FC2ブログ

私的バードウィーク開催中!?


ラジオから聞こえたお話。

確かテーマが「嘘みたいなホントの話」に送られてきたリスナーからの
投書でした。

投書した女性は、学生時代、1羽のセキセイインコを飼っていて、
いつもそばで、ぺちぺちとノートなどをかじっていたそうです。

とてもかわいがっていたのですが、しばらくして天国に旅立ち、
彼女は2年くらいペットショップなどにも行けないくらい
さびしい日々を送ったとか。

そのまた数年後、何気なく、本当に何気なく当時使っていた
フランス語の辞書を見たら、1か所よれているようなページがあったので、
開いてみたら、そのインコがかじって穴を開けていたんですって。
そして、その穴のあった場所の言葉が、
訳すと「忘れないで」とか「覚えている」という意味の単語だったって。
見たとたん、しばらく号泣しました・・・というお話でした。

英語でいうと、rememberなどの単語になるのでしょうか?(自信なし)
そのフランス語の辞書は、今、息子さんが使っているそうです。

目に見えないことの不思議さって、確かに、ありますね。
人間が科学などで解明しないでほしい、なんて思っちゃうのですが(笑)
私もほろりとしてしまい、またまた鳥が好きになってしまいました。

なもんで、出掛けたついでに、夙川(しゅくがわ)に行ってきました。
「ダーウィンが来た」では、カワセミが見られる街中の川と
紹介されましたが、それはかなり上流の方で、
私が行ったのは、海につながる河口近くの下流です。

お目当てはこちら。
カルガモの雛たち♪
だけど、ちっちゃい被写体になかなか近づけない。

カルガモ 雛

数メートル離れている場所からでは、これが精いっぱい。
実際探すのも見つけにくいけど、スマホを通して見ると、
岩かカルガモの雛か、わからへん。
まあ、これが身を守るのに大事やもんね。


カルガモ 親子

あんなちっちゃいのに、彼らの泳ぐスピードは驚くほど速くて!!
私は追いつこうと急いで足がからまりました。

よく親の後をよちよちと歩く姿が放送されたりしますが、
こちらは雛が先に行って、親が後から見守るようについてきてました。
雛は全部で10羽。
みんなが親鳥になれることはないだろうと思うと、
厳しい自然を生き抜いてガンバレ!って応援したくなる。

ツバメ ゲート上

うちのマンションの駐車場ゲートの上に止まってるツバメも
これ以上は近づけません。

このゲートのすぐ上の巣で、先週末、雛が生まれたようです。
ヒロシは雛の口を見たと言いますが、
私はまだ鳴き声しか聞いてなーい。
こちらも1羽でも多く、無事、巣立ちますように。

ふたりランチとひとりカフェ

あやはこの4月に社会人になり、2ヶ月の研修のあと、
大阪支店に配属になりました。

今のところ、靴擦れとか以外は(笑)体調を壊すこともなく、
元気に楽しそうに勤めています。
何もかもが初めての経験なんだから、
緊張もあるだろうけど、新鮮な毎日なんでしょう。

営業職なので、先輩について外回りのこともあれば、
デスクワークも多いようです。
それで、一日会社にいるときもあるので、
お母さん一緒にランチしよう、って言ってくれたので、
ほいほいと出掛けてきました。

いやあ~平日のオフィス街なんて、久しぶりに見るわ~!
私までOLに戻った気分になった。むふふふ。

サンドイッチファクトリー店内

大きな公園前で、木々の緑が見えるサンドイッチのお店で、
ランチをいただきました。

ランチ

あやの会社はお昼休みが45分間なので、
ちょっと慌ただしく、食べたら「じゃあね!」って感じでしたが、
私はなんだかとても満たされた気分を味わえました。

ついこの前まで、私がOLだったのに(!?)
今、こうして娘が働くようになったのを実感しての感慨・・・でしょうか。

蒸し暑い日でしたが、あやと別れてから
公園を散策し、テニスを見たり、終わりかけのバラを眺めたり
のんびりしました。

その後、気分もよく、地下鉄を乗り継いで、
行きたかったお店に!

天満宮と繁盛亭

駅からすぐのところにある、大阪繁盛亭
落語を寝ないで聞けるようになったら一度は行ってみたいところ。

そして、大阪天満宮に。
ヒロシもあやも大阪で仕事させてもらっているので、
よろしゅうお願いしますと柏手を打って、
参道にある、「駒鳥姉妹店」へ。

こまどり本

こまどり店内

ことりドーナツ

小鳥の形のドーナツ。ナポリ式というおいしいコーヒー。
本、それも鳥関係ばかり。雑貨も鳥ばかり。
んーも~~~っ!好きなものばかり過ぎて、鼻血出そうだったじょ。

あちこちに鳥がいるのだ。

こまどりカフェ

すべて大満足だったんだけど、8席の小さなお店、
入口のドアはオープンされていて、
あちこち歩いてきた私は暑くて・・・・。
扇風機の前の席を陣取ったものの、蒸し暑さがなかなかひかなかった。
ま、私が暑がりすぎるのだろうけど。

今度はもう少し涼しい時期に行きましょう。

お腹も心も満たされて、夕方帰ってきた私にできたものは、
両足の靴擦れでした~~(≧∇≦)

淡路にて

定年退職した従兄が、淡路島に自分で家を建てています。
数年掛かりで、まだまだ完成までいかないようですが、
その家に初めて遊びに行ってきました。

淡路ブランコ

庭にある大きなエノキに、ブランコがふたつ吊してあって、
これが子供たち(従兄の孫たち)の人気スポットです。
目の前には瀬戸内の海。
この日はあいにく小雨もようのお天気でしたが、晴れたら
対岸に播磨のきれいな景色が望めるそうです。

この木の裏側には、こんなものも・・・。

巣箱

手作り巣箱。入居者募集の貼り紙がありました(笑)
駐車場にはツバメの巣もありましたが、巣立ったあとでした。
会いたかったな~。

淡路

このウッドデッキに座って飲むコーヒーは最高でした。
風が心地よかった~。

で、この日のメインイベントは、びわ狩り。

びわ狩り

実が小さいうちに袋をかけて、木に虫がついたら薬を入れる。
だけど、実には薬はかけない。
イノシシに取られるので、柵を作る。
熟してきたら枝から実が垂れてくるので、それを採る。
実は上下をつまむように持つ。
・・・・・知らないことばかりでした。

びわ


私は虫が大の苦手なので、土いじりは好きでないのです。
なので、野菜やお米を作ってくれる人にはいつも本当に感謝しています。
いや、ほんと、できないもん、私。
でも、お米も野菜も果物も人一倍食べたいんだよね~。

農作物ってこうやって手間暇かけて、人間の知恵とともに
作られてるんだなあ、って改めて実感できました。

でも、不思議なことに、このときは、でっかいかたつむりにも出会ったし、
いろんな虫が飛んでたけど、ちっとも不快ではありませんでした。
どうってことなかった。触れないけどね(笑)
いつもなら「ぎょええーーーーっ!」って大騒ぎしてるとこなんですけど(笑)
都会の方で見る昆虫にはびっくりするけど、
緑に囲まれた場所で見かけてもそれが自然だから気にならなかったのかな。

マムシにも気を付けてって言われたけど、
そちらには、会えませんでした(これは、ほっとした)。


もうひとつのイベントは子どもたちの手形をとること。

手形

従兄がセメントを練って、2歳と3歳の子供たち3人の手形を
とりました。

手形2

ひとり、「僕はグーでする!」って言ってた子も
なんとか「パー」で型を取りました。
このあと名前と日付が入って、いい思い出で残ったね。


車で少し走ったところに「焼き穴子」のお店がありました。
次から次へと炭火で焼かれていて、いい匂いが漂っています。

焼き穴子

この店のおばさんたちの無愛想さにも驚いたけど、
焼いてるおばさんふたり、素手なのにもびっくり!あちちちち!だよ。
タレで、網が焦げるから時々交換するんだけど、
その網を交換するのも、穴子をひっくり返すのも、
網を持ち上げて炭を足すのも、全部素手でささっとやっちゃう。
お箸を持っている方だけ軍手はめてるけど、
熱いもの触る方は素手って・・・・。
これも職人技ってことでしょうか。

その分(?)本当においしい焼き穴子、ごちそうになりました。


今回のびわ狩りは、ほとんど手伝ってないけど、
あやが幼稚園の頃に行った栗拾いもすごーーーく楽しかったのです。
木をわっさわっさ揺らして、栗を落とすの。
あのとき採れた栗より大きな栗って、まだ見たことない。
今でもあやも覚えていて、「あれは楽しかった」って言います。

思えば、30年以上前だけど、従兄に連れて行ってもらった
わかさぎ釣りも、いまだ鮮明に覚えています。
さむーーい場所で、氷に穴をあけるって大変だったし、
その小さな穴からまっすぐわかさぎを釣り上げるのも結構難しいの。

こういう実体験というのは、いつまでも心に残る、
その後もずっと心を潤わせる経験なんだなあと思います。

この空気のおいしさも、虫を見てぎょっとなることも、
イガ栗の痛さも、氷の冷たさも
実際見て、聞いて、さわって、におって、感じるものは、
3Dか4Kかよう知らんけど(笑)
パソコンやテレビ画面の中では味わえないもの・・・ですよね、きっと。

私にまた新たに、楽しい思い出をくれた皆さんに、
感謝の一日でした。

自転車で散歩

今日はいろはと歩いて散歩(兼、買い物)に出掛けようと、
一旦家を出たものの、目的地まで歩いて帰ってきたら
1時間半はかかるなあと思ったら、どうも気が重くなってきました。

無理はしない生活を心掛けているので(笑)
自転車にいろはを乗せて出掛けることにしました。

自転車前かご

ずいぶん前に、あやが一度自転車に乗せたことがあるけど、
私は初めて。
バイクより、そろそろと運転しました~。

それでもこのガタガタ感、最初は何事か!?って感じで、
止まり木から降りて、網に張り付いてましたが、
帰りには、「そうだよね~!」って、しゃべってました(笑)

いろはを袋に入れて、ドラッグストアに入ったのだけど、
その間は鳴かずにおとなしくしてたから、よかった。

私はいろはを病院に連れて行くときは、いつも車だけど
鳥をバイクに乗せて15分で連れてきたって人も
自転車の人も、
電車で1時間以上かけて来たって人にも出会います。

生き物って、いろんな環境に、ある程度は順応できるように
なってるんだろうなあ。
健康だったら、だけど。
飼育下では順応するしかないか。。。


いろはの単調な生活に、今日は少し刺激を与えてみたのでした。
キャリーの中は、水のような便になってたし、
私もちょっとどきどきでしたが、今もごきげんでしゃべってるので、
ほっとしてるところです。

ひとりランチ

時間があるっていいなあ~♪
あわてて家に帰らなくても、急いでご飯作らなくても
充分時間はあるんだもん。

絶えず「次は何をするか」優先順位を考えて、
できることから手を付けるって、クセがついてしまってたけど。

ご飯食べてる時は、もう片付けることを考えてたし、
録画したドラマや映画は、早送りで見てたし(笑)

なんだったんだろう・・・って思うけど、
その時はそれで精一杯だったんだもんね、仕方ないよね。

そのせっかちなクセは止めたいと思って、
友達としゃべってる時、おいしいものを食べている時、
「あ~今、楽しいなあ。幸せ~~♪」って
確認するようにしています。
でないと、また、すぐに次のことを考えてしまって、
せっかくの楽しい時間が過ぎてしまうもの。

今は、友達と会うことも増えたけど、ひとりでぶらぶらすることも
増えました。
これが、また楽しくて。
駅方面に出掛けて、2~3時間ぶらぶら歩いて
帰ってきたりしています。

ひとりでお店に入れないって女性、よく聞きますが、
私は平気なんで、通りがかったお店でランチしちゃったり。

kuku

kuku

kuku

ネットか雑誌で見たことあったけど、歩いてないと気が付かなかった。
お客さんがいなかったので、店主さんに断って、
写真を撮らせてもらいました。

kuku

ハーブソーセージ入りのポトフを選んだのですが、
これがと~~ってもおいしかった!
本も持って行ってたし、少しゆっくりしたかったけど、
隣に座ったおしゃれなママさん3人組の話し声が大きくて、
(子供のランドセルが投げられた話題で、エキサイトされてました)
そそくさと出てきてしまった。



駅に今年もできているツバメの巣。

つばめ

先週、こんなに大きな雛に育っていたので、今週はもう巣立っていないかな
と思っていたら・・・・。

つばめ

これ、明らかに雛に餌をやっている感じなのです!
2回目の子育てかしら♪
見ていたら3分に1回は、巣に戻ってきて餌を与えています。
えらいなあ。。。
そして、巣立ったらしき雛たちも3羽、巣の近くに飛んで戻ってきてたけど、
巣の中に入ることはありませんでした。

あ~また、気持ちがほかほかになりました。

うちのマンションでは、今、ツバメの親がたぶん抱卵しています。
がんばれ~~~!!

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: