FC2ブログ

「大河の一滴」

昨年に母の友人の方からたくさん本をわけていただき、
ぽつりぽつりと読んでいます。

かなり年配の方ですが、私の好きな作家の本が多くて
喜んで、そして遠慮なくもらってきました。

その中の一冊、五木寛之さんの「大河の一滴」を読みました。

若い頃に読んだら説教くさいと思うか、
あまり意味がわからなかっただろうと思う。

けど、今はほとんどの言葉に実感を伴って読めるので、
なんだか一字一句確かめるように読むと
かなり時間がかかってしまいました。

でも、今まで読んだ本も映画も見事に忘れていってるので、
また忘備録のように、印象に残ったところを書き留めておきます。


アメリカの生物学者が、30センチ四方の木箱に砂を入れて
1本のライ麦の苗を植え、4ケ月育てた。

ひょろひょろと実もあまりつかず、貧弱なライ麦が育った。

そのあと、箱を壊し、ライ麦の根の部分、根の先の根毛とか毛根とか
目に見えないものも顕微鏡で細かく調べて、その根の長さを
全部足したら、1万1200㎞に達した。

1本のライ麦が数ヶ月、1万1200㎞の根を細かく張りめぐらして
養分を休みなく努力して吸い上げながら、
それによって命をながらえる。
命をささえるというのは、じつに大変な営みである。

そうだとすれば、そこに育った、たいした実もついていない
貧弱なライ麦に対して、
おまえ、背も低いじゃないか、とか、色つやもよくないなとか
非難したり、悪口を言ったりする気になれない、
よく頑張ってそこまで伸びてきたな、
よくその命をささえてきたな、と賛嘆の言葉を述べるしか
ないような気がする。


と書かれていました。

読んでいて私はもうそのライ麦が健気で、愛おしいようにさえ
感じました。
それは、きっと若い頃には、よくわからなかった感覚ではないかと
思います。



私は、今までも職場や周りに、よく働く人が多いのです。

朝早くから起きて、家族のお弁当を作り、
パートの仕事をして、帰ってからも家事に追われ、
毎晩午前様の旦那さんを駅まで車で迎えに行き、
2時ごろに寝るとか、
夜中のパート仕事と掛け持ちで、昼間も働いてるとか、
私にはとてもできないなあと感じることが多くて。

そう思ったら、私なんて、まだまだだ、って思うことが
多かったのですが。

だから手が痛いとか、肘が痛いとかもなんでこのくらいで!と
嘆いてばかりだったのだけど。

でも、私の身体もよく頑張ってくれているじゃないと思い直し、
毎晩、「よく働いてくれてありがとう」と
痛い個所を自分でさすることにしました。なでなで・・・(笑)

私の見えないところでもよく働いてくれている我が身を
もう少し大事にしようと思っているこの頃です。


まだ、この本では、感動したことがたくさんあったのですが、
長くなるので、また次の機会に。

もっちーずの砂浴び

今日、もっちーともちこの間に微妙に隙間風が吹いている感じが
しました。
もっちーがもち美?にちょっかい出したせいか?(笑)


つい先日までこんなに仲が良かったのに。。。

ヒロシが腕をぶるぶるさせながら撮影しました。







また仲良くなったらいいのにな~。

ずっと仲良く一緒に暮らすのは、お互いの努力が必要なのね。
人間もスズメも同じ・・・ですよね。

もっちーともちこ

もっちーは、もちこと仲良しです。

ヒロシが、頬の模様でもっちーともちこを
見分けることに成功しました。





仲良く平穏に暮らしてたのに、
最近、第二の彼女ができたのか、
ときどき1羽が現れて、もちこが彼女を
追い払います。

今日は、もちこが彼女を追い払ったあと、
もっちーに詰め寄って、
「ちょっと!あなた!どうなってんのよっ!」
って感じで、つつかれていました。

でも、もっちーは、のほほんとしています。

ヒロシと映画を見ていたのですが、そちらの様子の方が
おもしろくて、映画を止めて、見入ってしまいました。

三角関係となり、目が離せない展開になるかも!?

でも、夕方にはもっちーともちこがのんびり
過ごしていました。

外は寒いのに。
仲良く、元気でいてね。

おもしろいこと集めてます

私の中で、私が勝手に思い込んでいる法則があります。

いつも悲観的に物事を受け止めがちな人には、悲しいことが、
楽しいことが好きな人には楽しいことが集まってくる、
という法則です。

客観的に見たら、そう悲しいことでもないのに、
ご本人にしたら悲しく受け止めて、
また悲しむことが増えるとか、
そんなに楽しいことでもないように思えるけど、
ご本人はとても楽しそうだ、ってことも
あるとは思うのですが、
より集まるってことが多いように思うのです。

すぐ腹を立てている人には、
トラブルが寄ってきているような気もします。

だから、あまりに凹むときは、それ以上嫌なことを
引き寄せないように、空元気でも出した方がいい
っていうのも私の中の法則です(笑)



前回、私は何でも面白がる性質だと書きました。
そうしてると、なんだかおもしろいことが
寄ってくる・・・ような気がしないでもありません(笑)

昨日の仕事中のこと。

工場の2階での作業中に何度か流し台で、
布巾などを洗うことがあります。
ところが、社員さんがやってきて
「今、ちょっと水を流せないので、向こう側の流しに
行ってください」とのこと。

なんで?と思ってると
「どうも排水溝が詰まってて、1階の事務所の社長の
頭の上に水が落ちてくるらしいんです」

よりによって、社長の頭の上に水漏れ!!
そんな、マンガみたいな話を聞いて、想像したら
もう笑いが止まらなくなってしまった。。。

帰って、ヒロシに話して、また大笑いしたけど、
「それはかなり重症やで。
汚水がどこに回ってるかわからんで」って。

築25年の工場、そろそろきちんと改修工事した方がいいよぉ~。

大きな事故になって、笑えなくならないうちに、
是非きちんと補修していただきたい。
いや、ほんま、まじめに言ってます、私。

笑える?笑えない?

なんだか最近、職場では私が歩いてるだけでおもろいと言われます。
こちらがマジメに話しかけてるのに、相手は笑ってることも多いです。
なぜなんだ?
私、わりとマジメに仕事してるつもりなんですけど?

そう言えば、前の職場でもそう言われて笑われてたなあ~。


ワタシ、根っからの関西人であり、母がおもしろい人のせいか、
絶えずおもしろいことを探すのがクセになってます。
どんなことでも基本的に「おもしろがる」というのが
刷り込まれているのかもしれません。

自分の失敗でもおもしろかったら話して笑うし、
人のことでも思い出して笑うこともよくあります。
失敗は、笑ってもらえて救われた気分になることもある、よね?
触れたらいけない失敗ももちろんあるけど。

家に帰って家族とまず話すのは、今日のおもしろかった出来事。

職場の若い人は、お笑い番組が多い時代に育ってるせいか、
話しててもおもしろいネタを持ってるから
どうやって切り返そうかと、私なりにいつも考えています、
結構必死になって(笑)
ただゲラゲラ笑ってしまうだけのことも多いけど。

そんな私ですが、笑えないこともあるのです。

ご本人は冗談と思ってるんだろうけど、
そのツッコミの中に意地の悪さとか、人を小馬鹿にしてるとか
見下してるとか、そういう悪意が見えると
どんな冗談でも笑えなくなります。
相手をコテンパンにやり込めたって、楽しくはないのです。

逆に、言葉は鋭くてもなんだか笑ってしまうってこともあります。
それは、その人が相手を尊重してくれていて、
一緒にその状況を楽しんでいるときだと思います。


人を心の底から笑わせられるって、本当はとても難しいことなんだと
新人のお笑い芸人のようなことを考えています。

って、こんなにいつも笑いのことを考えてるから、
歩いているだけで、笑われるんでしょうか?


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: