FC2ブログ

いまだ昭和を生きてます

オーストリアの会社にプレゼンすることになったヒロシ。
とりあえずは、日本語でいいらしいけど、
冒頭の挨拶だけは、英語でしゃべらないといけないみたいなのに
社長も他の人も逃げるから、オレに回ってきた・・・と言いながら
夜中まで資料を作ってました。

次の朝、「英語の挨拶、ちゃんと練習したん?」って聞いたら

「Yes!we can!」って言いながら
「ちょっと古いな・・・・」ってつぶやいて、出て行った。
大丈夫かな。

でも、オバマさんのことならまだ古くない。

ヒロシはあやに時々「流星号、明日、空いてるか?」とか言って、怒られてる。
「あやのバイクは、ギルバート号っていう名前やねん!」
ヒロシの流星号っていう命名も古いけど、あやもバイクに名前つけてたんや・・・。

巨人の星の花形満は、中学生?でスポーツカーを運転してたから
あやももう車も運転してええぞ!とか言ってるし。

私はいつもヒロシに「いつまでも20世紀を生きてたらアカンよ」って
言うてるんですけど。

昨晩、アメリカ大リーグのダイジェストを見ていたヒロシが
「ピッチャーが代打に出てるわ。」って言うので、つい
「江川も代打に出たことあったよね?」って言ったら
「ふっるー!そんな話、知らんわ!」って返された。

なんかとっても悔しい。



うれし、たのし、大学生活

先週は週休5日だった私の仕事、今週は日曜から休みなし。
たぶん来週も休みなし。
いったいいつまで休みなし??

ここまでの極端な仕事ってあるだろうか?
フリーで仕事してるわけでもないのに(爆)

私が忙しくなってきたら、元々忙しいヒロシの仕事が
比例するように忙しくなり、連日午前様になったりする。
私が家にいるときなら、少々遅くなってもいいんだけど、
私がへろへろになってるときに、ヒロシがもっとへろへろで帰ってくる。

世の中、うまくはいかないのねー。

ま、今がヒロシも私も頑張り時だ。花の40代だもの~♪

あやの頑張り時は、受験で終わったのだな?楽しいことばかり・・・に見える。
高校より近くなった大学にバイクで通い、同好会に入ったり、
たまーにトランペット吹いたり、アルバイトしたり。

講義の空き時間には、図書館で好きな映画をDVDで見てるらしい。
そんなことできるのか~楽しすぎるじゃないか!
私の学生生活の数倍は楽しそうに見える。
まあ、親としても嬉しいことです。

アルバイトは酒造メーカーがやっているレストランに行き始めました。
懐石料理なので、月ごとにメニューが変わるし、
お客さんから質問を受けることもあるので、いろいろと覚えないと
いけないらしいけど、それはそれで楽しそうです。

お盆に載せて出す和食は、両手で一度に出してはいけない、
ひとつずつ、片手に持ち替えて出すこととか、習ってきました。
私が「へぇええ~~~!!」って言ってたら、ヒロシが
「あれ?うちでは、教えてなかったの?」って言うので、
「お~ほっほっほっほ・・・」って笑っておいた。

私がいくら言っても聞く耳持たないようなことでも
外で習ってきたことは、すぐに身につくんだろうなあ。
それもアルバイトの意味があるってもんだ。

お客さんの年齢層が高いので、あまり嫌な思いをしたことはなさそうだけど、
まあ、これからちょくちょくあるでしょう。
接客業の難しさも体験してくだされ。

そして、たまには勉強せーよっ!!





アーティストというお仕事

見たいなあ・・・と思うようなテレビ番組が、最近全然ないです。
ひな壇に芸人がたくさん座って、目がチカチカしそうなセットでやってる番組とか
見る気がしない。
1時間見たら数分笑えるところはあるのかも知れないけど、
そのために見ようとは思わないので、昼間も含めてほとんどテレビはついてない。

ドラマも「ER」は終わっちゃったし、まあ「龍馬伝」くらいかなあ。
って、結局はいつもNHKしか見てないのかしらん。
批判はいろいろありますが、番組の内容で言えば、やっぱりNHKが一番好きです。

まったく見る気がなかったのに、たまたま見始めたら
玉置浩二があまりに普通なことを言っていたので、思わず最後まで見てしまった、
これまたNHKの「SONGS」。

冒頭のインタビュー聞いて、びっくりした~。

最近の玉置浩二といえば、女優の誰それとくっついたの、離れたのっていう話題しか
知らなかったんだけど、
「人生は、何もない平坦な道を行くより、僕みたいにあっちに転んだり、
こっちにぶつかったりしてる方が意味があるように思うんです。
負は背負った方がいい。人生に無駄はない、人生に意味のないことはないと思ってます」
っていうようなことをにこやかに話してるもんだから、
「あれ?この人誰?」っていうくらいイメージがひっくり返りました。

51歳の年上の男性に対して失礼なことですが、この人、なーーんも考えずに、
いい年になっても地に足着かず、人気にあやかって好きなようにやってる人・・・
くらいのイメージだったから。

3年間ほど病気で活動していないとき、井上陽水さんが病室にふらっときて
「何やってんだよ、浩二、音楽やれよ」って、ニコニコとそれだけ言って帰ったらしい。
それで、ふと「そうだ、音楽をもう一度やろう」って思って、やり始めたら
病気も何もかも全部吹っ飛んだんだって。

僕にはもう一度音楽をやろうと思ったときに、集まってくれる仲間がいたのが
ありがたかった・・・と感謝しつつも、そうやって立ち直れたのは、
陽水さんの言葉がきっかけとなり、仲間がいてくれたおかげだけれども、
立ち直ったのは自分です、人は自分の力でしか立ち直れないとも言ってました。

そうなんだよね。誰かに手助けはしてもらえても、
立ち直るのは、自分の力でしかできないもの。
そして、本当に立ち直ったのかどうかを確認できるのも自分しかいない。

安全地帯って一度もメンバーチェンジしてないらしいのよね。
活動休止の期間は、音楽で食べていける人もいたけど、
カフェを経営してましたとか、サラリーマンしてましたとかいうメンバーもいました。
で、玉置さんが活動できない時期があっても、他のメンバーいわく、
「こう言っちゃあなんですが、そういうところから彼は音楽のネタを拾ってくる」
らしいです。
その期間待てるって、こういうのが本当の仲間なんだろうなあと感心させられました。

女の人の横で、すっとんきょうな声で、甘えたセリフを言ってる玉置浩二とは、
本当に別の人だったなあ。。。

俳優の國村隼さんが、「プロの俳優として特別なことはしない。
普段、どう生きているかが常に問われていますから」って言ってたけど、
アーティストって、華やかで、実生活からは遠くに切り離された仕事のように
感じてしまうけど、その人自身を一番映し出す仕事なんだな~って改めて思った。


自分自身を映し出す仕事・・・私は恥ずかしくて、仕事になんてできまへん。
ゲージツ家は大変だ。




スズメのお宿ではないけれど

週末だけ出勤というスケジュールは、身体がおかしくなりますです。
火曜日くらいに腕が筋肉痛になった・・・・なんで?拭き掃除のせい?
それとも先週土曜日の仕事のが、出てきたのか??
家にいて、ちょいちょい片付けたら本を読む生活は最高なんだけど、
身体には悪いみたい。運動不足で、便秘するしなー。

ということで、買い物ついでに近所を散歩してみたら、
ツバメが今年も巣を作ってるし、アジサイは咲いてるし、
すっかり6月になったのねーと、肌で感じて帰ってきた。


先日、スズメちゃんが近所の友達の玄関側にあるメーターボックスの中に
巣を作ろうとしてたと聞いた。
なんで、そんなところに?
私、スズメも好きなんだけど、それは困るよね。
でも、巣を作るって何かあるんだろうね、ここならできるかもっていう
スズメなりの判断が(笑)
私が思うに、温かい人柄の人のとこに行くような気がするなー。

うちには巣を作りにはきてないけど、先月はたまに遊びに来てました。
暖かくなったし、友達からのそんな巣作りの話も聞いていたので、
エサはやってないけど、ときどき遊びに来る。
私が洗濯物をすぐそばで干して、いろはを日光浴させてたら
寄ってきてた。
いろはのエサ箱狙いだろうけど(笑)

ベランダすずめ

こんなそばに人間がいるのに、鳥かごに乗ったりして。

それで、この鳥かごを覚えてたのか・・・・。
つい先日、あやがひとりで朝ごはんを食べてたら、
やけに近くで「チュンチュン」と鳴き声がするので、見たら
リビングにいるいろはのケージに、スズメが張り付いてたらしいです!

どこから入ってきたんだろう?って見たら、
網戸側は閉まってたけど、その反対側のガラス窓が数センチあいてた隙間から
部屋の中に入ってきたみたいでした。

あやに気がついたら、飛んでリビングの小窓の上に止まったらしい。
それから出ようとするけど、ガラス窓に数回ぶつかってしまったって。
あやも慌てて、大きく窓を開けたら、やっと外へ出られたらしい。
ケガしてないかな。。。

しかし、網戸側は気にしてるけど、反対側が開いていたなんて・・・。
いろはを放鳥してるときでなくてよかった・・・。気をつけないと。


スズメに部屋の中を旋回されたり、ケージの上に乗られたりしても
さほど慌てないいろはくん。
君は大物か?それとも本当にパニクってたの?それとも・・・・。
まあ、いずれにしろ、あまり神経質な性格じゃなくて、飼い主は助かります。


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: