FC2ブログ

注意してくれるのは親切です

今、週に2日しか出勤してないので、仕事のことをどうこう言える状態じゃないんだけど。

私は職場の人、みんなそれぞれいいところがあるのがわかっているし、
個性的でおもしろい人が多いので、楽しいし、みんなと一緒に仕事したい、
みんな頑張って続けてほしいって思ってるんだけど、
ひとりだけ、いるんだなあ、困ったさんが。

出勤は毎朝ぎりぎり、もしくは遅刻、なのに年上で入ってきた時期も先輩の人に対しても、
そりゃあもう偉そうな物言いだし、何が腹立つのか知らないけど、
いつも怒ってるようながさつな物の扱いで、そして、しんどそうに仕事をする。

つまり不愉快極まりない人物なんだよな~。
一緒に仕事したくないタイプ。

私も何度か意を決して注意したこともあるし、他の人も何度も言ってるけど
あまり変化なし。

この前は、友達も耐えかねて注意したって言ってた。
その友達は、普段おとなしいし、冷静に仕事を進める人だけど、
実は社会悪とか、横暴なこと、曲がったことが許せない熱い気持ちがある人だろうと
見てるねん。そこが、私が彼女にとても魅力を感じるところなんだけど。
だから、いつも冷静の色、ブルーを身につけて、調整してるような気がする。
本人はどう思ってるか知らないけどね(笑)

その友達が「みんながミスなく、何とかスムースに仕事を進められるようにって
考えてやってるのに、あの子ひとりがそれをかき乱すようなことばかりする」って
怒ってたけど、まったくその通りですわ。

そのおとなしい友達にさえ、注意されるくらいだから、
本当に周りの人がどれだけいらいらしながら仕事してるか・・・。
それでもみんな我慢強いせいか、事なかれ主義なのか、
本人に面と向かって注意する人は数少ない。

だから注意してもらったら真摯に受け止めてほしいわ、いい加減に。

その困ったさんを見ていると、まったく何もわかってない・・・・というわけでもなさそうで、
注意されたら謝るし、反省もしてるみたいだけど、
なかなか改善されないのよねぇ。

いつも満たされていないんだろうなあって思うし、それでかなり苦しんでいるようには
見えるけど、自分を救えるのは自分しかないのです。
本人も今の状況がいいとは感じてないだろうに・・・?
(今がベストだ!って思ってるならもう私しゃ知らん)

自分で、今のままじゃだめだ、変わらないといけないって思わないと
人は注意はしてくれても、彼女自身を変えることはできないのだよ。

これだけ周りの人が注意してくれている間に、気づいて変わらないと
もう相手されなくなるよ。

本人が少しでもよくなるように努力している姿が見えたらまだ応援してもいいけど、
それがないなら、見込みなしですわ。


人のこと、あれこれ書いたので、今日はよーーーく内省してから眠ることにします。

「起きなさいよ!」

あやが先に帰ってて、いろはと遊んでるところに、私が帰宅すると
いろはがリビングから玄関まで飛んできて迎えてくれる。

廊下を私に向かって、一直線に飛んでくる姿がすごくかわいいんだけど、
あやが言うには「一生懸命飛んで行く後姿もかわいい」らしい。

写真はスヌーピーのうしろにちょっと写ってるのが、いろはです。
このスヌーピーたちもいろはの友達で、いろはより数倍大きい身体なのに、
リビングボードの上からいつもいろはに落とされてます。

スヌーピーといろは

床に散らばってるスヌーピーたちを見ると、「いろはがリビングで遊んだな・・」って
わかります。
いろはは、絶対自分では片付けないから(笑)


そして、いろはは夜、寝るときは必ずブランコに乗って揺られて寝ます。
普段は、まったくブランコに乗らずに、あやが部屋のあかりを消したら
「かっしゃーん」って音がして、ブランコに移り乗って、そこで寝るのです。

のりちゃんに「ブランコが寝床やねん」って話をしたら
「やっぱり育ててる人が変わってるから(=あやのことだろう)
変わった鳥になってるね」って言われた。

あやには「変わってる人(=のりちゃん)から、変わった鳥やねぇって
言われたよ」って話したら笑ってたけど。


おしゃべりもますますはっきりしゃべるようになりました。

私らが「ぴよん!」って呼んでいるので、合間、合間に「ぴよん」が入ってるの。

「ぴよちゃん、賢いね~~ぴよん。どこ行ってたのぉ~?ぴよん」とか
つぶやいてます。
口調は私の口調そのまんま。

この前は、あやに向かって急に一言、「起きなさいよ!」って
はっきりとした口調で言ったらしい。
あやは「起きてるよ!」って言ったらしいけど、「お母さんに言われてるみたいだった」って。

これはいろはに教えてないんだけどなあ?
よっぽどよく聞く言葉なんだね。



公民館へ心揺れる・・・

今日は近所の公民館で午前中、秋の文化祭の発表会があり、
太極拳があるみたいなので、見に行ってみた。

若い女の先生で、10名ほどで練習されているみたいで、
受講生は50代~60代の女性が多くて、
健康体操のイメージだったけど、皆さん楽しそうでいい雰囲気だった。

背中が曲がってるおじさんもいたけど、一生懸命練習されてました。

先生も 今の私の先生は時々間違えたり、忘れたりするけど、
すごくしっかり教えてくださってたし。

套路(とうろ)は私が教えて貰ってる内容と一緒のことが多くて、
初心者の方も多かったので、今なら入会しても何とかついていけそうなんだけど。

ただ唯一で最大の問題は、練習日が毎週月曜日なんだなあ。。。。

今なら行けるけど、来月になったら行けそうにないなあ。
月曜日、水曜日、土曜日は仕事が休めない曜日なんだよね。。。
前も行きたい教室が水曜と土曜だったんだなあ。
どうして行きたいと思う教室は、月曜と水曜と土曜なんだ(涙)

先生が女性だと、同じ内容でもしなやかで、優雅な感じの太極拳だった。
私が教えて貰ってる男性の先生は、「武術ですから」
「相手を想定して戦ってるイメージで」っていつも言われるので、
もっと力強い感じ。

茶道でも人によって、それぞれお点前にも個性が出たけど、
太極拳でもいろいろあるのね~。

それに今回の公民館では、洋楽を流して、それで演武されてました。
そんなの、やったことなかったし、見たこともなかったので、すごく新鮮に見えた。
他の人の演武を見せてもらうのも勉強になるし・・・あ~~あ~~行きたいなあ。
せっかく近くなのになあ。

もう職場でどんなに非難されても月曜日休む覚悟ができるかどうかしばらく悩んでみよう。
行けるとしても来年からだしな。。。

気を取り直して、明日は気功教室に行こうっと。

居眠りインコ

試験中のあやが夜遅くまで起きていると、それに付き合ってるわけでもないだろうに
けさのいろはは、もう眠くて眠くてたまらないみたいです。


おねむのいろは

あやの指に乗って、目を瞑って、舟をこいでるんだもの~。
足もしっかり立ってなくて、お腹があやの指についちゃってます。

そしてまだまだぼーーっとしてるので、爪を切ってやりました。
今回は寝ぼけてたので、おとなしく全部の指の爪を切れたからよかった。
あまり伸びすぎてしまうと、中の血管も伸びてくるので、もう爪も切れなくなるのです。

とは言っても、私は捕まえているだけで、切るのはあやなんだけど、
私の方が緊張して、汗かいちゃった~~。


居眠りいろは

お腹のあたり、たてに毛が割れているように見えるのだけど、
他のインコもそうなのかなあ?
あやと、「いろはは、毎日飛び回ってるから、腹筋が割れてるねんで」って
話し合ってるんですけど(笑)


うみは出し切った?

江原さんが年のはじめに、「今年はいろんなものの膿を出し切る年です」って
話してたような気がするんだけど。

私にとっては、本当にそんな年になりました。

足のかかとの痛み、父のこと、母のこと、職場の人間関係について、
花粉症、苦手な暑さ、水への恐怖心・・・身体や心にあった不調やとらわれていたことから
開放されて、ついでに言えば、肩こりもしなくなって、めっちゃ元気になった。

あやを生んでからでも、今年が一番元気に過ごせてる気がする。
思えば、結婚してからも主婦湿疹や、じんましんもあって、ぎっくり腰はするし、
かかとも痛くて注射したり・・いつもどこかが調子悪くて、
いつもしんどくて、何かにつけ腹が立って、いやいややってたことが多かった。

でも、今年は違います。
ヒロシにも「今年はぐたっとしてることが少ない」って言われました(笑)

まあ、去年働きすぎて、今年はかなり控えめに働いているから
自由な時間もかなり持てたんだけど、そのおかげで、自分と向き合える時間が
持てたし、元気になれたのは、そうなりなさいと導かれたような感じがする。

そして、今は私の周りの人にも私くらい楽に、元気になってほしいとさえ思うようになり、
そのためのお手伝いを少しするようになった。

あそこが痛い、ここが痛いと言ってる人を見てると
何とかしてあげたくなっちゃうけど、まずは自分で治したいって思わないとなあ。

私は本当に、心の底から「治したい」と思ったから、いろんな手段をめぐったけど、
あちこちでお金も使ったけど、ようやく治すことができたんだろうと思う。

今から治療家になろうともヒーラーになろうとも思わないけど、
(今やってる仕事と職場の人が好きなので、まだ続けたいねん)
せめて私の近くにいる人を少しでも救いたいと思う。

そう強く思えば思うほど、おもしろいことが起きたりして、
よい方向に向かっているようなわくわくした気分になります。

不思議なことに、人が喜んでくれたら自分がすごく活性化される気がする。
今までは、人に肩もみしてあげたりすると、今度は自分の肩が凝ってきたりしてたのに
今は家族の足裏をマッサージしても全然平気・・・どころか、自分も
元気になっちゃう感じ。どうしてかよくわからないけど。

今までは、自分の体調が悪いと、なんだかもうっ!って腹が立ったり、
大事な用事があるときに熱を出したりして、情けなくなったりしてたんだけど、
今は自分の身体が愛おしいくらいです(笑)
心臓だって休むことなく働いて、目に見えない身体の中でもずっとみんな動いてくれていて
擦り傷だってちゃんと治るし、寝たら疲れも取れる。
頑張ってくれてるよなあ。

私は今、健康で、それはすごくありがたいことだけれども
だからと言って、病気やケガは不幸の始まりではない・・・ということも
教えてもらいました。

病気を通して学ぶこともたくさんありますね。
私の腰も実はまだ完治はしてない。時々痛む。でも治すぞぉ。

私が少しでも誰かの役に立てたらいいなあと思って、これからも
毎日を過ごしていきます。


プロフィール

なおみ

Author:なおみ
夫・ヒロシ、娘・あやと日々の暮らしを綴っています。
セキセイインコのいろはは2018年5月に虹の橋を渡りました。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

愛鳥活動

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: