FC2ブログ

「しあわせの隠れ場所」

今さらだけど、映画「マディソン郡の橋」は良かったなあ。
公開当時、評価が分かれて、かなり話題になってたけど、
この前初めて見た。

ヒロシも私も満足した、記憶に残る映画の1本になった。
見た後、こういう人生もあるんだなあとため息というか
切ない気持ちになっちゃった。
これが若い人の話ならどうってことないけど、
人生の残りの時間が短い人達の話だからこそ
胸に迫るものがあった。

確か、あのころ母は映画館に見に行ってたはずだなあと思って
「マディソン郡の橋、前に見に行ったよね?どうだった?」と
きいてみたら
「ああ、あの怖いヤツ・・・」

明らかに間違ってます。思い出せないらしい。


そして、引き続きAランク入りしたのが、
「しあわせの隠れ場所」

サンドラ・ブロックがあまり好きじゃないので、
期待せず、どんな話かも知らずに見始めたのだけど・・・。
これがとても良かった!

両親に育ててもらえず、家もない黒人少年を
裕福な家庭の妻であり、母親でもある
サンドラ・ブロックが引き取り、
アメリカン・フットボールのスター選手に育てる話だけど
最後の方になって、ヒロシが「これ、実話らしいねんな」
って言うのよ~。

豪華な邸宅に住んで、家庭にも仕事にも恵まれている人が
見ず知らずの黒人少年を家に泊めることから、
後見人になるなんて、まだまだ人種の問題も根深いであろう
アメリカで、ありえなーい!と思ってたところに
実話だなんて、驚いた~~!


ヒロシが20歳代の頃、ほんの少しの間、ニューヨーク近郊に
遊びに行ってたときがあって、
そのとき、いちばん目からうろこが落ちたのが、
ホームレスのような物乞いをする人達に、
通りがかりの人が自然に小銭を入れていく光景だったらしい。

確かにそういう場面は、アメリカ映画やドラマによくあるんだな。

不思議に思ったヒロシが周りの人に尋ねたら
当時からアメリカの人達は、キリスト教の教えなのか、
「自分たちはたまたま恵まれているだけで、
ほんの少し、恵まれない人達に分けてあげるのは
当然の行い」っていう考えだったらしい。

その人達に「お金を渡す」という行為も、なんとなく
自分が上に立っているように感じて心地悪くなったり、
なんだかんだといろいろ考えてしまいそうなのだけど、
それが当たり前と考えているから自然にできるのでしょうね。
富裕層の人達ばかりがそうするのではなく、
ごく普通のビジネスマン達が小銭を入れてるらしい。

私たちは若いとき、日本にもいた物乞いをする人達に、
なんとなく怖くて近づけなかったし、
あえて関わろうとはしなかった。

ヒロシは当時、ニューヨークの街中で缶ジュースを飲んでいたら、
その空き缶ほしさに横で待たれたこともあったと言ってたけど、
そのくらい生活に困っている人が多いってことだよね。

今朝の新聞記事によると、世界人口が今月末には70億人に
達するが、そのうち4人に1人は1日100円以下で暮らしており、
安全な水を飲めるのは、先進国を中心に12%に過ぎないらしい。

これから先の生活には、私も不安をあげたらきりがない。
家のローンは払えるのか、あやの学費、
仕事だってどうなるか。
私たちの年代は、年金なんてもらえるのか。

でも、これから先なんて言ってるより、
明日、生きられるかどうか、っていう人達が
たくさんいるんだよね。

自分が恵まれていることに、しっかり目を向けること
忘れないようにしよう。


そして、映画の中のサンドラ・ブロックほどの働きは
できなくても、私にちょっとでもできること、考えないとな。。。。

世界遺産をたずねて【京都】

先週の続きです。

京都駅から徒歩で行ける距離に「西本願寺」があるので、
行こうということになりました。

昔、祖父の納骨?で行ったことがあるけど、
大広間で、当時はお説法も眠いだけで
なんら思い出もありませんでしたが、
おっとこどっこい、すばらしい建造物に
枯れ山水の庭!

西本願寺


ちょうど特別公開が始まったところで、
運よく書院の中を見ることができました。
しかも無料で!(笑)

国宝・対面所雁の間、菊の間・・・豪華絢爛!

金ぴかに圧倒されるのはもちろんですが、欄間や襖絵に
のびのびと飛んでいる鳥たちの姿が描かれているのに、
目を奪われました~~。

鶴、孔雀、キジ、雁、コウノトリ、雀・・・
草花と同じように、鳥たちも人々と深い関わりをもって
生きてきたんだなあ・・・
そして、自由に飛ぶ鳥をうらやましく見上げた人々の気持ちは、
今も昔も変わらないような気がします。

同じく豪華な唐門。

西本願寺

比叡山だけで疲れてたけど、途中下車して
足を伸ばして良かった!
帰りは心持ち、元気になって帰ってきました。


世界遺産をたずねて【滋賀】

先週も3連休だったので、今回は比叡山へ。

私、比叡山って京都って漠然と思ってたけど、
滋賀県だった。
地図で見たら遠いからちょっと二の足踏んだけど、
いい気候のこの時季に行っといた方がいいなあ、
と決めました。
12月になると、雪でバスも出ないらしいので。

JR京都駅からバスに乗ったのですが、
隣の嵐山行きのバス停には、若い人達が多かった。
片や比叡山行きのバス停には中高年がずらり・・。

1時間近く山道をバスに揺られて、延暦寺へ。

延暦寺

比叡山というのは、東塔、西塔、横川の3つの地域に
別れて建つさまざまな堂塔をまとめて比叡山・延暦寺と
総称するらしいです。

延暦寺

だけど、これらの塔を回るのに、

延暦寺

こんな階段や

延暦寺

こんな階段を上り下りしないといけないのよーー!

中高年には、めっちゃきつい!!と音を上げてたら
私たちよりずっと先輩の方々は、さっさと抜かして
遠ざかっていく・・・・。

ヒロシと自分たちのダメっぷりを責めながらも
なんとか東塔だけ回りました。

根本中堂には、1200年灯り続けている「不滅の法灯」が
ありました。
戦火で一度は消えているらしいですが、そのときには、
山梨(だったかなあ)の方に分けていた火をまた持ち帰り、
復活させたそうです。

芯につけたごま油を燃やして、アルコールランプのような要領で
灯し続けているらしいですが、
ついうっかりして、この油が切れると火が消えてしまうので、
そこから「油断」という言葉ができたとか。


初めて実際のものを見た「水琴窟(すいきんくつ)」
延暦寺

地下で、鉄琴のような音が響いていました。

その後、お昼のおそばを食べたら、もう歩く気力なし。
ダメダメ中年は、そそくさと帰途に。

帰りのバスがないので、ケーブルに乗りました。

坂本ケーブル

日本一の長さの「坂本ケーブル」

延暦寺

標高650メートルのケーブルの駅からは
琵琶湖が望めました。

やっぱり高いところに来たのね~。
こんな山の中に、こんな大きなお堂を作って、
昔の人は本当にすごいな。
アップダウンがきつくて、同じ山の上の高野山とは
全然違いました。


あまりに早い時間だったので、帰り京都駅で降りて
西本願寺に行ったのですが、これはまた次回に。

バード・コミュニケーション

ご縁があって、バード・コミュニケーションを受けてみました。
アニマル・コミュニケーションの鳥版です。

いろは


いろははいつもどんなこと考えて生活してるのかな?
っていうのは、会話が通じない鳥を相手に
いつも考えてしまうことでした。
鳥と会話ができる人がいるなら、聞いてみたいと
気軽な感じで、お願いしてみました。

最初にちょっとメールをやり取りさせてもらったら
まあ、ぼったくりではないなと感じたし(笑)
コミュニケーターとしての力量は未知数にしても
気持ちのきれいそうな感じの方で、
良心的なお値段だったので、お願いしました。

こちらからいろはに聞きたいことと伝えたいことを
メールで送り、コミュニケーターの方から
またメールで返事をいただくというもので、
実際会ってのセッションではありません。

私からはいろはに、

1.今、身体で不調に思っていることはないか
2.今の生活で不満に思っていることはないか

ということを聞いてほしいのと、

1.いやなことをすることがあっても、それはすべていろはのことを
  思ってやっていることだから、理解をしてほしい
2.これからも元気で1日でも長く楽しい日を一緒に送りたいと
  願っている

ということを伝えてもらいました。

以下はコミュニケーターさんからもらった結果です。

***********************************************************


とても大切に可愛がられている想いや愛情が伝わってきました。

ただ、少し、いろはちゃんを心配する想いが強いように感じられます。
もちろん大切な家族なので心配するのは当然だと思いますが、
いろはちゃんからは「楽しく過ごしたい。
楽しいオーラを作って欲しい。」と伝わってきました。

決して現状が楽しくないわけではありません。
なおみさんが心配している想いを感じ、なおみさんにも
楽しく過ごして欲しいと。

鳥さんや動物さんは人の波長を敏感に感じることができます。
なのでまずはなおみさんが自身に心を配るように、
またいろはちゃんもそれを望んでいるように感じられます。

身体の不調について伝えると「大したことない」と。
本人も大したことないと言っていますが、
まわりの嫌なことを感じると、お腹がごろごろするような
違和感を感じるようです。

生活の不満について聴いてみると「ないといえばない」と。

嫌なことをすることがあっても、いろはちゃんを思ってやっている
ことだからということを伝えると
「はい、分かりました。大丈夫です。」と。

とてもかわいらしくしていますが、色々感じていてなおみさんのことを
思っているとても素敵ないろはちゃんでした。


****************************************************************

という結果をもらいました。

「ないといえばない」というつっけんどんな言い方と
「はい、分かりました。大丈夫です」という敬語の使い方が、
あやにそっくり!っていうのが第一印象でした。
あやがしゃべっているような雰囲気を感じました。

あや自身も「これ、あやそのままやん」って苦笑いするくらい
あやの弟っていう感じを受けました(笑)

だからこのコミュニケーターの方は、かなり
「見られる」人なんじゃないか?という気になりました。

それからいろはは、キャリーに入れた直後3回くらい
水便をします。
便はすぐに戻るので気にしてなかったのですが、
キャリーに入れたときは、たいがい病院に行って
先生につかまれて爪きりをされるときなので、
いろはにとっては「イヤな思い」をするときで、
お腹がごろごろするっていうのは
そういうことかな?と思い当たります。


それから私が心配しすぎ・・・のようなことは、
思い当たらなかったのですが、よぉく考えると・・・。
いつも「いろはが病気やケガで長く苦しむことがないように」
って願ってるんですね。

以前飼っていたインコは、15年くらい生きたと思うのですが、
最後の数年は片足が不自由で、片方の目が開きませんでした。
ずっとつらい思いをしてたのではないか?と今も思うのです。
鳥はその状況に慣れて、餌も食べていたし、生活できていたのだろうとは
思うのですが、やっぱりかわいそうだったなあと。

亡くなった伯母から引き取ったボタンインコも
ずっとお腹が腫れていました。
伯母も「もう年だから仕方ないよ」みたいに言ってたし、
私も病院で診てもらうこともせず、最期は朝、私が起きたら
もう冷たくなっていました。
ひとりで旅立たせたことに、今も申し訳ない気持ちがあります。

いろはにはそういう風になってほしくないという
気持ちは、私の中に強くあるんだろうと思います。

今現在は、健康であるだろういろはに対して、
いつも病気やケガや最期のことを考えて接してる私・・・。
それって、楽しくないよなあ、って気がつきました。

これからはできるだけ楽しい時間をいろはと一緒に
過ごせたらいいなあと思っています。

先日、いろはを連れて実家に行ったのですが、
父も母もただ「インコが遊びに来た」状況だけを楽しんで、
肩に乗せたり、話しかけたりしていました。
すると、やっぱりいろはもとても楽しそうに見えました。

ayameさんが、「人間が思う『心』と、
こういう天使のような仔たちの持つ『心』って
全然次元が違うのかもしれませんね。」と書いてくれたのは
本当にその通りだと思います。
人を癒す力をもって私たちと接してくれているこの仔と
もっと楽しく一緒にいたいなあと思いました。


占い師でもカウンセラーもそうだと思うのですが、
頭の中に感じたこと、イメージしたことを言葉で表現するのには
ある程度の訓練といいますか、経験や勉強が必要なのだろうと
思います。
それに伝えていいことと悪いことの判断も難しいでしょうし。

今回のコミュニケーターさんは若くて、
まだまだ経験不足のような気もしますが、
鳥のために、人のためにと活動されているのを
私は少しでも応援したい、
いろはとのセッションがその方の経験の一助になれば・・・
そういう気持ちも込めて、今回申し込みさせてもらいました。

私自身はいろはの声を聞けて、気づかされることもあったので、
貴重な経験ができてよかったなあと思っています。


どうぞお守りお導きください

私に起きる出来事はすべて、私を見守ってくれている何かが
私によかれと行ってくれていることだと
だいぶん思えるようになりました。


その何かを、曽野綾子さんは、神様だという。
瀬戸内寂聴さんは、仏様だという。
江原さんは私をいつも見守り続けてくれている守護霊だという。

結局、何を信じるかだけど、自分が良いと判断したことを
できるだけやって、あとは身をゆだねるというのが
その人達の「生き方」のようです。

曽野さんは「神の意思に受身である」と自分のことを言っているし、
寂聴さんは「すべてを仏の御心のままにゆだね切っているので、
実に楽で平穏です」と言っている。
江原さんは「もうこの世で恐れるものがないので幸せだ」とまで
言っている。

そういう境地までいきたいなあといつも願っているけど、
やっぱり大きなトラブルや心身を損ねるような病気になりたくないと
つい思ってしまう。

でもどんな困難も逃げずに受け止めて、乗り越えることこそが
私に必要なことなんだろう。
言い換えれば、私の人生において必要以上の困難は起きない
ということらしい。

だから少々のことなら、これは私に必要な試練なんだなあ、
私に必要な失敗なんだなあ、と思える。
ヒロシには、ただの能天気、といわれるんだけど(笑)


先週の金曜日は月末で、棚卸しの日に当たり、
職場の私のチームのリーダーさんに
「すみませんが、この日だけでいいので、
残業してもらえませんか?」と頼み込まれた。

リーダーさんが困っているのはわかっていたので、
気軽に「いいですよ」って言ったら
ものすごく喜んでくれて、「助かります。
ありがとうございます」と何度も言われ、
こちらが恐縮するくらいメールでもお礼を言われた。

残業って言ったって、18時には終わったし、
どうってことなかったんだけど、
初めての残業だったから、お昼のおにぎりは大きいめに
しといたのをみわちゃんには見つかった。


で、ふと思いついた。

先日、申し込み損ねた太極拳の教室に通っていたら
どうだっただろう?
ちょうど金曜日だったし。

あれだけ頼まれたら残業は断れなかったけど、
胸のうちでは「あー太極拳1回行けなくなった」って
ちょっと残念に思ってただろうなあ。
そう思ったら、今回はやっぱり申し込みできなくて
良かったんだって思っちゃう私はやっぱりただの能天気?


ざんざん降りの雨の日、あやがバイクで教習所に行かなければ
ならないとき、(キャンセル料が6000円かかるので行くと言う)
私がうまく休みになってたりすると、
車で送ってやれるので、ああ、助けてもらったなあと感謝する。
あやが感謝しているかどうかは、知らないけど。

でも、こういう巡りあわせというか、ちょっとした
時間の都合って、うまくいくと、本当にありがたいなあって
思うんだよね、私。


これからもどうぞ私の魂がより豊かに成長できるように
お守り、お導きください。
神様、仏様、守護霊様、どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: