FC2ブログ

のび太のひとりごと

僕の名前は「のび太」です。
ヒロシっていう人の家に時々お邪魔して、ご飯をもらっているスズメです。
ここのおうちには、青くて、頭だけ黄色い鳥がいます。
だからその子のご飯や白いご飯粒をちょっとわけてもらえます。

僕のお母さんのことをもち子ってこのおうちの人が呼んでました。
僕のお父さんはもっちーだそうです。

僕がもち子母さんからご飯をもらってるのを見られたことがあって、
それ以来、親子だって思われてます。

僕が尾をぴくぴく上下に動かすのが、もっちーそっくりだ!って
お父さんはもっちーってことになってます。

もっちー父さんともち子母さんは、このおうちのリビングに時々入って
ご飯を食べてました。

もっちーともち子


僕も食べたいと思っているのだけど、でもなかなか勇気がなくて
いつも背伸びして見ているだけだったので、
その様子を見てたおうちの人たちが僕のことを
背伸びの「のび太」って呼ぶようになったんです。

僕には兄弟がいます。
背中の羽がまだ白いので、「白ちゃん」って呼ばれてます。

まったくここのうちの人は勝手に名前をよくつけます。

白ちゃんと僕は、最近ここのリビングにお邪魔できるように
なりました。

でも、ここの家の人は留守が多いので、誰かがいたら
ラッキーなんです。
ご近所の迷惑になったらいけないから小さくなって来るのよって
言われるけど、これ以上小さくはなれません。



ついこの前の暑い日。

僕はこのおうちにお邪魔しました。

お父さんがちょっとご飯をくれたので、食べたら、
急に動けなくなってしまいました。

そこにあやちゃんが来て僕のその様子を見つけ、
それからふたりが大騒ぎになりました。

だって、僕、口を開けたまま、固まってしまって、
動けなくなってしまったんです。
自分でもどうなったのか、よくわかりませんでした。

でもそこのうちのお父さんとあやちゃんが
スプーンで口にお水を入れてくれました。

ごくごくと飲めたわけじゃないけど、
口からも入ったし、身体にも少しかかりました。
しばらくしたら動けるようになりました。

ちょうどそのとき、少し雨が降ってきました。
ほんの10分ほどの間でしたが、ベランダにいて、
雨を浴びました。

そしたら、今までのように飛べる気がしたので、
白ちゃんを探しに行きました。

お父さんとあやちゃんをびっくりさせて、心配させてしまったので、
夕方「元気になったよ」って白ちゃんと
また遊びに行きました。

帰ってきて、話を聞いたここのおうちのお母さんも
喜んでくれました。

お父さんは「次はおかゆ、やらないとな」とか
言ってました。





のび太がもち子の子かどうかはわかりません。
白ちゃんとも兄弟かどうかはわかりません。
そもそもオスかメスかもわかりません。
でも、最近姿を見せなくなったもち子と
もっちーの子どもだったらいいな、と勝手に思っています。

のび太は、熱中症のような症状だったのかなあ?と思います。
自然界では、そうやって命を落とすことって
珍しくないのでしょうね。



毎晩、いろはも含めて、一生懸命に生きている鳥たちを
どうぞお守りくださいとお願いしています。
ひとりよがりと笑われるかもしれませんが、
その願いが届いたような不思議な、
そして、一度だけでもその手助けを
うちの家族ができたことが奇跡のように嬉しく思えました。



今も大好きなもっちーは私の財布にいつもついていてくれます♪

もっちー財布

暑中お見舞い申し上げます


梅雨明けしたとたんの猛暑、
みなさま、いかがお凌ぎでしょうか?

天気予報を見るだけでもぐったりしそうですが、
私たちは元気にしています。

この仔も元気におしゃべりしてますが。


いろは

ここ数ヶ月で、体重が増えてます。
ずっと32~33グラムを行き来してたのに、
ご飯をたくさん食べたあとは、史上最高35gまで!!

iroha.jpg

「太ってごめんなさい」をしてるポーズ・・・じゃないな(笑)

インコにも中年太りってあるのかしら?

いろはとあやが遊んでいて、私が別の部屋から呼ぶと
きょろきょろと見回して、私を探して
廊下を曲がって飛んでくるのがかわいくて。

「ぴよちゃーーん!どこ~~!?」とかって
呼んで遊んでたら、この前いろはが
「お母さん、どこ行ったの~?」って
しゃべってたのには笑っちゃいました。

「もっちー!かわいっ!」とかもおしゃべりしてます。

そして、私たちが夕食を食べ終わったあとにはいつも
「食べたの~?」「食べたんでしょ?」ってしゃべる。
ほかの時間にはしゃべらないのに。

そうしゃべったら私たちがおもしろがって
笑いながら返事するのがわかってるのかな、とも思う。




昨日、スリランカのゾウが湖を泳いで渡っている映像を見ました。
食べる物が減ったとき(そういう場合ほとんど人間が関わっているんだけど)
湖を渡った先にはおいしい草があることを
ゾウは一度覚えたら一生忘れなくて、食べるために
500メートルも泳いで渡るらしいです。

犬かきのような泳ぎ方らしく、鼻先は水面から出して、
決してすいすいというわけではないけど、
とても胸が熱くなる、感動的なシーンでした。


マンションのツバメは2度も巣を壊されて、
今、まだ抱卵しているようです。

この暑さで、大丈夫なんだろうか。。。。

毎朝、毎夕、巣の下を通る度に
「つーちゃん(ツバメだからつーちゃん)頑張ってね」って
声を掛けたら、「なにか用?」って感じで見つめられます(笑)


小さな鳥も、大きなゾウも
生きることに懸命になっている姿は、
ちょっと弱ってる私に大きな力を与えてくれています。


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: