なれなれしくない適度な感じが
私には好印象だったのですが、
あやは、食べ物はおいしかったけど、あんまり好きな
感じじゃなかったと言ってました。

メニューが豊富で、どれもこだわりの材料を使って
自信をもってお客様にお出ししてるの、と
自負してる感じが見え過ぎた、
もしくは、閉店時間ぎりぎりに入ってくるお客さんが多いことを
愚痴っていたように聞こえたのが
あやはちょっと引いたのかな、とも思います。
本人には聞いてないから知らないけど。

同じ時間に行って、同じようなメニューを食べていたのに、
当然だけど感じるのは、人それぞれ。親子でも。
味覚も十人十色だし、飲食業、接客業というのは、
本当に難しいものですね。

そして、夜、堀川で最終日を迎えた「京の七夕」を見に行きました。

京の七夕1

これが今回の京都のメインだったんですが~

京の七夕2

う~~ん、いまいち(笑)
前日2日間、台風で中止になってたので、
展示品を撤去したまま最終日を迎えたようなんです。
なので、なんだか変にスペースがあいてて、さびしいの。

京の七夕3

でも、一日、遊んで食べて、楽しかったです。
仕事を辞めて、すっかり体力もなくなったと感じてたけど、
夏にこれだけ歩けたのは、ちょっと自信になりました。

あやとふたりで出かけることも減りましたが、
たまにはええなあ、と思えた一日でした。

旅行にしても、本にしても、情報番組にしても
自分が楽しみや知識を得たいと期待したものを
100%満足させてくれるものには出会えないから
せめて7割・・いえ半分でも良かったと思えたらいいなと
考えるようにしています。
何にでも、そう多くを期待しないで、
ゆる~~く関わるようにすると
わりといいように感じています。

今回残ったのは、
楽しかった(美味しかった)思い出と足の筋肉痛・・・。
しばらく味わいます。いてて・・・。

元気です、いろは

久しぶりに、いろはの様子を。

はしる

時々、床を走るので、尾が汚れてます。
走ってるとこも、かわいいんだけど~。

さいふ

私の財布をつんつん。
みわちゃんがくれたストラップは、いろはの写真を持って行ってくれて
作家さんが描いてくれたものです。
幼い頃のいろはの表情にそっくりなの~V(^-^)V

とうもろこし

とうもろこし、食い散らかす(笑)

はかり

朝、起きた直後の体重は34グラム。
増えたなあ、以前はずっと32グラムだったのに。

3はかり

夜、寝る前は、食いだめするのだろうけど、36グラム。
私が「うわあ~~~!」って大騒ぎすると

2はかり

片足外して、33グラムになってた(笑)

ろう膜の色は、ここ最近また悪くなって、紫がかった茶色に
なっています。
精巣腫瘍が進んでいるのか、甲状腺か、
今、投薬を続けていますが、
よくはなっていないと思われます。
病状が進むのは抑えられているのかもしれませんが。

いろんなこと・・この暑さの中の通院とか、
検査を受けてどうするかとか、
現状の元気な様子とか、
私が家にいるようになって、かまいすぎか?とか
この子にとって、もし苦しい闘病に入るならどうするか、とか
私なりに考えますが。

今は、楽しく、元気に、一緒に笑って過ごせたら
それが一番ありがたいことだと思っています。

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: