FC2ブログ

よしこお姉ちゃんへ

「長生きだけが良い人生とは言えない」とわかっているものの、
やはり55歳で逝ってしまうのは、あまりに早過ぎる。

月曜日の朝方、私の従兄のお嫁さんにあたるよしこさんが亡くなりました。

30年近くずっと身近にいてくれた人で、たくさんの思い出があります。
そのどれもがよしこさんの温かい人柄に満ちたものばかり。

優しくて、細かいところによく気がつく人とずっと思ってきたけれど、
昨年夏からの闘病生活を間近で見ていたら、それだけじゃない、
病気のつらさや苦しさを絶対人には見せない芯の強い人だったと改めて感心しました。

人にはよく尽くし、自分のことより周りの人のことを考える人でした。

私がまずいことしちゃったかな?とか思ってると、すかさず
「なおみちゃん、ええねんで、ええねんで、そのくらいのこと」って
よく言ってもらった記憶がある。
自分が何をしたのかは、よく覚えてないんだけど。

でも、間違ったことは「それはダメよね」と声に出して言うフェアな人だった。


日曜日、容態がよくないと聞いて、私の家族3人で病院に行き、
母もあとから駆けつけて、一緒に夜までいたんだけれど、一旦家に帰ることにした。

そのときは、まだもう少し大丈夫のような気がして帰ったのだけれど、
3時半ごろに連絡をもらって、母を車で迎えに行ってから病院に向かった。

連絡をもらったとき、よしこさんはずっと母のことを慕ってくれていたので、
「きっと母のことを待っていてくれる。間に合わないわけがない」と確信したので、
はちゃめちゃに慌てず、落ち着いて運転したように思う。

すると、本当に母と私が病室に着いて、数分後に息を引きとりました。


その日の月曜日、本来なら私は仕事に行く予定にしていました。
ホワイトデーの繁忙期・・・のはずなんだけど、先週よりなぜか予想外に
ちょっと暇になったので、月曜、火曜と休ませてもらった。

私の仕事の忙しさに波があるのをお姉ちゃんはよく知っていたし、
忙しいときには休みたくないって思っている私のこともよく理解してくれていた。

私にとっては、奇跡的に仕事が暇になっていて、休みやすい状況で、
そして、月曜日、私が出勤したあとじゃなくて、朝にお別れさせてくれた・・・・。

最期まで「人のことを考えて」くれたような気がしてなりません。

お通夜、葬儀と、あんなにたくさんの人が泣いて、悲しんでいる場に
かつて私は居合わせたことがありません。
真心を持って人と付き合う人だったので、その真心をわかる人たちが
たくさん来てくださったのだろうと思います。

ご遺族の許可を得ることもなく、勝手に私の思いだけ綴らせてもらいました。
ネットの片隅でつぶやいているようなブログで、たくさんの方の目に触れることは
ないと思うので、お許しください。

私が日記を始めて以来、ずっとよしこさんも「楽しみに読んでるよ」と
言ってくれてました。
もう読んでくれることはないだろうけど、私の思いは届くような気がしています。
今も「なおみちゃん、ええねんよ~」って声が聞こえます。

たくさんのことを教えてもらいました。
お姉ちゃん、今まで本当にありがとう。


頼まれる人、尋ねられる人

どうにもこうにも気がふさいでしまうけど、これじゃいかんのだ。

身体も動かせなくて、言葉も思うように話せなくなってしまった人を目の前にして
私のできることは何だろう?といつも考えるんだけど。
心が通じ合って、思いが伝えられたらいいのになあ。
目だけで会話ができたらいいのにと思う、いつも。

「よほど、混乱してる状況でない限り、人はその人にできないことしか
頼まないものですよ」って、言われたことがあって。

そのときは「へっ?そんなもんかな?」って思ったけど、
やっぱりそうみたいだなあ。

「なおみちゃん、あれ、買ってきて」って頼まれたんだけど。
私がずっと使っている液体歯磨きを勧めたら、使ってくれてたみたいで、
その人が「前に買ってきてくれたのと同じのがいいから」って。
そんなことでも、頼んでもらえると嬉しかった。
少しは役に立てたかなって思えるから。

苦しんでいる人を目の前にして、自分の無力さを痛感する毎日です。
でも、いつも私はできること、なんでもするよっていう信号は送り続けよう。


人が頼みごとをするとか、ものを尋ねるときって、答えてもらえそうな人のところに
行くものなんだなあ。
だけど、それは知っている間柄ならわかるけど。

見知らぬ人から、ものを尋ねられたり、頼まれたりするってどういうことでしょう?

うちのダンナ・ヒロシは、おとつい、大阪で外人に英語で道を尋ねられたらしい。
なんか全然聞き取れなかったけど、「大丸」っていうのだけわかったから
「地下鉄の次の駅で降りたらすぐ」って教えたらしいけど。

よくまあ、人に道を尋ねられる人なんです。
名古屋に行っても尋ねられるし、(答えて教えたらしいけど)
ニューヨークでも聞かれたことがあるらしい(もちろん日本人にだけど)

観光地でカメラを手渡されて、「写真撮ってもらえますか?」っていうのも
しょっちゅう言われてる。

しまいには、東京にいるとき、道を歩いてて、おばあさんに
電車賃をくださいって言われたり、コンビニで山梨まで帰る旅費を貸してくれって
言われたりしてるんだなあ。

どうして、知らない人からこうも尋ねられたり、頼まれたりするんでしょうか?
人は、ヒロシのどこを見て、声をかけてくるんだろう?
なんか、不思議だなあ・・・・。

でも、その人たちの判断はあっているのだ。
道はよく知ってるし、まあ親切な方だろうから邪険にはしないだろうし、
写真も上手に撮るし、大金は持ってないけど、小銭ならあわよくば
もらえるかも?っていうところ!!


人と人の間には、目に見えないものが、たくさん絡み合っているっていうこと
でしょうか?

それを考えたら、私がずっと「元気になってね。私にできることなら
なんでもするよ。何でも言ってね」って心から送っているエールは
彼女に届いている・・・・と信じたいな。




ありがたき三連休

あ~~~もうそろそろ限界だあ~~!
休みがほしい!・・・・と願っていると、先週にはまったく予想もしてなかった
三連休をいただけた。

どうしてもはずせない用事ができて、忙しいときにどうしようかなあ。。。って
考えてると、ふと仕事が落ち着いてきて、休みをもらえたり。

不思議に、いつもこんなめぐり合わせになる。
ぎりぎりまで頑張ると、ご褒美が待っている感じ。ありがたいなあ。
本当に今の私にはとっても大事で、有意義な休みになる。


ここ数日の出来事。
気に入っていたベストがすこしくすんできていて、
毛玉を懸命に取ったら、きれいによみがえって嬉しかった。

マフラーにあった、あきらめていたしみが、丁寧に手洗いしたら
汚れが落ちて、これも嬉しい。

破れている仕事着に当て布をして、ミシンをかけたら
前より愛着が持てるようになった。

熱を出して寝込んでしまってて、回復してきたら
前よりパワーが湧き出る感じがする。

これは、私の中ではすべて「再生」の喜び。
気に入った新品を手に入れたときとは違う喜び。

大雨が降って、草木が洗われて、空気が澄んで
朝日がまぶしい、すがすがしい朝を迎えた気分だなあ。
そして、三連休・・・・嬉しすぎて眠れない・・・・ことはまったくないんですけど。




1ヶ月空いてしまいました・・・(反省)

あんまり長らく書いていないので、IDやらなにやら最初からやらないと
ダメになってた、このブログ。そんなもんなの?なんだか冷たいやんかぁ。
おまけに広告まで出ちゃった・・・。

ええ~~っと、言い訳ですが、超忙しかったんでございます。
半月に一日とかしか休みがないので、用事はたまる一方で、
パソコンも一週間に一度くらい開くかどうか・・って感じでした。

今年のバレンタインは例年を上回る忙しさで、終わったと思ったら
ホワイトデーで忙しいのだ。

でも不況、不況と言われてる中で、仕事がなくなる不安より、
忙しさと張り合ってる方がずっと幸せなことです。
そんな仕事に恵まれて、ラッキーなんだって思ってます。


昨年からずっと長く闘病生活を送っている人がいるのですが。
重い病なのに、すごくよく頑張る人で、薬の副作用などにも
よく耐えてきたのに、ここのところ、かなりしんどそうで、見ているのも
つらくなってきました。

今までも、これからもその人の気持ちには寄り添っていきたいけど、
私が一緒につらくなってもいけない、元気な私が
その人を元気なところに引っ張り上げられるようにって思ってきたんだけど、
やっぱりあんまりしんどそうな姿を見ているのはこちらもつらくなります。

仕事があるのもありがたいけど、命があるのはもっとありがたい。

禅寺の僧侶が「人の幸せは四つ。愛され、褒められ、役に立ち、
必要とされること。働くことで、少なくとも三つ手に入るんだよ」と言われたらしいですが、
自分がどんなにしんどくてもつらくても、「何か人の役に立ちたい」と
今日話していたその人の言葉を私もずっと心に留めておこう。


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: