FC2ブログ

眠れ~~眠れ~~♪

ヒロシが勤める会社の社長から兵庫県立芸術文化センター
公演チケットをもらったので、(たまには社長もええとこあるやん)
出掛けてきました。

シドニー交響楽団とかいうところの公演だったので、
クラッシックやん!ジーンズはアカンで!と
ヒロシに言って、いつもと違う格好で出掛けました(笑)

会場は震災復興のシンボルとして建てられたところで、
私は大好きな会場だけど、ヒロシは初めてだったので、
そのホールに入れたことも良かったと思います。


最初は40人ほどのオーケストラ演奏でしたが、
(日本人の女性バイオリニストがソロだった。
ソロの人ってまったく楽譜見ないのに30分近く演奏するのね。
頭の中、どうなってるんだろう。)
後半は100人ほどで、迫力倍増でした。


でもねぇ、クラッシックに詳しくない上に、
1曲も知ってるというか、なじみの曲を演奏してもらえなかった。
これはもう・・・寝るよね?

隣3席は、それぞれひとりで来ている人だったので、
拍手にも力が入ってて、よほどのクラッシックファンだなあと
思ったけど、その人でさえ、一度は寝てたもん。

出番の少ないシンバルの人も頭かいてたもん。

そのわからん私が思うんですけど、
交響曲の演奏っていうのは
その音のすばらしさがわからなくても、
その指揮のすばらしさが理解できなくても、
きっと身体には心地いい音楽なのよ。

だって、あの演奏を聴きながらの居眠りって
最高に気持ちいいもの。
身体に良いリラックス効果のある物質が
細胞の隅々まで染み込んでいるんだろうと思います。

クラッシック聴いて、腹が立つとかないもんね?

わからんながらも、心地よい時間を過ごせました。
感謝。


3歳8ヶ月健診

本格的に寒くなる前にと思って先週、いろはを健康診断と爪きりに
病院に連れて行ってきました。

キャリーに入れると、いつも水便をしていたいろは。
今回はなぜかそれもなし。
緊張感もなし。

行きの車の中で、「今日はドライブに行けて楽しいね!」って
声をかけたら「チュウ~~~♪」って返事してた。

でも、病院の待合室で一緒になったチワワを見て、
止まり木から落ちるくらい動揺してたヾ(≧▽≦)ノ
初めて見たわけじゃないと思うけど。

先生につかまれる時だけ、ぎゃぎゃぎゃと大声で抵抗してみたけど、
あっけなく御用となり、あとはおとなしい仔になった。

検便、問題なし。
体重32グラム変化なし。骨格、筋肉問題なし。

あ~~良かった。

あまり突っ込んだ話ができそうな先生じゃないので、
それだけで、問題なければ、もう良しとすることにした。

本当は骨盤の開きのこととか、聞きたかったけど、
たぶん先生は問題にしないだろうなあ。

以前に一度、発情行動についてとか聞いてみたら
「まあ、自然のことですから」で終わっちゃったし。

とりあえず、今は元気に食べて、飛び回ってるので、
いいことにしようと思う。

この先生のいいところは、爪きりが抜群にうまいのだ。
今回も止血剤は必要なし。

私はかなり爪が伸びたと思って連れて行ったのに、
先生は半年経ってこのくらいなら、普段の生活でよく削れている方ですよ、
って、ほめて(?)もらった。

あれだけ、ケージの中で動いてるんだもんね。
そりゃ、爪も削れるでしょう。
人間で言えば、ずっとスポーツジムにいるようなもんだものなあ。
私が見てないときは、さぼって寝てるんだろうけど(笑)

ここで、写真1枚くらい置きたいところですが、
品切れ・・・すみません。

とりあえず、元気なご報告まで。


4ヶ月経過

今の仕事始めて4ヶ月が経ちました。

月に10日~14日くらいしか出勤しないので、
なかなか職場の人と話す機会も少なくて。

ただ同じチームの人達とは、ずいぶんいろんな話が
できるようになりました。

若い人達も私には気を遣うだろうなあと思いつつ、
仲良くしてもらってます。

ただ年がうんと上なのでまだ遠慮があるのか、
私が少々ボケてもなかなか突っ込んでもらえません。
ISHIIちゃんくらい突っ込んでくれる人が
いてほしいなあ~(笑)

というか、私よりずっと強力な「天然」の人が
いるからなあ。
うちのリーダーさんだけど、私などもう太刀打ちできない
すばらしい天然(爆)

でも、仕事に対してはとてもまじめに取り組む、
なかなかおもしろい人です。

もうひとり若い人は、よくおしゃべりする人なんだけど、
風邪気味とかでしゃべれないともっと調子が悪くなるらしい。

私らの手作業の仕事っていうのは、今まで私が見てきた人も
みんなしゃべると、普段いくら速い人でも
必ず手は遅くなってたけど、
彼女はしゃべればしゃべるほど加速するように速くなる。
指がくるくるっと気持ちよく動く、その手元を見てるのが
楽しい。

私は夕方になったらもう指がいうこときかないんだなー。
そういう点は、本当に若い人がうらやましい。

それに、性格は実にあっけらかんとしているの。
細かいことに気もつくし、物事もわかってるんだけど、
自分のスタンスを貫くという感じ。

でも、ふたりとも言うべきことは誰にでも言うって
はっきりしていて、うじうじしてないので、
すがすがしくて気持ちがいいから好きだなあ♪



先日、他のチームで仕事をする機会があり、
勤続30年以上という超ベテランの人の横で
初めて一緒に仕事した。

いつも厳しい顔をしてて、「怖い」って評判の人だったので、
私も緊張したけど、ごく普通の人で、
話してくれることも、ごく常識的なことだった。

それによく動く~~!
ただの意地悪で、仕事もしない人は30年も同じところに
勤められないよなあ、と思ったわ。

帰り際には、向こうから「今日はありがとうね」って
言ってもらってびっくり!

人って本当に自分で接してみないとわからないもんだ。

仕事の内容は、難しいことはないんだけど、
なんせ人がたくさんいるので、人間関係はいろいろとあって、
いろんなことが起きる。

この前もリーダーさんが「夕べは悔しくて眠れませんでした」って
早朝にメールで訴えてきたりしてた。

私はただ、周りに迷惑を掛けないように仕事して、
応援したい人を応援して、なんとかみんなが
気持ちよく仕事できるように、
ちょっとでも役に立てたらいいなと思ってます。

前の職場は長かったから、もう誰がどういう性格って
だいたいわかってしまってたけど、
今は、まだ知らない人もいっぱい。

見た目や噂に流されないように付き合って、
良い人と良い関係を作っていくのも
今の職場の楽しみのひとつ・・・になりそうな気がしている。

みわちゃんだって、私の知らない面を
まだまだ持っていそうだからなあ~うしししし。

世界遺産をたずねて【京都】

快晴の中、お昼を食べてから、また満員のバスに揺られて、
銀閣寺に向かいました。
京都だから外人さんは多いけど、今、市バスの車内アナウンスは
英語だけでなく、ハングルでも中国語でも案内されるのに
ちょっとびっくり。確かに中国人は多かったなあ。


ヒロシに何度も「銀閣寺行ったことある?」って聞かれて
「うーーん。遠足で来たような気もするけどなあ。」

確かな記憶を引っ張り出そうにも出ない。

ところが!この「哲学の道」を見たら思い出した!

哲学の道

ここは歩いたことがある!
だから、きっと銀閣にも来たことがあるのでしょう。
・・・たぶん、だけど。

銀閣寺といえば、この「銀沙灘(ぎんしゃだん)」
ちょうど隣で説明していた人の話に聞き耳を立てていたら
「だいたいひと月に1回、整えるのですが、
ちょうど昨日作業されたところです」って。
ラッキーだったのかな?
雨でも降ったらどうなるのでしょうね?


銀閣寺


銀閣寺

世界遺産オタクなんだから、銀閣寺についても
ちょっとは説明してよ、ってヒロシに言うと
「足利の義政ちゃんがね、とみちゃん(日野富子)にいじめられて
いじけながら住んでたところ」とかしか答えがなかった。
私はきちんとしたガイドさんがほしい。
(音声ガイドはどこにもあるけど、借りたことないの)

銀閣寺


モネの逆光の絵がよかったからって、すぐに感化されて
逆光で写真撮ってた、ここのブログ専属カメラマン。


そして、ここには坂道はないだろうと思ってた私は、甘かった。
順路はすぐ上り坂に。

山路を登ると、銀閣のみならず京都の市街も見渡せる
絶景スポットだったけど、またもや足はガクガク。
カメラマンも「足が比叡山のときと同じことになってます」って。

銀閣寺

そして、その道にあるのは、ほとんどがまだまだ青いモミジ。
これ、あと半月先なら本当に絶景だっただろうなあ。

雪が積もった銀閣もよさそうだけど、やっぱり紅葉の季節に
見たかったなあ。
早すぎた(涙)

でも、今でこんな人なのに、紅葉の季節の京都市バスに
乗る勇気は・・もてそうにないです。


京都市美術館

「平日に行きたいとこ、あるねん」とヒロシが言い出し、
8日の火曜日、代休を取ったらしく、
向かったのはやっぱり京都だった。

最初は「京都市美術館」

京都市美術館

ここのところ、会社の人がふたりほど行ったって聞いてたけど、
私も来ちゃいました(笑)

しかし・・・・ここにたどり着くまでのバス、超満員!!!
すし詰めで、これ以上人が乗れないからとバス停通過。
待ってた人、かわいそう。
平日でもやっぱり秋の京都は、行楽シーズン真っ只中なのね。

そして、美術館もかなりの人。
入り口では「今なら待たずに入れます」ってアナウンスしてたので、
週末なら入場制限してたんでしょうね。

京都市美術館

印象派って人気らしいですね。
私でも知ってる画家が多いもの。
マネ、セザンヌ、ゴッホ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、
ロートレックなどなど・・・。

でもなあ、入館料1500円、高いわあ。
それだけとるなら、もっと見せてほしいわあ。
隣の京都市動物園(入園料600円)でも私はよかってんけどなあ。

絵画に詳しくない私は、できたらその作品の名前と作者と
説明文くらい読みたいのだけど、
館内、いくら絵のためとはいえ、暗すぎて見えない。
字も小さいから、人をかき分けかき分け一番前に行かないと
読めないねん。
それがちょっと悲しかった。


ヒロシはゴッホの「薔薇」、スーラの「オンフルールの灯台」の点描、
モネが珍しい逆光で描いた「日傘の女性」がよかったなあと
言ってました。

私は・・・リトグラフやエッチングの作品もあったのですが、
油彩がその存在感とともにやっぱり好きだなあと思いました。
中でもルノワールが好き・・かな。

そして、その後、銀閣寺まで行きましたが、それはまた次へ。
この時点で、人に酔って、かなりへろへろだけど、
どうなることやら。

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: